メインメニューを開く
養老サイダー

養老サイダー(ようろうサイダー)とは、かつて岐阜県養老郡養老町に存在したサイダー地サイダー)、および製造元の養老サイダー株式会社のこと。明治時代から昭和時代前期にかけて西日本で人気が高く、昭和初期には東日本の三ツ矢サイダーと双璧をなしていた。

特徴編集

  • 養老サイダーは通常の大手清涼飲料水メーカーの製造するサイダーより、味に深みがあったという。この理由は大きく3点が考えられる。
    • 養老の滝(水がお酒になった親孝行の「養老孝子伝説」など故事がある。この地を行幸した元正天皇は「醴泉は、美泉なり。もって老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め養老元年と成すべし」との詔を出し「養老」に改元したという)で有名な名水菊水泉の水を直接取水をし、その水を使用している。この水は通常の鉱泉水とは成分に違いがあり、カルシウムマグネシウムナトリウムの比率が10:5:1という配合である。
    • 使用する砂糖が純度99.9%のグラニュー糖である。
    • このグラニュー糖にクエン酸ビタミンCを加え、2時間という長時間煮こんでシロップを作る(大手清涼飲料水メーカーの場合、数分しか煮ない)。非常に手の込んだ製造方法である。
  • 原材料の配合比やレシピは、養老サイダーの社長のみが代々受け継いでいた。

所在地編集

沿革編集

  • 1890年(明治23年) - 大垣市にて開屋創業。伊吹サイダー製造開始。
  • 1897年1899年明治30年前後) - 伊吹サイダー販売開始。
  • 1900年(明治33年) - 名水を求めた結果、菊水泉が優れていることが判明し、工場を養老町へ移転。
  • 1902年(明治35年) - 本社も同町へ移転。
  • 1910年(明治43年) - 品評会で高く評価されるなどして全国的に知名度が高まり、「東の三ツ矢、西の養老」と言われ始める。
  • 1964年(昭和39年) - 社名を養老サイダーに改名。
  • 1999年(平成11年) - 4代目社長の急逝の為、後継者問題が発生。また、職人の高齢化、施設の老朽化が深刻となる。
  • 2000年(平成12年)12月 - 養老サイダーの製造を中止。
  • 2014年(平成26年) - 会社自体も廃業。

養老サイダーの後継編集

前述のとおり、社長の急逝のため養老サイダーのレシピは受け継がれず、幻となってしまった。2017年現在、養老の滝の売店、名神高速道路養老サービスエリア養老町及び近隣市町村の一部のスーパーマーケット等で販売されている「養老山麓サイダー」は、養老町の株式会社第一物産[1]が製造販売しているものだが、養老サイダーのレシピとは異なるものである。

養老サイダーの復刻編集

2017年が養老改元1300年にあたることから、それを記念して2016年10月、中日本高速道路インターネットで運営資金を集めるクラウドファンディングを使って復刻させるアイデアを養老町に提案し、養老町観光協会の有志により養老サイダー復刻プロジェクトを立ち上げたが、レシピは当時まだ幻であった[2]。そのような中2017年3月、旧・養老サイダー工場でオリジナルのレシピが書かれたメモが見つかった。養老サイダー復刻プロジェクトはそのレシピを譲り受け、創業者一族と岐阜県立大垣養老高等学校の協力の下で、当時のオリジナルの養老サイダーの開発を行うこととなった。資金はインターネットで募り、2017年9月頃に5000本を製造。募金者へのへ送付及び養老公園内限定販売の予定である[3]

その他編集

脚注編集

  1. ^ 養老山麓サイダーは2000年に浦野鉱泉所が2000年から製造販売していたが2013年に製造中止。第一物産は浦野鉱泉所からレシピを受け継いでいる。
  2. ^ 幻の「養老サイダー」復刻へ ネットで募金、夏に試作も”. 朝日新聞. 2017年8月21日閲覧。
  3. ^ 養老改元1300年記念!日本で最古の幻のサイダー「養老サイダー」復刻プロジェクト

参考文献編集

  • 「伝説・養老サイダーと菊水霊泉―日本最初のサイダーを支えた者たちとそれを育んだ不老不死霊泉の伝説」(文芸社 2001年10月発行 ISBN 9784835524153