大韓民国中央情報部

韓国中央情報部から転送)

大韓民国中央情報部(だいかんみんこくちゅうおうじょうほうぶ、略称KCIA)は、朴正煕時代の韓国情報機関である。

大韓民国中央情報部
各種表記
ハングル 대한민국중앙정보부
漢字 大韓民國中央情報部
発音 テハンミングクチュンアンジョンボブ
日本語読み: だいかんみんこくちゅうおうじょうほうぶ
英語表記: Korean Central Intelligence Agency (KCIA)
テンプレートを表示

概要編集

1961年朴正煕によるクーデター成功の1ヵ月後に、大韓民国国軍の諜報機関である対敵諜報部隊(Counter Intelligence Corps、CIC)のメンバーを中心に設立された。組織・職員・予算は非公開とされ、職員は公募でなく生え抜きの軍人から約10万人が選抜され、主要な任務は北朝鮮に対する諜報活動及び工作員の摘発であったが、軍政時代は反政府運動の取締りにも辣腕を発揮した。根拠法は国家保安法社会安全法(現:保安観察法)。

本部の所在地名から、「南山(ナムサン)」と通称され、国民生活の隅々まで監視し、朴の独裁に反対する国民を摘発し、職務として西氷庫などで連行した被疑者に対する拷問を行い、殺害することもあったため、国民から恐れられた。その活動は国外にまで及び、日本で起きた金大中事件では、日本の東声会山口組暴力団と共に児玉誉士夫がKCIAに協力して金大中を拉致したことで知られる。

アジア放送研究会の山下透 (放送研究者)の調べによると、地下放送であった希望のこだま放送は、KCIAが行っていたとされる。これについては軍政時代から「(放送は)韓国の特殊機関が行っている」と韓国放送公社(KBS)の関係者も認めていた。

朴の暗殺後、全斗煥によって国家安全企画部に改組され、金大中政権以降は国家情報院に改組され、政治犯罪のみならず経済犯罪も扱い、また職員の公募も始まるなど、次第にその秘匿性を減らしていった。

中央情報部が関連した事件編集

推定も含む。

所属した著名人編集

関連項目編集