メインメニューを開く

飯野 正子(いいの まさこ、1944年(昭和19年) - )は、日本の歴史学者津田塾大学名誉教授、元学長(2004年11月~2012年11月)。日加日米関係が専門である。

来歴編集

大阪府生まれ。1966年津田塾大学英文科卒。フルブライト奨学生として1968年シラキュース大学大学院歴史学専攻修士課程修了、1981年津田塾大学助教授、1991年~2013年教授、2004年~2012年学長。この間、マギル大学客員助教授、アカディア大学客員教授。

1997年に『日系カナダ人の歴史』でカナダ首相出版賞受賞。2001年国際カナダ研究カナダ総督賞を受賞。2019年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章[1]

著書編集

  • 『日系カナダ人の歴史』 東京大学出版会、1997
  • 『もう一つの日米関係史 紛争と協調のなかの日系アメリカ人』 有斐閣、2000

共編著編集

  • 『引き裂かれた忠誠心 第二次世界大戦中のカナダ人と日本人』パトリシア・E. ロイ、高村宏子、ジャック・L.グラナスティン共著、ミネルヴァ書房、1994
  • 『エスニック・アメリカ 多民族国家における統合の現実』明石紀雄共著、有斐閣選書、1984
  • 『アメリカ合衆国とは何か 歴史と現在』高村宏子、粂井輝子共編、雄山閣出版、1999
  • 津田梅子を支えた人びと』亀田帛子、高橋裕子共編、津田塾大学、2000
  • 『カナダを知るための60章』綾部恒雄共編著、明石書店、2003、エリア・スタディーズ
  • 『現代カナダを知るための57章』竹中豊共編著、明石書店、2010、エリア・スタディーズ
  • 『カナダを旅する37章』竹中豊共編著、明石書店、2012、エリア・スタディーズ

翻訳編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』号外第151号、令和元年11月5日

参考編集