メインメニューを開く

高山城(たかやまじょう)は岐阜県高山市にある戦国時代から江戸時代前期の日本の城である。岐阜県指定史跡

logo
高山城
岐阜県
高山城石碑
高山城石碑
別名 天神山城
城郭構造 平山城
天守構造 望楼型
築城主 金森長近
築城年 天正16年(1588年
主な城主 金森氏
廃城年 元禄8年(1695年
遺構 曲輪、堀、石垣、土塁
指定文化財
  • 県指定史跡
  • 天然記念物
    (野鳥生息地として)
位置 北緯36度8分17.37秒
東経137度15分49.47秒
地図
高山城の位置(岐阜県内)
高山城
高山城

構造編集

標高686.6mの城山(臥牛山、巴山ともいう)に築城された平山城で、曲輪石垣土塁などの遺構が残る。望楼型2重3階の非実戦的な天守を持つ御殿風の古い城郭形式は、織田信長が築城した安土城の影響を受けたものと見られている。

歴史編集

現在は、岐阜県高山市空町城山公園。城跡は県指定史跡であるとともに、野鳥生息地(「高山城跡及びその周辺の野鳥生息地」)として天然記念物にも指定されている[1]。 高山市天性寺町62  法華寺本堂(県重文)は高山城の一郭を移築したものといわれている。

歴代城主編集

アクセス編集

JR高山本線高山駅下車、徒歩約15分

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高山城跡”. 岐阜県. 2018年9月3日閲覧。

関連項目編集