メインメニューを開く

2009年世界陸上競技選手権大会

陸上競技の国際大会

第12回世界陸上競技選手権大会(だい12かいせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい)は、ドイツベルリンベルリン・オリンピアシュタディオンをメイン会場として2009年8月15日から8月23日まで開催された。

第12回世界陸上競技選手権大会
開催地 ドイツの旗ドイツベルリン
期間 8月15日 – 8月23日
メイン会場 ベルリン・オリンピアシュタディオン
参加国 202か国
参加選手 2101人
種目数 47種目
マスコットのベルリーノ

大会開催まで編集

大会の開催は2004年12月に行われたIAAF理事会で、スプリト(クロアチア)、バレンシア(スペイン)、ブリスベン(オーストラリア)、ブリュッセル(ベルギー)、デリー(インド)、カサブランカ(モロッコ)、大邱広域市(韓国)を破って開催が決定した。

大会開催中の天候編集

6日目までと8日目以後は天候は良好だったが、7日目は強風と豪雨で進行が中断。当日予定した一部の競技は開始予定時間を遅らせた。また、この雨の影響で転倒者が出た。

参加標準記録編集

この大会の参加標準記録は以下の通り。参加資格の詳細については世界陸上競技選手権大会#選手の参加資格を参照。

参加標準記録
男子 女子
A B A B
100m 10.21 10.28 11.30 11.40
200m 20.59 20.75 23.00 23.30
400m 45.55 45.95 51.50 52.30
800m 1:45.40 1:46.60 2:00.00 2:01.30
1500m 3:36.20 3:39.20 4:06.00 4:09.00
5000m 13:20.00 13:29.00 15:10.00 15:25.00
10000m 27:47.00 28:12.00 31:45.00 32:20.00
マラソン 2:18:00 2:43:00
100mH - - 12.96 13.11
110mH 13.55 13.62 - -
400mH 49.25 49.80 55.50 56.55
3000mSC 8:23.00 8:33.50 9:40.00 9:48.00
4×100mリレー 39.10 43.90
4×400mリレー 3:03.30 3:31.00
20km競歩 1:22:30 1:24:20 1:33:30 1:38:00
50km競歩 3:58:00 4:09.00 - -
走幅跳 8m15 8m05 6m72 6m62
三段跳 17m10 16m65 14m20 14m00
走高跳 2m31 2m28 1m95 1m91
棒高跳 5m70 5m55 4m45 4m35
砲丸投 20m30 19m90 18m20 17m20
円盤投 64m50 62m50 62m00 58m50
ハンマー投 77m50 74m30 70m00 67m50
やり投 81m00 78m00 61m00 59m00
七種競技 - - 6100 5900
十種競技 8000 7730 - -
単位は : (時間、分) . (秒)

