佐野 勝稔(さの かつとし、1945年6月25日 - )は、神奈川県藤沢市出身の元プロ野球選手。ポジションは主に二塁手

佐野 勝稔
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県藤沢市
生年月日 (1945-06-25) 1945年6月25日(75歳)
身長
体重
170 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1970年 ドラフト5位
初出場 1971年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

横浜高校では、三番打者、二塁手として1963年夏の甲子園に初出場。準決勝に進むが、和田徹のいた明星高に敗れる[1]。明星高はこの大会で優勝。高校同期にエースの井上健仁(東映)、1年下に控え投手の平岡一郎がいた。

駒澤大学へ進学。東都大学野球リーグでは1964年春季リーグで優勝を経験。1967年秋季リーグでは首位打者を獲得し、同季のベストナイン(二塁手)に選出される。大学同期に当銀秀崇後原富がいた。

卒業後に河合楽器へ入社。1968年都市対抗に出場。決勝に進むが富士製鐵広畑神部年男に抑えられ0-1で完封負け、準優勝にとどまる[2]。この大会では15打数5安打を記録した。翌1969年都市対抗は準決勝で電電関東に惜敗する[2]が、優秀選手賞を獲得、同年の社会人ベストナイン(二塁手)に選出される。

1970年ドラフト会議近鉄バファローズから5位指名を受け入団。1971年にはジュニアオールスターに出場。シーズン後半には飯田幸夫に代り二塁手に定着、45試合に先発出場を果たす。翌1972年には安井智規が二塁手に回り、その後ジム・クォルスも入団したため、三塁手も兼ねて起用される。しかし翌年から出場機会が減り1974年限りで引退した。

現在は全国屈指の強豪である中学硬式野球チーム「浜松シニア」の監督として鈴木尚典後藤武敏野久保直樹らを指導。教え子の多くを母校の横浜高校へ送り出している。息子の大輔は斉藤宜之多村仁と同期。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1971 近鉄 51 157 136 10 29 4 0 0 33 3 7 3 2 0 16 0 3 15 2 .213 .310 .243 .552
1972 61 111 102 10 23 3 1 0 28 2 0 1 1 0 7 0 1 18 2 .225 .282 .275 .556
1973 33 37 35 2 5 0 0 0 5 1 1 1 1 0 1 0 0 3 0 .143 .167 .143 .310
通算:3年 145 305 273 22 57 7 1 0 66 6 8 5 4 0 24 0 4 36 4 .209 .282 .242 .524

背番号編集

  • 36 (1971年 - 1974年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集