メインメニューを開く

吉田大八 (映画監督)

日本の映画監督

吉田 大八(よしだ だいはち、1963年10月2日 - )は、日本の映画監督CMディレクター鹿児島県出身。

よしだ だいはち
吉田 大八
吉田 大八
生年月日 (1963-10-02) 1963年10月2日(56歳)
出生地 日本の旗 日本
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマミュージック・ビデオ舞台
活動期間 1987年 -
主な作品
映画
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
パーマネント野ばら
桐島、部活やめるってよ
紙の月
美しい星
テンプレートを表示

経歴編集

ラ・サール高等学校早稲田大学第一文学部卒業[1]。高校までは音楽をやっていて映画はあまり関心がなかったが[2]、上京後に観た『爆裂都市 BURST CITY』で映画にはまり[2][3]、大学4年間で映画を観まくり、『仁義なき戦い』や『太陽を盗んだ男』などに感銘を受けた[2][4]

1987年にCM制作会社のティー・ワイ・オーに入社[1]。以降、20年間CMディレクターとして数百本のテレビCMを手掛け[2][5]、様々な広告賞を受賞している。テレビCM以外には、ミュージック・ビデオやテレビドラマ、ショートムービーなども演出しており、2007年には、初の長編劇場用映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を監督し、同年の第60回カンヌ国際映画祭の批評家週間部門に招待され話題となる。

2013年、『桐島、部活やめるってよ』で第36回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀作品賞を始め各賞を受賞[5]。同作は初動こそ振るわなかったものの、鑑賞者による口コミの広がりにより6か月以上に及ぶ異例のロングラン上映となった。

作品編集

映画編集

舞台編集

ショートムービー編集

テレビドラマ編集

PV編集

映画祭実績編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b “吉田大八 プロフィール”. 映画24区スクール. http://eiga24ku-school.jp/lecturer/profile/yoshida-daihachi.html 2018年6月16日閲覧。 
  2. ^ a b c d 塩田時敏「『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』監督・吉田大八インタビュー 『シニカルでブラックで"笑える"映画に…』」『シナリオ』2007年8月号、日本シナリオ作家協会、 52 - 57頁。
  3. ^ 映画『紙の月』監督 吉田 大八さん - Creative Village
  4. ^ 吉田大八インタビュー - HogaHolic | ホウガホリック
  5. ^ a b 岸田智 (2014年10月16日). “吉田大八監督は勘違い女の映画ばかり撮っている?”. シネマトゥデイ. 2014年10月16日閲覧。
  6. ^ “錦戸亮主演×吉田大八監督「羊の木」映画化!共演に木村文乃、松田龍平、市川実日子”. 映画ナタリー. (2016年9月23日). http://natalie.mu/eiga/news/202781 2016年9月23日閲覧。 
  7. ^ リリー・フランキーと吉田大八がドラマでタッグ、小林聡美と岡田将生も出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。
  8. ^ 鈴木隆; 広瀬登 (2013年1月18日). “毎日映画コンクール:大賞は「終の信託」”. 毎日jp. 毎日新聞社. pp. 1-2. 2013年1月18日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月16日閲覧。

外部リンク編集