メインメニューを開く

黒須麻耶(くろす まや、1983年12月4日 - )は、東京都品川区出身の日本ファッションモデル女優。身長168cm、B83-W62-H87、靴のサイズ24.5cm、血液型はB型[1]

来歴・人物編集

1996年、12歳で雑誌『セブンティーン』の読者モデルグランプリに合格して芸能界入りする。中学生でありながらも完成度の高いルックスと存在感、そしてボーイッシュなイメージで注目を集める。女優としてもドラマ・映画に出演して活動の場を広げたが、映画『DRUG』(2001年)の出演以降は次第にメディア露出が無くなり、引退したものとみられる。

趣味特技は囲碁。かつてはウィルコーポレーションに所属していた。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

CM・広告編集

脚注編集

  1. ^ プロフィールの数字は2000年時点のもの
  2. ^ 同映画に主演した女優として総理官邸を訪れたさいに、彼女を紹介された森首相(当時)が「『麻耶』という名前は『麻薬』に似ているね」と声をかけ周囲を呆れさせたというエピソードがある(2001年1月18日)。