競技結果編集

男子編集

2005 | 2007 | 2009 | 2011 | 2013

競技種目
トラック競技
100m ウサイン・ボルト
  ジャマイカ
9.58
世界新
タイソン・ゲイ
  アメリカ合衆国
9.71 アサファ・パウエル
  ジャマイカ
9.84
200m ウサイン・ボルト
  ジャマイカ
19.19
世界新
アロンソ・エドワード
  パナマ
19.81 ウォーレス・スピアモン
  アメリカ合衆国
19.85
400m ラショーン・メリット
  アメリカ合衆国
44.06 ジェレミー・ウォリナー
  アメリカ合衆国
44.60 レニー・クオウ
  トリニダード・トバゴ
45.02
800m ムブイレニ・ムラウジ
  南アフリカ共和国
1:45.29 アルフレッド・キーワ・イエゴ
  ケニア
1:45.35 ユスフ・サード・カメル
  バーレーン
1:45.35
1500m ユスフ・サード・カメル
  バーレーン
3:35.93 デレッセ・メコネン
  エチオピア
3:36.01 バーナード・ラガト
  アメリカ合衆国
3:36.20
5000m ケネニサ・ベケレ
  エチオピア
13:17.09  バーナード・ラガト
  アメリカ合衆国
13:17.33 ジェームス・クワリア・チクルイ
  カタール
13:17.78
10000m ケネニサ・ベケレ
  エチオピア
26:46.31
大会新
ゼルセナイ・タデッセ
  エリトリア
26:50.12 モーゼス・ヌディエマ・マサイ
  ケニア
26:57.39
マラソン アベル・キルイ
  ケニア
2:06:54
大会新
エマニュエル・ムタイ
  ケニア
2:07:48 ツェガエ・ケベデ
  エチオピア
2:08:35
(マラソン団体)[1]   ケニア 6:25:28   エチオピア 6:32:26   日本 6:41:05
110mハードル ライアン・ブラスウェイト
  バルバドス
13.14 テレンス・トランメル
  アメリカ合衆国
13.15 デビッド・ペイン
  アメリカ合衆国
13.15
400mハードル カーロン・クレメント
  アメリカ合衆国
47.91 ハビエル・クルソン
  プエルトリコ
48.09 バーショーン・ジャクソン
  アメリカ合衆国
48.23
3000m障害 エゼキエル・ケンボイ
  ケニア
8:00.43
大会新
リチャード・キプケンボイ・メートロング
  ケニア
8:00.89 ブアブダラ・ターリ
  フランス
8:01.18
20km競歩 ワレリー・ボルチン
  ロシア
1:18:41 王浩
  中国
1:19:06 エデル・サンチェス
  メキシコ
1:19:22
50km競歩 セルゲイ・キルトヤプキン
  ロシア
3:38:35 トロン・ニマルク
  ノルウェー
3:41:16 ヘスス=アンヘル・ガルシア
  スペイン
3:41:37
4×100mリレー   ジャマイカ
スティーブ・マリングス
マイケル・フレイター
ウサイン・ボルト
アサファ・パウエル
37.31
大会新
  トリニダード・トバゴ
ダレル・ブラウン
マルク・バーンズ
エマニュエル・カレンダー
リチャード・トンプソン
37.62   イギリス
シメオン・ウィリアムソン
タイロン・エドガー
マーロン・デボニッシュ
ハリー・アイキネス=アリエティ
38.02
4×400mリレー   アメリカ合衆国
アンジェロ・テイラー
ジェレミー・ウォリナー
カーロン・クレメント
ラショーン・メリット
2:57.86   イギリス
コンラッド・ウィリアムズ
マイケル・ビンガム
ロバート・トビン
マーティン・ルーニー
3:00.53   オーストラリア
ジョン・ステフェンセン
ベン・オファレインズ
トリスタン・トーマス
ショーン・ロウ
3:00.90
フィールド競技
走高跳 ヤロスラフ・リバコフ
  ロシア
2.32m キリアコス・イオアヌ
  キプロス
2.32m Sylwester Bednarek
  ポーランド
ラウル・シュパンク
  ドイツ
2.32m
成績が全員同じであるため、規定により試技回数の多寡により順位を決定。
棒高跳 スティーブン・フッカー
  オーストラリア
5.90m ロマン・メニル
  フランス
5.85m ルノー・ラビレニ
  フランス
5.80m
走幅跳 ドワイト・フィリップス
  アメリカ合衆国
8.54m ゴドフリー・コッツォ・モコエナ
  南アフリカ共和国
8.47m ミッチェル・ワット
  オーストラリア
8.37m
三段跳 フィリップス・イドウ
  イギリス
17.73m ネルソン・エボラ
  ポルトガル
17.55m アレックス・コペロ
  キューバ
17.36m
砲丸投 クリスチャン・カントウェル
  アメリカ合衆国
22.03m トマシュ・マエフスキ
  ポーランド
21.91m ラルフ・バーテルス
  ドイツ
21.37m
円盤投 ロバート・ハルティング
  ドイツ
69.43m ピョートル・マラチョフスキ
  ポーランド
69.15m ゲルド・カンテル
  エストニア
66.88m
やり投 アンドレアス・トルキルドセン
  ノルウェー
89.59m ギジェルモ・マルティネス
  キューバ
86.41m 村上幸史
  日本
82.97m
ハンマー投 プリモジュ・コズムス
  スロベニア
80.84m シモン・ジョルコフスキ
  ポーランド
79.30m アレクセイ・ザゴルニー
  ロシア
78.09m
十種競技 トレイ・ハーディ
  アメリカ合衆国
8,790点 レオネル・スアレス
  キューバ
8,640点 アレクサンドル・ポゴレロフ
  ロシア
8,528点

