メインメニューを開く

静岡県立こども病院(しずおかけんりつこどもびょういん、Shizuoka Children's Hospital)は、地方独立行政法人静岡県立病院機構が運営する小児専門病院

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 静岡県立こども病院
病院外観
情報
英語名称 Shizuoka Children's Hospital
許可病床数

279床
一般病床:243床


精神病床:36床
開設者 地方独立行政法人静岡県立病院機構
開設年月日 1977年昭和52年)1月1日
所在地
420-8660
位置 北緯35度1分10.9秒
東経138度23分46.2秒
二次医療圏 静岡
PJ 医療機関
テンプレートを表示

所在地は静岡県静岡市葵区漆山860。周辺には、静岡県立中央特別支援学校静岡県立静岡北特別支援学校国立病院機構静岡てんかん・神経医療センターが隣接している。小児救命救急センターおよび周産期母子医療センター認定施設。

沿革編集

診療科目編集

  • 発達心療内科
  • こころの診療科
  • 新生児未熟児科
  • 血液腫瘍科
  • 遺伝染色体科
  • 内分泌代謝科
  • 腎臓内科
  • 感染免疫アレルギー科
  • 神経科
  • 循環器科
  • 小児集中治療科
  • 救急総合診療科
  • 皮膚科
  • 小児外科
  • 心臓血管外科
  • 循環器集中治療科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 歯科
  • 産科
  • 麻酔科
  • 臨床病理科
  • 放射線科

交通アクセス編集

地方独立行政法人への移行編集

県立病院としての公共性を維持しつつ効率的な経営を図るべく、一般地方独立行政法人 静岡県立病院機構に2009年4月1日に運営を移管した。

静岡県立総合病院静岡県立こども病院静岡県立こころの医療センターの県立3病院の運営形態について審議してきた県の諮問機関「県立3病院運営形態検討会」が2006年7月26日、「一般地方独立行政法人とすることが望ましい」旨を石川嘉延知事(当時)に答弁したのを受け、知事は2008年度の独立行政法人化を目指す考えを示したものの、なお協議が必要とのことから1年延期での移管となった。

ファシリティドッグ編集

静岡県立こども病院は2010年(平成22年)にファシリティドッグを日本で初めて導入した[1]

その他編集

  • テレビ朝日系列の「ドスペ! 小さな命の最前線 こども病院密着24時」(2006年2月4日放送)で静岡県立こども病院の活動が放送された。2005年8月から2006年1月まで密着取材したもの。

脚注編集

  1. ^ ファシリティドッグ 静岡県立こども病院、2016年11月17日閲覧。

外部リンク編集