メインメニューを開く

高松琴平電気鉄道1200形電車

高松琴平電気鉄道の電車
京急700形電車 (2代) > 高松琴平電気鉄道1200形電車

高松琴平電気鉄道1200形電車(たかまつことひらでんきてつどう1200がたでんしゃ)は、高松琴平電気鉄道(ことでん)の通勤形電車である。京浜急行電鉄700形を改造し、2003年から2006年に入線した。高松琴平電気鉄道及び四国初の4扉車両。2両編成11本が琴平線および長尾線で運用されている。

高松琴平電気鉄道1200形電車
高松琴平電気鉄道1200形電車 (2006年1月片原町駅)
高松琴平電気鉄道1200形電車
(2006年1月片原町駅
基本情報
運用者 高松琴平電気鉄道
製造所 東急車輛製造
川崎車輛/川崎重工業[1][2]
種車 京急700形
製造年 1967年 - 1971年
導入年 2003年 - 2006年
総数 11編成22両
投入先 琴平線長尾線
主要諸元
編成 2両編成[3]
軌間 1,435 mm[4]
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 80 km/h[3]
設計最高速度 120 km/h[3]
起動加速度 0.75 m/s2[3]
減速度(常用) 1.11 m/s2[3]
減速度(非常) 1.11 m/s2[3]
車両定員 139人
座席定員 48人(奇数車)・45人(偶数車)[5]
自重 35.0 t[5]
全長 18,500 mm[4]
車体長 18,000 mm[5]
全幅 2,840 mm[4]
車体幅 2,840 mm[5]
全高 パンタグラフ付 4,050 mm
パンタグラフ無 4,005 mm[5]
車体高 3,580 mm[4]
車体 普通鋼[7]
台車 鋼板溶接ウイングばね式[5]
主電動機 直流直巻電動機[6]
主電動機出力 150 kW[5] (750 V[8]) × 2基
駆動方式 中空軸平行カルダン駆動方式またはWN駆動方式 [7]
歯車比 84:17 (4.94) または82:19 (4.32)[7]
編成出力 600 kW
制御方式 抵抗制御[5]
制御装置 電動カム軸式直並列複式
制動装置 SME-D発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキ[5]
保安装置 誤出発防止式ATS[3]
テンプレートを表示

目次

登場の経緯編集

2002年8月8日に新体制による高松琴平電鉄の会社再建が始まり、国、地方自治体からの資金援助を受け、利用客からの車両冷房化に対する強い要望にこたえるために京急700形を譲り受け、改造の上冷房車3編成6両が1200形として導入された[3]

改造点編集

種車である京急700形は、1967年から1971年に普通列車用として84両が製造された[1][2]。京急では1998年から2005年にかけて経年のため廃車されている[1][2]。 琴電入線にあたり、京急ファインテックにて琴電向け改造が行われた[3]。電動制御車と付随車による4両編成から、制御電動車による2両編成に変更され、京急時代の奇数車(浦賀寄り)が偶数車(高松築港寄り)に、京急時代の偶数車(品川寄り)が奇数車(琴電琴平長尾寄り)になっている[3]。当初、制御電動車 – 制御車の2両編成とする計画で、琴電での奇数車に制御関係機器、琴電での偶数車に補器が搭載されたが、主電動機付き台車を分散させるため両車連結面側の台車を主電動機付き、運転台側を主電動機なしとするよう変更された[3]。琴電での偶数車からはパンタグラフが撤去されている[4]

主幹制御器、制動弁は琴電仕様に交換され[3]、制動装置はHSC-D(発電制動併用電磁直通制動)から電磁SME-D(非常管併設発電制動併用非セルフラップ式電磁弁付き三管式直通空気制動)に変更された[5]。主制御装置は種車のものが流用されたため、自動進段式のままである[5]

他形式と連結するため連結器を密着連結器からNCB-II形密着自動連結器に変更、電気連結器および連解制御器は撤去された[3]空気圧縮機が回転翼式のAR-2形[8]から琴電標準の三菱重工製C-1000形に交換[3]、電動発電機は東洋電機製造(東洋)製TDK-3320Aブラシレス電動発電機のままとされたが、出力は49 kVAとなった。ATSは1号形から琴電形に変更され、過速度検知継電器は80 km/hにセットされた。電子ホーンは撤去された[5]

外観では、側面の種別表示幕、方向板差しが撤去された[3]。内装では、琴電での偶数車、乗務員室後ろの車掌室側に車椅子スペースが設置され、この部分の座席は脚台ごと撤去された[3]つり革を丸形から三角形に変更、座席モケットの色が一般席は青色から「ゴールデンオリーブ」色に変更された[3]

主要機器編集

台車、主制御器、主電動機、冷房装置、パンタグラフは種車のものが流用されている。導入にあたって、ことでん側は1070形1080形1100形と同様のTS-303系・TS-310系の台車の採用を要望したが、京急でも既に廃車により在庫がなくなっていたことから、種車の台車が流用されている[3]東急車輛製造(東急)製の車体には東洋製電気部品、川崎車輌(川車)製の車体には三菱電機(三菱)製の電気部品の組み合わせが原則[9][10]だが、京急で最後に導入された739編成、741編成(ことでん1253 - 1256)は電気部品の組み合わせが異なる[10]