女子編集

2005 | 2007 | 2009 | 2011 | 2013

競技種目
トラック競技
100m シェリー=アン・フレーザー
  ジャマイカ
10.73 ケロン・スチュワート
  ジャマイカ
10.75 カルメリタ・ジーター
  アメリカ合衆国
10.90
200m アリソン・フェリックス
  アメリカ合衆国
22.02 ベロニカ・キャンベル=ブラウン
  ジャマイカ
22.35 デビー・ファーガソン=マッケンジー
  バハマ
22.41
400m サーニャ・リチャーズ
  アメリカ合衆国
49.00 シェリカ・ウィリアムズ
  ジャマイカ
49.32 アントニーナ・クリヴォシャプカ
  ロシア
49.71
800m キャスター・セメンヤ[2]
  南アフリカ共和国
1:55.45 ジェネス・ジェプコスゲイ=ブシエネイ
  ケニア
1:57.90 ジェニファー・メドウズ
  イギリス
1:57.93
1500m マリアム・ユスフ・ジャマル
  バーレーン
4:03.74 リサ・ドブリスキー
  イギリス
4:03.75 Shannon Rowbury
  アメリカ合衆国
4:04.18
5000m ビビアン・チェルイヨット
  ケニア
14:57.97 シルビア・チェビワット・キベト
  ケニア
14:58.33 メセレト・デファー
  エチオピア
14:58.41
10000m リネット・マサイ
  ケニア
(30:51.24) メセレク・メルカム
  エチオピア
30:51.34 ウデ・アヤレウ
  エチオピア
30:51.95
優勝したマサイを初めアウトレーンから出走した9選手は、その後規定位置より内側に入り込んで走行した事により、国際陸連は距離不足と判定し非公認記録となった(順位は変動無し)。
マラソン 白雪
  中国
2:25:15 尾崎好美
  日本
2:25:25 アセレフェチュ・メルギア
  エチオピア
2:25:32
(マラソン団体)[1]   中国 7:17:02   日本 7:22:15   ロシア 7:24:42
100mハードル ブリジット・フォスター・ヒルトン
  ジャマイカ
12.51 プリシラ・ロペス=シュリエプ
  カナダ
12.54 デロリーン・エニス・ロンドン
  ジャマイカ
12.55
400mハードル メレーン・ウォーカー
  ジャマイカ
52.42
大会新
ラシンダ・ディーマス
  アメリカ合衆国
52.96 Josanne Lucas
  トリニダード・トバゴ
53.20
3000m障害 マルタ・ドミンゲス
  スペイン
9:07.32 ユリア・ザルドネワ
  ロシア
9:08.39 ミルカ・チェモス・チェイワ
  ケニア
9:08.57
20km競歩 オルガ・カニスキナ
  ロシア
1:28:09 オリーブ・ローネイン
  アイルランド
1:28:58 劉虹
  中国
1:29:10
4×100mリレー   ジャマイカ
Simone Facey
シェリー=アン・フレーザー
アリーン・ベイリー
ケロン・スチュワート
42.06   バハマ
Sheniqua Ferguson
チャンドラ・スターラップ
Christine Amertil
デビー・ファーガソン=マッケンジー
42.29   ドイツ
Marion Wagner
Anne Möllinger
Cathleen Tschirch
Verena Sailer
42.87
4×400mリレー   アメリカ合衆国
デビー・ダン
アリソン・フェリックス
ラシンダ・ディーマス
サーニャ・リチャーズ
3:17.83   ジャマイカ
ローズマリー・ホワイト
ノブレーン・ウィリアムズ=ミルズ
シェリーファ・ロイド
シェリカ・ウィリアムズ
3:21.15   ロシア
アナスタシア・カパチンスカヤ
タチアナ・フィロワ
Lyudmila Litvinova
アントニーナ・クリヴォシャプカ
3:21.64
フィールド競技
走高跳 ブランカ・ブラシッチ
  クロアチア
2.04m アンナ・チチェロワ
  ロシア
2.02m アリアネ・フリードリヒ
  ドイツ
2.02m
銀と銅は大会規定により試技回数の多寡などで決定。棒高跳に於いても同じ。
棒高跳 アンナ・ロゴフスカ
  ポーランド
4.75m チェルシー・ジョンソン
  アメリカ合衆国
モニカ・ピレク
  ポーランド
4.65m
走幅跳 ブリトニー・リース
  アメリカ合衆国
7.10m タチアナ・レベデワ
  ロシア
6.97m Karin Mey Melis
  トルコ
6.80m
三段跳 ヤルヘリス・サビヌ
  キューバ
14.95m マベル・ガイ
  キューバ
14.61m アンナ・ピヤティフ
  ロシア
14.58m
砲丸投 バレリー・ビリ
  ニュージーランド
20.44m ナディネ・クライナート
  ドイツ
20.20m 鞏立姣
  中国
19.89m
円盤投 ダニ・サミュエル
  オーストラリア
65.44m ヤレリス・バリオス
  キューバ
65.31m ニコレタ・グラス
  ルーマニア
65.20m
やり投 シュテフィ・ネリウス
  ドイツ
67.30m バルボラ・シュポタコバ
  チェコ
66.42m マリア・アバクモワ
  ロシア
66.06m
ハンマー投 アニタ・ヴォダルチク
  ポーランド
77.96m
世界新
ベティ・ハイドラー
  ドイツ
77.12m Martina Hrasnova
  スロバキア
74.79m
七種競技 ジェシカ・エニス
  イギリス
6,731点 イェニファー・エーザー
  ドイツ
6,493点 カミラ・フジク
  ポーランド
6,471点

