メインメニューを開く

瀬戸 かずや(せと かずや、12月17日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役スター。

東京都江戸川区[1]神田女学園高等学校出身[1]。身長172cm[1]。血液型B型[2]。愛称は「あきら」[1]

来歴編集

2002年4月、宝塚音楽学校入学。

2004年3月、宝塚歌劇団に90期生として入団。入団時の成績は27番。雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台。その後、花組に配属。

2010年、真飛聖蘭乃はなトップコンビお披露目公演となる「麗しのサブリナ」で、新人公演初主演。

2011年7月から2年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第1期スカイ・ナビゲーターズを芽吹幸奈と務める。

2016年、「アイラブアインシュタイン」で、バウホール公演初主演[3]。入団13年目で初主演を射止める[3]

2020年、「マスカレード・ホテル」(シアタードラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初主演[4]予定。

人物編集

宝塚を目指す前に憧れていた職業は、保母さんと、ディズニーランドのダンサー[2]

芸名は、憧れの上級生の瀬奈じゅんから一文字もらってつけた[5]

愛称の「あきら」の由来は、音楽学校に入学し、同期生とお互いのニックネームを考えようとなったときに、蒼乃夕妃が「あきらっぽい」と言い出したことから[2]

幼稚園の年長のときモダン・バレエを習いはじめ9年間続けたが、その後は芸事は特にしていなかった[5]。宝塚歌劇のファンである母親から観劇に誘われてもなかなか興味を持たなかったが、友人から借りた宙組の「エリザベート」のビデオを観て夢中になった[2][6]真琴つばさのファンになり、サヨナラ公演を観劇。2階席で号泣していたときに、舞台上の真琴からウインクされた瞬間後ろにのけぞり返り、宝塚に入ろうと決意した[2]。高校の最後の1年間だけ、宝塚音楽学校受験のためのレッスンに通い受験した[5]

中学生の頃はGLAYのファンで、コンサートによく行っていた。音楽学校受験の最終面接で「何でもっと早く受けなかったの?」と面接官に聞かれ、「GLAYに夢中だったので」と回答した[2]

特技はオムライス作り[1]。高校生のときにオムライス屋の厨房でアルバイトしたことがきっかけで上達した[7]

主な舞台編集

初舞台編集

  • 2004年4月~7月、雪組『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』

花組配属後編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、17頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f 阪急コミュニケーションズ『RISING STAR GUIDE 2012』2012年、82-83頁。ISBN 978-4-484-12512-1
  3. ^ a b c 宝塚花組、瀬戸かずや初主演作が初日 鮮やかな金髪姿に“変身”スポニチ
  4. ^ a b 東野圭吾原作、宝塚花組「マスカレード・ホテル」出演に瀬戸かずやステージナタリー
  5. ^ a b c 「Jumping 瀬戸かずや」『宝塚GRAPH』2013年9月号、阪急コミュニケーションズ、2013年、66-67頁。
  6. ^ ウィズたからづか2011年7月号「フェアリーインタビュー 花組 瀬戸かずや」2013年5月22日閲覧
  7. ^ 「アーサーと円卓の90期 瀬戸かずや」『宝塚GRAPH』2011年1月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、106-107頁。
  8. ^ 華形ひかるの部分休演により2/8から2/21まで代役を務めた。

外部リンク編集