メインメニューを開く

齋藤 雅男(さいとう まさお、1919年 - 2016年[1])は、日本鉄道技術者

経歴編集

福岡県生まれ。祖父は医学士、父はレントゲン技師という家庭に生まれる。戦時中に早稲田大学理工学部(機械工学)を卒業し、陸海軍技術将校となる。戦後、運輸省に入省するが、同省から鉄道部門が日本国有鉄道(国鉄)として独立した際そこに移籍、以降、東海道新幹線での安定化・輸送力増強に尽力したのを始め、内外の鉄道技術やシステムに深く関与。国際連合開発計画エグゼクティブ・アドバイザー、鉄道工学専門家。台湾高速鉄道では、審査官を務め、島隆とともに日本の技術供与にも尽力し、開業後もコンサルタントとして何度も台湾に渡航していた。長男の齋藤雅之は、JR東日本常務取締役を経て、現在、東京モノレール株式会社の代表取締役社長を務める。

年表編集

[2]

人物編集

鉄道関係の仕事での訪問国:122 ヵ国
鉄道関係の仕事で渡航回数:台湾 120 回以上、中国 80 回以上
社団法人日本交通協会会員
社団法人海外鉄道技術協力協会特別顧問
国際開発学会会員(Society For International Development)Membership

著書編集

出典編集