国別メダル受賞数編集

順位 国・地域
1   アメリカ合衆国 10 6 6 22
2   ジャマイカ 7 4 2 13
3   ケニア 4 5 2 11
4   ロシア 4 3 6 13
5   ポーランド 2 4 2 8
6   ドイツ 2 3 4 9
7   エチオピア 2 2 4 8
8   イギリス 2 2 2 6
9   南アフリカ共和国 2 1 0 3
10   オーストラリア 2 0 2 4
11   バーレーン 2 0 1 3
12   キューバ 1 4 1 6
13   中国 1 1 2 4
14   ノルウェー 1 1 0 2
15   スペイン 1 0 1 2
16   バルバドス 1 0 0 1
16   クロアチア 1 0 0 1
16   ニュージーランド 1 0 0 1
16   スロベニア 1 0 0 1
20   フランス 0 1 2 3
20   トリニダード・トバゴ 0 1 2 3
22   バハマ 0 1 1 2
22   日本 0 1 1 2
24   カナダ 0 1 0 1
24   キプロス 0 1 0 1
24   チェコ 0 1 0 1
24   エリトリア 0 1 0 1
24   アイルランド 0 1 0 1
24   パナマ 0 1 0 1
24   ポルトガル 0 1 0 1
24   プエルトリコ 0 1 0 1
32   エストニア 0 0 1 1
32   メキシコ 0 0 1 1
32   カタール 0 0 1 1
32   ルーマニア 0 0 1 1
32   スロバキア 0 0 1 1
32   トルコ 0 0 1 1
47 48 47 142

この大会から誕生した世界新記録編集

放送編集

  • テレビ放送はARDZDFが共同ホスト局。
  • 日本では地上波はTBSJNN系列とBS放送ではBS-TBSで独占放送。
    • TBSでは、中継の顔となった織田裕二中井美穂が前回の大阪大会同様に現地へ乗り込み、メインスタジアムに特設スタジオを設けて放送した。
  • ヨーロッパではユーロビジョン加盟各局で放送。
  • 以前より「一部選手に対する名誉棄損だ」と批判が出ていた、日本選手および海外の有力選手に対するキャッチコピーを廃止した。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1997年大会よりワールドカップマラソン国別対抗戦(1985年に第1回)を同時開催。チーム上位3人の合計タイムによって競い、世界陸上と同様にメダルは授与されるが国別獲得数には含まない。
  2. ^ 決勝後性別に関する問題が浮上し、IAAFが調査に着手。これに南アフリカ政府が反発し、国際連合人権理事会に提訴する動きを見せた。調査の結果、人為的に性別を偽ったものではないとして、IAAFはメダル剥奪などは行わなかった。

外部リンク編集