メインメニューを開く

高 峰(こう ほう 1982年2月2日- )は中国遼寧省出身の柔道選手。階級は48kg級。身長155cm[1]

獲得メダル
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
柔道
オリンピック
2004 アテネ 48kg級
世界団体
2007 北京 48kg級
2006 パリ 48kg級
アジア大会
2006 ドーハ 48kg級

人物編集

2000年の世界ジュニア48kg級で3位となった。2003年の世界選手権では準決勝で田村亮子に終了1秒前の背負投で敗れるなどして5位に終わった。2004年アテネオリンピックでは3回戦でフランスのフレデリク・ジョシネに技ありで敗れたが、その後の3位決定戦でルーマニアのアリナ・ドゥミトル横四方固で破って銅メダルを獲得した[1]。2006年のワールドカップ団体戦では3位だったが、アジア大会では優勝を飾った。2007年にはミリタリーワールドゲームズで優勝すると、地元の北京で開催された世界団体でも優勝を成し遂げた。2008年にはフランス国際ハンガリー国際で優勝しながら、国内予選で呉樹根に敗れて北京オリンピックには出場できなかった[2]

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集