香川 まさひと(かがわ まさひと、1960年5月12日- )は、日本脚本家漫画原作者神奈川県横浜市出身。

経歴・人物編集

神奈川県立厚木高等学校に在学中、同級生の木原実八巻和弘加藤秀和8ミリ映画を制作。和光大学人文学部人間関係学科では漫画研究会に所属。同学年の部員に、岩明均篠原烏童近石まさしらがいた。1983年ぴあフィルムフェスティバルで『青春』が大森一樹賞、1984年に『バスクリンナイト』が大島渚賞をそれぞれ受賞。東京都町田市の古書店高原書店に勤務[1]

1988年にCBS・ソニーレコード(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)サウンドギャグコンテストで「これはなんですか」が伊武雅刀賞を受賞。同年、NHK演芸台本コンテストで「いらいら」が最優秀賞を受賞。NHK演芸班に勤務[2]1991年、自主製作監督作品『下らない人生』がぴあフィルムフェスティバル、イメージフォーラムコンテストでそれぞれ入選。

1990年オリジナルビデオ『ねっけつ放課後クラブ』(全3巻、原作・宮村優子/山本おさむ、監督・池田敏春ほか)で脚本家としてデビュー。講談社少年マガジン』・コミックプランナー大賞で『死んだ耳』が大賞を受賞し、漫画原作者としてもデビュー。以後、映像作品の脚本家と漫画の原作者としての二足わらじを履く。2018年、『下らない人生』から27年ぶりの自主映画監督作品『セグウェイ』を制作。同作には吉田大八、木原実、井手陽子(『羊の木』のプロデューサー)が出演し、吉田大八プレゼンツ・香川まさひとの世界」(ぴあフィルムフェスティバル)で上映された[3]

趣味はSNSで「磯遊び」「ビーチコーミング」を検索して「いいね」を押すこと[4]、古本市や骨董市での買い物 [5][6]、スクラップブック作り[7]など。

主な作品編集

映画・オリジナルビデオ作品(脚本)編集

テレビドラマ(脚本)編集

漫画原作編集

漫画・脚本協力編集

ゴルゴ13(リイド社)
  • 2011年
    • 「もうひとりのプロフェッショナル」
  • 2012年
    • 「未病」
  • 2013年
    • 「苦いチョコレート」
    • 「13番目の客」
    • 「寡黙なパートナー」
    • 「Death pool」
    • 「父という男」
    • 「森と湖の国の銃」
  • 2014年
    • 「PTSD」
    • 「大麻ビジネス」
  • 2016年
    • 「縄文の火」
  • 2017年
    • 「国交回復の朝」
    • 「涙も凍る」
    • 「夢の国」
  • 2018年
    • 「パンダ外交」

演劇脚本編集

  • ホテルメトロポリタン・ミステリーナイト そして哀しい朝が来る(1993年)
  • ホテルメトロポリタン・ミステリーナイト 青い迷宮(1994年)
  • Wボイン(1998年、劇団木原実)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2019年5月9日のツイート
  2. ^ 2019年8月30日のツイート
  3. ^ “吉田大八監督が衝撃を受けた幻の映画に、あの巨匠の特集も!「PFF」ラインナップが発表”. Movie Walker. (2018年8月8日). https://movie.walkerplus.com/news/article/157631/ 2019年9月3日閲覧。 
  4. ^ 2019年9月2日のツイート
  5. ^ 2019年6月29日のツイート
  6. ^ 2019年8月24日のツイート
  7. ^ 「死後、なんらかの理由で古本屋に流れたとき、古本屋が喜んで値段をつけるべく、取材で知りえた表に出せないことも書くし、貼りこみや、取材先の風景印なども、レイアウトよろしく頑張る」。2019年6月14日のツイート
  8. ^ 第39回ギャラクシー賞大賞受賞
  9. ^ 9巻までの原作を担当。
  10. ^ 2007年、仲間由紀恵主演で、フジテレビジョンで「土曜プレミアム」としてドラマ化。
  11. ^ 2019年、上野樹里主演で、フジテレビジョンで連続ドラマ化。
  12. ^ 2018年、蒼井そら主演でテレビ東京で連続ドラマ化。
  13. ^ 2010年、松本莉緒主演で映画化。
  14. ^ 連続ドラマ『おみやさん』の放映に対応したリメイク。

外部リンク編集