風雲児 織田信長』(ふううんじ おだのぶなが)は、1959年(昭和34年)10月25日公開の日本映画である。東映製作・配給。監督は河野寿一、主演は中村錦之助 (萬屋錦之介)カラー東映スコープ、95分。

風雲児 織田信長
Fuunji Nobunaga 1959 ad.jpg
監督 河野寿一
脚本 結束信二
原作 山岡荘八
出演者 中村錦之助 (萬屋錦之介)
香川京子
里見浩太郎 (里見浩太朗)
中村賀津雄 (中村嘉葎雄)
音楽 富永三郎
撮影 坪井誠
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1959年10月25日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ストーリー編集

戦国、群雄割拠の時代。父信秀が没したのは、信長が16歳の時である。萬松寺 で行われた葬礼で、信長は荒縄を腰に巻いた異形の姿で現れ、抹香を父の位牌に投げつけた。妻の濃姫 は彼の頬に光る涙を見た。狂人とののしられながら、自己の信念に生きる信長も、人の子だったのか?信長は「尾張の大うつけ」が定評だったが、これが信長のつけ目で、奇行で家臣までもあざむいた。家老・平手政秀 は諫書を呈すと、切腹して果てた。信長は心から信頼していた臣を失ったことを悲しんだ。濃姫の実父・美濃国稲葉城主斎藤道三 は、信長の尾張国を狙うものの一人だった。使が信長との会見を申入れてきた。濃姫も「まむし」だから用心するように忠告する。道三は罠を用意して待っていた。信長は正徳寺で道三と会見するが、信長は槍と鉄砲計千人を道中にひき連れ、道三をおびやかし、会見の場では狂人的姿から礼装に早変りし、先手をうった。道三は手の掌を返すように歓待した。彼の帰りを予期しなかった濃姫はその無事を喜んだ。--突然、今川義元 4万の大軍が、尾張領になだれこんできた。義元の目的は上洛にあった。信長の手勢は5千、その前衛は次々につぶされた。信長は夜盗の蜂須賀小六 にも協力を申込んでいた。義元は勝報に気をよくし、折からの猛暑を田楽狭間に避けた。清洲城の信長は出陣の気配を示さず、家臣も焦立つ。信長は十倍の敵に対する作戦を考えていた。“十人に一人、十人がもし眠っていたら……”ふと濃姫のもらした言葉が、信長をとらえた。濃姫に鼓をうたせ、“敦盛”を静かに舞い納めると、彼はすぐさま出陣を命じた。兵は嵐をついて桶狭間 を襲った。--義元の首級を馬前に、信長は清洲城に引き揚げた。白装束で待っていた濃姫には、夢のようだった。

スタッフ編集

キャスト編集

エピソード編集

当時の京都撮影所所長・岡田茂は、本作の見どころだった織田信長の合戦場面の撮影で、が一匹出たため、錦之助が「おれは蛇は嫌いだ」と怒って帰ってしまったと話している[1]。岡田が「そう言わずに出てくれよ」と頼んでも「おれは倒れそうでとても演技なんてできやしない。これじゃお客さんに迷惑をかける」と屁理屈を言った。「とにかくいうことをきかない。でもそれが通る大物でした」などと述べている[1]

関連項目編集

当該作のオープニング映像に於いて、本作の桶狭間の合戦の場面の一部が使用されている。

脚注編集

  1. ^ a b 「佐藤正忠の極意対談 連載第234回 ゲスト―東映社長 岡田茂 『映画は天才が作る。会社はそれを支える体制作りをしなくては』」『経済界』1991年11月24日号、経済界、 81頁。

外部リンク編集