メインメニューを開く

高木 正雄(たかぎ まさお 1916年 - 1944年6月18日[1])は、日本の元アマチュア野球選手。京都府出身。ポジションは投手

来歴・人物編集

平安中学(現・龍谷大学付属平安中学校・高等学校)在学中は、甲子園に6回出場[2](内訳は春3回〔1932年,1933年,1935年〕。夏3回〔1931年,1933年,1935年〕。)この内、1933年夏は1人で投げきり準優勝に貢献。決勝では、大会屈指の好投手・吉田正男中京商。この試合の前日に延長25回完投していた。)との投げ合いになったが、1-2で惜敗した(この結果、中京商は史上唯一の3連覇を果たした)[3][4]。準優勝時のメンバーに岡村俊昭富永嘉郎(共に、後に南海でプレー)、宇野錦次(後に阪急,西鉄でプレー)がいる。スローカーブを得意とし、沢村栄治(京都商〔現・京都学園高等学校〕)のライバルでもあった(1934年春・夏は京都府予選で沢村に敗れている)。

平安中学卒業後、1936年慶應義塾大学に進学。六大学野球でも活躍し、1939年秋季リーグで慶大の13季ぶりの優勝の立役者となった[1][5]1941年には主将を務めた[5]。大学時代の通算成績は17勝12敗だった[6]

1942年春、慶大を卒業。その後応召され、1944年6月18日ビルマモガウンにて、インパール作戦に従軍中にグルカ兵の急襲に遭い、戦死した[1]。享年28。

東京ドーム内の野球殿堂博物館にある戦没野球人モニュメントに、彼の名が刻まれている[7]

脚注編集

  1. ^ a b c 戦没野球選手慰霊(沢村栄治記念館のページ) ※高木正雄の項がある。
  2. ^ 5大会以上甲子園に出場した選手(ベンチ入りも含む)※6回出場の欄に高木正雄の名前がある。
  3. ^ センバツ・全国選手権 京都 歴代代表校・成績
  4. ^ 尚、この試合の敗戦で、チームは西本願寺(学校の経営母体)の大谷光明大谷光瑞の実弟に当たる)からお叱りを受け、当時の空本福松監督が辞任するという事態も引き起こした。
  5. ^ a b 戦歴(慶應義塾体育会野球部のHP)
  6. ^ ◆記録集(投手)◆(慶應義塾体育会野球部のHP)※●通算勝利数(慶大)で19位である。
  7. ^ 戦没野球人モニュメント-モニュメントに刻まれた戦没野球人一覧(野球殿堂博物館のページ)