メインメニューを開く

風羽 玲亜(かざはね れいあ 、1985年1月12日[1] - )は、女優、元宝塚歌劇団宙組男役

千葉県松戸市出身[2]豊島岡女子学園出身[2]。身長174cm[2]。愛称は「さっつん[2]

退団後、サン・オフィスに所属。

略歴編集

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

  • 2007年4月、宝塚バウホール・日本青年館公演『NEVER SLEEP』オットー・ワインバーグ
  • 2007年6月 - 9月、『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!』新人公演:サンチェス(本役:鳳翔大
  • 2008年9月 - 12月、『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』新人公演:ジェームズ(本役:夏大海
  • 2009年2月 - 3月、宝塚バウホール・日本青年館公演『逆転裁判』ロバート
  • 2009年4月 - 7月、『薔薇に降る雨/Amour それは…』新人公演:エストール(本役:十輝いりす
  • 2009年8月、博多座公演『大江山花伝/Apasionado!! II』五蔵
  • 2009年11月 - 2010年2月、『カサブランカ』警官/新人公演:フェラーリ(本役:磯野千尋
  • 2010年5月 - 8月、『TRAFALGAR/ファンキー・サンシャイン』タレーラン/新人公演:フッド提督(本役:寿つかさ
  • 2010年9月、全国ツアー公演『銀ちゃんの恋』スポンサー
  • 2010年11月 - 2011年1月、『誰がために鐘は鳴る』町長/新人公演:パブロ(本役:星原美沙緒
  • 2011年3月、日本青年館・宝塚バウホール公演『記者と皇帝』ベンジャミン・ヘイワード
  • 2012年2月、中日劇場公演『仮面のロマネスク/Apasionado!!II』司祭ルブラン
  • 2012年4月 - 7月、『華やかなりし日々/クライマックス』ダニエル・ゲイナー
  • 2012年8月 - 11月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』リッテンハイム侯爵
  • 2013年1月、ドラマシティ・日本青年館公演『逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース』アンディ・ルイス
  • 2013年7月 - 8月、宝塚バウホール公演『the WILD Meets the WILD』ダミアン・ウェッジウッド
  • 2013年9月 - 12月、『風と共に去りぬ』エルシング夫人
  • 2013年11月、悠未ひろディナーショー『Heroe』(宝塚ホテル
  • 2014年2月 - 3月、ドラマシティ・日本青年館公演『翼ある人びと ―ブラームスとクララ・シューマン―』ヘルマン博士
  • 2014年5月 - 7月、『ベルサイユのばら―オスカル編ー』 画家
  • 2014年8月 - 9月、全国ツアー『ベルサイユのばらーフェルゼンとマリー・アントワネット編ー』プロバンス伯爵
  • 2014年11月 - 2015年2月、『白夜の誓い -グスタフIII世、誇り高き王の戦い-/PHOENIX 宝塚!! ―蘇る愛―』モルコフ *退団公演

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 風羽玲亜・公式プロフィール”. サン・オフィス. 2016年6月23日閲覧。
  2. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2013年度版』阪急コミュニケーションズ、2013年、129頁。ISBN 978-4-484-13506-9
  3. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、116頁。ISBN 9784484146010

外部リンク編集