メインメニューを開く

結束 信二(けっそく しんじ、1926年8月6日 - 1987年5月30日)は、日本脚本家東映ならびに第二東映製作・配給の時代劇映画および、東映京都テレビ・プロダクション制作のテレビ時代劇シリーズの原案・脚本を担当して、いわゆる「東映時代劇」の黄金期を支えた、昭和時代を代表する脚本家の一人。

けっそく しんじ
結束 信二
生年月日 (1926-08-06) 1926年8月6日
没年月日 (1987-05-30) 1987年5月30日(60歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京市淀橋区
職業 脚本家
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1953年 - 1987年
主な作品
テレビドラマ
新選組血風録
燃えよ剣
俺は用心棒』シリーズ
素浪人 月影兵庫』シリーズ
あゝ忠臣蔵
軍兵衛目安箱
映画
柳生武芸帳』シリーズ
人形佐七捕物帖』シリーズ
旗本退屈男』シリーズ
里見八犬伝』シリーズ
新諸国物語』シリーズ
テンプレートを表示

来歴・人物編集

生い立ち編集

東京市淀橋区生まれ。父の結束武次郎国際通信社の幹部を務め、のち中国で客死した。

特攻隊員として熊本隈庄の飛行隊基地に配属。爆撃機の搭乗員として出撃する直前に敗戦を迎える[1]

映画界へ編集

1950年東横映画京都撮影所(東映の前身)へ入社する。この就職は、父・武次郎の旧友・根岸寛一が世話した。結束は1953年のデビュー作『快傑鉄仮面』からテレビに移るまでの約11年弱の間に、155本の劇場用映画のための脚本を世に送り出すこととなるが、そのほとんどが時代劇である。

デビュー初期から2部作公開の1時間作品および、3部作・4部作シリーズを多く担当した。1950年代から60年代にかけての東映時代劇スターには大御所の片岡千恵蔵市川右太衛門月形龍之介大河内傳次郎をはじめ、東千代之介近衛十四郎中村錦之助大川橋蔵大友柳太朗高田浩吉、そして若手の里見浩太郎がおり、結束は彼らの主演・出演作を多く手がけた。このうち、東の生涯主演作は結束脚本のものが最も多い。

コンビを組んだ監督のうち、河野寿一とは後にドラマでも多く組む。

テレビ時代編集

1964年に東映京都テレビ・プロダクションが設立されると、結束はテレビ界に身を転じ、数多くのテレビ時代劇の脚本を執筆。自身が映画時代に担当した近衛十四郎主演の『柳生武芸帳』シリーズのテレビ化にも携わっている。1965年に放映された『新選組血風録』をきっかけに、原作者の司馬遼太郎との交流が終生続いた。

テレビ時代劇では全話の脚本を手がけた作品が多い(『新選組血風録』、『俺は用心棒』シリーズ、『天を斬る』、『燃えよ剣』、『さむらい飛脚』、『軍兵衛目安箱』、『隼人が来る』、『新選組』など)ほか、そのうちのいくつかでは原作を兼任した(『俺は用心棒』シリーズ 、『天を斬る』、『軍兵衛目安箱』など)。

素浪人 花山大吉』では北島三郎が歌った主題歌「浪人まかり通る」の作詞を担当している。

1970年代中盤以降は、『暴れん坊将軍』シリーズの1作目『吉宗評判記 暴れん坊将軍』や『斬り捨て御免!』などにゲスト脚本で参加するにとどまった。

晩年編集

晩年はテレビドラマから退いて舞台の脚本・演出を手がけたほか、東映京都撮影所脚本研究所の所長をつとめ、後進を指導した。

1987年3月に脳梗塞で倒れ、同年5月30日に死去した。墓は京都市北区の誠心寺にあり、碑には司馬遼太郎の筆による「結束さんは人生をよき景色としてみていたすばらしい心のもちぬしでした」の言葉が刻まれている[2]

結束が執筆した映画・テレビドラマ・舞台の台本は、死後、妻から京都市の京都文化博物館に寄贈され、同所で「結束信二文庫」として保管されている[3][4]

主な作品編集

映画編集

主なシリーズ全脚本作品
主なシリーズ一部脚本作品
主な単発作品

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

出版編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 黒須洋子『テレビ映画 新選組血風録の世界』新人物往来社、2000年 p.169
  2. ^ 上掲書、p.179
  3. ^ 結束信二文庫目録 CiNii
  4. ^ 京都チャンネル『新選組プロジェクト』第14回「結束信二の世界」より[信頼性要検証]

外部リンク編集