メインメニューを開く

鞍馬天狗 (1969年のテレビドラマ)

金曜時代劇 鞍馬天狗』(きんようじだいげき くらまてんぐ)は、1969年10月17日から1970年10月2日まで、NHK総合テレビで放送されたテレビドラマである。放送時間は金曜日の20:00-21:00。

概要編集

大佛次郎の時代小説『鞍馬天狗』が原作である。高橋英樹扮する浪人が、怪盗の黒姫の吉兵衛、杉作少年らの力を借りて、勤王派と佐幕派との流血の抗争を防ごうと奔走したり、不安な世情に乗じておこなわれるさまざまな悪事に立ち向かったりして活躍する物語である。

1969年の第20回NHK紅白歌合戦では、番組終盤の23時過ぎに当ドラマのキャストが登場しての応援コーナーが設けられた[1]

映像の現存状況編集

スチル写真は残っているが、当時の放送用テープが高価だったためNHKアーカイブに本作の映像は残っていない。

2016年6月、瑳川哲朗から1/2オープンリールで録画された39~41話(「江戸騒がせ」その一~その三 1970年7月31日、8月7日、8月14日)が提供された[2][1]。なお録画自体はカラーの可能性もあるが、再生機材の関係でモノクロでのデジタル化となった[1]

NHKではマスターテープが失われた過去の放送番組の収集(制作関係者や一般視聴者らへのビデオテープ提供の呼びかけなど)を進めている[3]

キャスト編集

[4]

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集