メインメニューを開く

男は度胸』(おとこはどきょう)は、1970年10月9日から1971年10月1日までNHKで放送された徳川吉宗の生涯を描いた浜畑賢吉主演の時代劇である。原作は柴田錬三郎著の「徳川太平記」。

あらすじ編集

少年時代の吉宗が将軍綱吉との対面を果たすべく江戸へ出てくるころから物語が進む。数回に亘って一つのエピソードを作るという形式をとっている。

主に将軍暗殺計画、江島生島事件忠臣蔵事件天一坊事件の様なエピソードが入っている。

スタッフ編集

配役編集

映像の保存状況編集

NHKアーカイブスでは、第1回放送分のみモノクロで所蔵されていることが明らかにされている[1]。これは主演の浜畑が保存していたもの[2]2017年、番組を担当していたプロデューサーの家族からカラー映像で録画された最終回のベータテープが提供された[3]

脚注編集

外部リンク編集