麻田 剛立
(あさだ ごうりゅう)
生誕 1734年3月10日
日本の旗 日本 豊後国杵築藩
死没 (1799-06-25) 1799年6月25日(満65歳没)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 天文学
主な業績 1763年10月7日日食を予言
ケプラーの第3法則と同じ法則を独自に発見
補足
注:テンプレートの生没年は太陽暦で表記
プロジェクト:人物伝

麻田 剛立(あさだ ごうりゅう、享保19年2月6日1734年3月10日) - 寛政11年5月22日1799年6月25日))は、江戸時代日本の男性天文学者[1]である。

経歴編集

豊後国杵築藩(現在の大分県杵築市)出身[1]。元々は綾部(あやべ)姓であったという。儒学者綾部安正(絅斎)の四男[1]。幼名は庄吉良で、名は妥彰(やすあき)[1]。初め璋菴(しょうあん、表記は「正庵」とも)、後に剛立と号した[1]

幼い頃に影の動きから太陽動いているのに気づき、天体に興味を持つ。その後『傷寒論』などを読み、独学で天文学医学を学んだ。

またケプラーの第3法則を独自に発見し、自著『五星距地之奇法』に記している[2]。既にケプラーの法則については漢籍によって日本にも伝来している時代であり、後述の通り後年にそのケプラーの法則を使っての研究もしていることから、この麻田の独創については疑問視する意見もある。ただ、麻田は惑星軌道と考えて「惑星の公転周期2乗が軌道の半径の3乗に比例する」としており、つまりこの時点でケプラーの第1法則を知らなかったため、事実誤認が含まれているとはいえ、麻田の独創性については間違いは無い。

宝暦13年(1763年)に、ケプラーの法則を用いて、同年9月1日(旧暦)の日食を予言した。この日食は当時使用されていた宝暦暦に記されていなかったこともあり、麻田の名声を高めた。

明和8年(1771年)頃に豊後を離れて(この時に脱藩したため、追っ手の目を眩まそうと改名した)大坂に行き、そこで医師を生業としながら天文学の研究を続けた[1]。『崇禎暦書』を基盤に研究し、望遠鏡反射鏡などの観測装置を改良し、理論を実測で確認、そして家暦である『時中法』[1]を設けるなど、その手法は近代的であった。

オランダから輸入した初の高倍率グレゴリー式望遠鏡によって、日本最古の月面観測図を記す。安永7年(1778年)8年後に起こる日食の情報を三浦に手紙で送った際、その月面観測図を併記した。この手紙は所在不明とされていたが、鹿毛敏夫が『月のえくぼ(クレーター)を見た男 麻田剛立』を書くにあたり資料を収集した際、現所蔵者と現物を発見した。

弟子に高橋至時[1]山片蟠桃間重富[1]らがいる。また中井竹山中井履軒兄弟・三浦梅園とも交流した。

クレーターであるアサダは、麻田剛立の名に由来する。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館2007年、13-14頁。ISBN 978-4-09-626607-6 
  2. ^ 『月のえくぼ(クレーター)を見た男 麻田剛立』。

参考文献編集