メインメニューを開く
本来の表記は「鞏立姣」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

鞏立姣(きょう りっこう / ゴン・リージャオ, 簡体字: 巩立姣, 拼音: Gǒng Lìjiāo; 1989年1月24日 - )は、中国陸上競技選手、専門は砲丸投ロンドンオリンピック女子砲丸投銀メダリスト。世界選手権ベルリンモスクワで銅メダルを獲得した。

鞏立姣 Portal:陸上競技
2011-06-09 Gong Lijiao.jpg
選手情報
ラテン文字 Gong Lijiao
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
種目 砲丸投
生年月日 (1989-01-24) 1989年1月24日(30歳)
出身地 河北省鹿泉市
身長 175cm
体重 108kg[1]
自己ベスト
砲丸投 屋外 20m35(2009年)
室内 19m93(2011年)
やり投 53m94(2007年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

鹿泉市出身。2007年8月に大阪で開かれた世界選手権で国際大会デビューを果たし、決勝に進出して7位入賞の成績を残した。翌2008年8月の北京オリンピックは予選で自己ベストとなる19m46をマークし5位通過し、決勝は19m20の記録で5位に入賞したが、のちに2位ナタリア・ミフネビッチ、3位ナドゼヤ・オスタプチュクのドーピング違反が発覚し失格、繰り上がりで銅メダル獲得となった。

2009年4月の中国選手権で19m82をマークした[2]。同年8月にベルリンで開かれた世界選手権は自己ベストを7cm伸ばす19m89を記録し、バレリー・ビリナディネ・クライナートに次ぐ3位に入って銅メダルを獲得した。広州で開かれたアジア選手権は同じ中国代表の劉相蓉英語版らを下して優勝した。10月21日に済南で行なわれた第11回中華人民共和国全国運動会で優勝、最終6投目に中国歴代7位で自己ベストとなる20m35を記録した[3]

2012年8月のロンドンオリンピックでは20m22をマークして当初4位となったが、表彰式後にベラルーシのナドゼヤ・オスタプチュク、ロシアのエフゲニア・コロドコのドーピング違反で失格処分となったため順位が繰り上がり銀メダルを獲得した[4]

主な成績編集

大会 開催地 順位 記録
2007 世界選手権 大阪 7位 18m66
2008 オリンピック 北京 3位[5] 19m20
アジア室内選手権 ドーハ 優勝 18m12
2009 世界選手権 ベルリン 3位 19m89
アジア選手権 広州 優勝 19m04
2010 世界室内選手権 ドーハ 9位 18m64
IAAFコンチネンタルカップ スプリト 3位 20m13
アジア競技大会 広州 2位 19m67
2011 世界選手権 大邱 4位 19m97
2012 オリンピック ロンドン 2位[6] 20m22
2013 世界選手権 モスクワ 3位 19m95
2014 世界室内選手権 ソポト 3位 19m24
IAAFコンチネンタルカップ スプリト 3位 19m23
アジア競技大会 仁川 1位 19m06

自己記録編集

種目 記録 場所 年月日
砲丸投 屋外 20m35 済南 2009年10月21日
砲丸投 室内 19m93 成都 2011年3月19日

脚注・出典編集

  1. ^ Lijiao Gong BBC SPORT. 2013年12月4日閲覧
  2. ^ Mirko Jalava (2009-04-13). GONG LIJIAO IMPROVES TO 19.82M IN SHOT PUT - CHINESE OUTDOOR SEASON BEGINS IAAF. 2013年12月4日閲覧
  3. ^ Mirko Jalava (2009-10-22). GONG LIJIAO PUTS 20.35M TO HIGHLIGHT THE FIRST DAY OF CHINESE NATIONAL GAMES IAAF.
  4. ^ « Olympic champion Ostapchuk stripped of shot put gold after failing drugs test », dailymail.co.uk, 13 août 2012.
  5. ^ 2位ナタリア・ミフネビッチ、3位ナドゼヤ・オスタプチュクのドーピング違反による繰り上がり
  6. ^ ベラルーシのナドゼヤ・オスタプチュク、ロシアのエフゲニア・コロドコのドーピング違反による繰り上がり

外部リンク編集