メインメニューを開く

鮎川 陽子(あゆかわ ようこ、1976年10月8日 - )は、日本ファッションモデル画家デザイナー女優グラフィックデザイナーDJ。2015年9月よりエスプリ所属後、2019年5月現在は独立。福岡県北九州市若松区生まれ。

あゆかわ ようこ
鮎川 陽子
プロフィール
愛称 ようべ
生年月日 1976年10月8日
現年齢 42歳
出身地 日本の旗 日本福岡県北九州市若松区
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 168 cm / kg
スリーサイズ 81 - 58 - 88 cm
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 画家女優モデルデザイナーDJ
モデル: テンプレート - カテゴリ

目次

来歴・人物編集

ロックバンドシーナ&ザ・ロケッツ」の鮎川誠シーナの間に、デビュー前に、双子の長女として生まれる。双子の妹は鮎川純子、7歳離れた妹は鮎川知慧子[1]

東京都立桜町高等学校を卒業後、コンピュータ・ベンチャー企業やデザイン会社の勤務と平行し1996年クリームインターナショナルに所属し、ファッションモデルとして活動。CUTiESPRiNGOliveなどファッション誌東京コレクションに多く出演し個性的なスタイルで人気モデルとなる。

海外ファッション誌「iD」に“日本のトップモデル”として紹介されたことをきっかけに日本国内はもとより海外へと活躍の場を広げている。フランスのトップモデルエージェンシー『NEXT』に所属。小柄ながら日本人モデルとしてカール・ラガーフェルドから抜擢され、シャネルなどの一流のコレクションに出演を果たした。またモデルの仕事と併行しデザインチームTinyRoomを主謀して活動。イラストレーターとしても活動。

1999年サンエー・インターナショナルより「鮎川陽子デザインTシャツ」が発売された。2003年にはシーナ&ザ・ロケッツのオフィシャルグッズにも携わっている。また、装苑インターネットを題材にしたコラムやVITAにモデル日記、香港ファッション雑誌に連載コラムを50回以上に渡り、執筆[要出典]。両親の影響もあり根っからの音楽好きである。好きなミュージシャンラモーンズボブ・マーリーなど。

2000年稲葉賀恵(ヨシエ・イナバ)L'EQUIPEのワールドキャンペーンのモデルを務める。

2006年、オムニバス映画「PET BOX」の一篇「ネコと金魚の恋物語」(監督・瀬々敬久)で女優としてデビューした。 2006年頃より一時活動を休止していた。2015年6月よりモデル事務所「エスプリ」に所属しモデル活動を再開後、2018年6月より独立[要出典]

2015年、ショップチャンネルにて、自身のファッションブランド「YOKO AYUKAWA」を発表した。

2017年10月8日、41歳の誕生日に結婚したことを、公式インスタグラムで公表[2]。12月には、写真家・大森直とコラボをし恵比寿のALギャラリーに「クロイトリ展」を展示。被写体としてのファッション写真の展示と、自身のアクリル絵画を展示した。モデル被写体となって表現する大森氏の写真作品と、鮎川氏陽子のポップなドローイングを展示。クロイトリというアイコンを掲げ、「LOVE ROCK LIFE」を表現した。クロイトリ展は2018年1月・3月にも開催された。 以前イラストレーターとしての活動をしていたことがあったが、アクリル絵の具を使いキャンパスに絵を描いたのは初めてであった。この展示で絵画が大変好評を得て、絵の創作活動を本格的に開始することとなった。

2018年1月渋谷のランドシーフードで「クロイトリアクア展」、3月には虎ノ門ヒルズ3rdカフェにて「クロイトリ都会展」を開催。ファッション写真とアクリル絵画の両方を展示。 5月には東京都美術館「平泉展」にて、アクリル画を出品。7月表参道にある高級アンティークショップ「ラトリエ」店内にてアートの展示販売が開始。 伊勢丹新宿店から抜擢され、9月5日から9月16日までインターナショナルラグジュアリーで単独の個展を開催。アクリル画や造形約30点展示した。

2019年1月国立新美術館「平泉展」出品。5月東京都美術館「平泉展」出品。

現在はアート制作を中心に、モデルやDJなども行い活動している[3]

出演編集

テレビ出演編集

CM編集

広告編集

  • 宮崎シーガイアキャンペーンガール(1997年)
  • Trans Continentsキャンペーン(1998年)
  • Ozone Community(1998年)
  • No Comcept & Good Sense(1999年)
  • 集英社MORE(2000年)
  • マガジンハウスananポスター(2000年)
  • L'EQUIPE YOSHIE INABAワールドキャンペーン(2000年)
  • 持田製薬(2001年)
  • サンスター VO5キャンペーン(2002年)
  • HUSH PUPPIESキャンペーン(2002年)
  • 4丁目プラザポスター(2002年)
  • 西武百貨店広告(2002年)

など

映画編集

脚注編集

外部リンク編集