東洋製はES-763A主制御装置[9](直列10段、並列8段、弱め界磁4段)[11]、TDK-819系主電動機(1時間定格出力150kW、端子電圧750V、電流224A、定格回転数2,000rpm)[6]中空軸撓み板式軸型継手が組み合わされ、歯車比は84:17 (4.94)とされた[9]

三菱製はCB-26C-10主制御装置(制御段数は東洋製と同じ)[11]、MB-3070系主電動機(1時間定格出力150kW、端子電圧750V、電流224A、定格回転数1,800rpm)[6]撓み歯車型軸継手が採用され、定格回転数の違いから歯車比は82:19 (4.32)となった[9]

冷房装置は冷房能力12.2 kW(10,500 kcal/h)の三菱CU-126系冷房装置を各車3基搭載されている[3]。集電装置は東洋製PT-43Eのままとされた[3]

車歴と編成編集

琴平線編集

琴電での車番と編成 京急での車番[12][13] 製造年[1][2] 製造所[1][2] 京急での廃車[1][2] 琴電への入線[12][13][14][15]
1201 1202 デハ706・705 1967年6月 東急/川車 2002年7月 2003年3月
1203 1204 デハ728・727 1970年2月 東急
1205 1206 デハ732・731 1970年6月
1207 1208 デハ734・733 2003年8月 2004年10月
1209 1210 デハ738・737 川崎重工 2004年3月
1211 1212 デハ702・701 1967年6月 川崎車輌 2005年3月 2005年7月
1213 1214 デハ704・703

1958年 - 1981年12000形1201・1202が存在したため、本形式の車両番号のうち、1201・1202は2代目である。

長尾線編集

ことでんでの車番と編成 京急での車番[12][13] 製造年[1][2] 製造所[1][2] 京急での廃車[1][2] 琴電への入線[12][13][14][15]
長尾
瓦町・高松築港 →
1251 1252 デハ736・735 1970年6月 川崎重工 2005年11月 2006年7月
1253 1254 デハ742・741 1971年6月
1255 1256 デハ740・739 2006年12月
1215 1216 デハ724・723 1970年3月 2005年3月 2005年8月
  • 2011年に1215 - 1216が長尾線塗装に変更された。

外板の塗装は当初より路線別塗装が採用された。琴平線用の1201 - 1214は上半分がアイボリー・下半分が黄色、長尾線用の1215・1216・1251 - 1256は上半分がアイボリー、下半分が緑色である。

車体ラッピング編集

1201編成は入線当初「ことちゃんこんぴら号」としてマスコットキャラクターの「ことちゃん」のイラストが貼られていた[3]。他にもさまざまなラッピング電車が登場しており、1255編成は、新屋島水族館の全面広告電車であったが2011年9月現在は広告解除により青緑一色、1205編成は金刀比羅宮の全面広告電車[16]「しあわせさんこんぴらさん号」、1213編成がユニバーサルホームの全面広告車、1215編成が四国電力グループである四電エナジーサービスの全面広告電車となっていたが、諸事情から1207編成・1211編成も四電エナジーサービスの全面広告電車となっていた(1207編成は全面ではない)。なお1215編成は長尾線の輸送力増強のため長尾線に転属し、同線のラインカラーに塗り替えられた上、全労済の全面広告電車となった(2019年6月終了)。

1203編成は新屋島水族館の全面広告電車となった後琴平線用塗装に戻され、2011年4月からことでん開業100周年記念ラッピング電車「ことちゃんひやく号」となった。この「ひやく号」は当初1年間の運行予定だったが、その後運行期間が毎年延長され、2019年3月6日に約8年間に及ぶ運行を終了した。[17]

脚注編集

参考文献編集

  • 佐藤良介『JTBキャンブックス 京急の車両 現役全形式・徹底ガイド』JTBパブリッシング、2004年。ISBN 9784533055461
  • 鉄道ファン』通巻73号(1967年7月・交友社
    • 吉村忠晃「新車インタビュー 京急二代目700にきく」 pp. 56-57
  • 鉄道ピクトリアル』通巻243号(1970年10月・鉄道図書刊行会
    • 小池洋太郎「京浜急行電鉄車両概況」 pp. 27-31
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻656号(1998年7月・鉄道図書刊行会)
    • 園田淳,新澤仁志,萬谷彰「私鉄車両めぐり 160 京浜急行電鉄」 pp. 209-259
  • 井上武「モハユニ ■高松琴平電鉄に1200形登場」『RAIL FAN』第50巻第5号、鉄道友の会、2003年5月1日、 23頁。
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻738号「鉄道車両年鑑2003年版」(2003年10月・電気車研究会)
    • 「高松琴平電気鉄道(株) 鉄道事業本部運輸グループ 黒川誠」 pp. 177-178
    • 「民鉄車両諸元表」 pp. 180-183
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 208-219
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻767号「鉄道車両年鑑2005年版」(2005年10月・電気車研究会)
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 214-229
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻775号(2006年6月・鉄道図書刊行会)
    • 佐藤良介「京浜急行700形の軌跡[下篇]」 pp. 97-101
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻781号「鉄道車両年鑑2006年版」(2006年10月・電気車研究会)
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 205-220
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻795号「鉄道車両年鑑2007年版」(2007年10月・電気車研究会)
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 222-235