高島郡 (北海道)

北海道高島郡の位置(黄:明治期)

高島郡(たかしまぐん)は、北海道後志国後志支庁にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、小樽市の一部(概ね赤岩、幸、長橋、旭町、緑以東かつ緑、富岡、稲穂、色内以北[1]およびオタモイ・港町の各一部[2])にあたる。北海道では最も面積の小さい郡であった。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

江戸時代、高島郡域は和人地となる。松前藩によってタカシマ場所が開かれていた。元禄3年には小樽稲荷神社高島稲荷神社が、安永3年には恵美須神社が創祀されている。陸上交通は、内陸部を東西に渡島国から天塩国増毛郡へ至る道(国道5号の前身)が通じていた。

江戸時代後期文化4年には、高島郡域は天領とされた。文政4年には松前藩の元に戻されたものの、安政2年再び天領となり庄内藩が警固を行った。安政年間には妙龍寺が建立されている。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して高島郡が置かれた。

郡発足以降の沿革編集

 
北海道一・二級町村制施行時の高島郡の町村(2.高島村 紫:小樽市)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 概ね於古発(オコバチ)川以北。
  2. ^ このうち高島・赤岩およびオタモイの一部を除く区域は1899年小樽区に編入。

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集