鶴ヶ島日高バイパス(つるがしまひだかバイパス)とは、埼玉県鶴ヶ島市から日高市に至る国道407号バイパス道路である。

一般国道
国道407号標識
鶴ヶ島日高バイパス
国道407号バイパス
路線延長 約 2.8 km
開通年 -
起点 埼玉県鶴ヶ島市大字高倉
終点 埼玉県日高市大字森戸新田
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

  • 始点 : 埼玉県鶴ヶ島市大字高倉(高倉天神交差点)
  • 終点 : 埼玉県日高市大字森戸新田(高萩北杉並木交差点)
  • 延長 : L=約2.8km
  • 規格 : 第3種第2級
  • 設計速度 : 60km/h
  • 道路幅員 : W=25.0m
  • 車線数 : 4車線
  • 車線幅員 : 3.25m

坂戸バイパス日高バイパスの間は日光街道杉並木と呼ばれる歴史遺産があり、国道407号はその中を走っているため車線数が2車線から拡幅できず渋滞の原因となっている。そこで杉並木の保全と、それを迂回する事により圏央道等へのアクセス強化や域内を相互に連絡するネットワーク確保を目的として計画されているのが鶴ヶ島日高バイパスである。既に開通済みの坂戸バイパスおよび日高バイパスと直接接続する予定で、この道路の完成により国道407号全体の定時性・安全性が確保され、以って沿線の良好な街づくりとそれに伴う住民の生活向上が期待される。

沿革編集

2009年度から事業に着手しており、道路の詳細を設計中である。 第Ⅰ期事業として高萩北杉並木交差点から日高市都市計画道路3・4・31原宿旭ヶ丘線および3・4・47日高川越鶴ヶ島線に交差する部分までの区間約480mが進められており、2013年5月24日に開催された第41回日高市都市計画審議会では、雨水処理の問題により進捗が遅れている事や、用地取得率が17%で用地確保次第工事を進めていく考えである事が報告されている。また第Ⅰ期区間以北についても併せて用地取得を推進するとしている。

通過市町村編集

  • 埼玉県
    • 鶴ヶ島市
    • 日高市

接続道路編集

接続するバイパスの位置関係編集

(足利方面)坂戸バイパス - 鶴ヶ島日高バイパス - 日高バイパス(入間方面)

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

関連項目編集