メインメニューを開く

1981年の近鉄バファローズ(1981ねんのきんてつバファローズ)では、1981年シーズンの近鉄バファローズの動向をまとめる。

1981年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ6位
年間成績:54勝72敗4分 勝率.429
後期4位:29勝34敗2分 勝率.460
前期6位:25勝38敗2分 勝率.397[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市中央区
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 西本幸雄
« 1980
1982 »

この年の近鉄バファローズは、西本幸雄監督の8年目のシーズンである。

目次

概要編集

リーグ2連覇の立役者であるチャーリー・マニエルが前年オフの契約更改で球団側と決裂し退団。主砲を失ったチームは4月下旬に5連敗を喫し最下位に転落、5月に入り5連勝で借金を1まで減らすも直後に5連敗、さらにその後も5連敗、6連敗と黒星を重ね、前期は5位南海に5ゲーム差を付けられ最下位。後期に入ってもチームの調子は上がらず、8月後半には8連敗でまたも最下位に低迷。9月下旬に8連勝と意地を見せて後期は4位で終えたが、年間では8年ぶりの最下位に終わり、西本監督は勇退を表明。マニエルが抜けた打線はチーム打率が前年のリーグ1位からリーグ最下位に急落、チーム本塁打数も100本近く減り、マニエルの抜けた穴は想像以上に大きかった。加えて、前年まで使用していた公式球下田武三コミッショナーが禁止した影響も大きいとされる[2]。投手陣も柳田豊の10勝が最高で、左右の両エースである鈴木啓示井本隆が揃って5勝に終わるという惨状だった。10月4日のダブルヘッダーの後、西本は教え子である阪急・近鉄の選手達に胴上げされ、悲運の名将はユニフォームを脱いだ。

チーム成績編集

開幕オーダー
1 平野光泰
2 ハリス
3 佐々木恭介
4 栗橋茂
5 白仁天
6 羽田耕一
7 小川亨
8 梨田昌崇
9 石渡茂
投手 柳田豊
1981年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 ロッテ -- 阪急 -- ロッテ --
2位 西武 1.5 ロッテ 0.5 西武 2.0
3位 阪急 2.5 西武 1.5 阪急 3.5
4位 日本ハム 5.0 日本ハム 4.0 日本ハム 4.5
5位 南海 5.5 南海 5.0 南海 6.0
6位 近鉄 6.5 近鉄 9.5 近鉄 11.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 日本ハム -- 日本ハム -- 日本ハム --
2位 ロッテ 0.5 阪急 1.0 阪急 3.0
3位 西武 1.5 ロッテ 2.5 ロッテ 8.5
4位 阪急 3.0 西武 3.5 近鉄 9.5
5位 南海 5.0 南海 6.5 西武 9.5
6位 近鉄 近鉄 7.5 南海 11.5
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 35 26 4 .574 -
2位 西武ライオンズ 33 28 4 .541 2.0
3位 阪急ブレーブス 32 30 3 .516 3.5
4位 日本ハムファイターズ 31 31 3 .500 4.5
5位 南海ホークス 29 32 4 .475 6.0
6位 近鉄バファローズ 25 38 2 .397 11.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 日本ハムファイターズ 37 23 5 .617 -
2位 阪急ブレーブス 36 28 1 .563 3.0
3位 ロッテオリオンズ 28 31 6 .475 8.5
4位 近鉄バファローズ 29 34 2 .460 9.5
5位 西武ライオンズ 28 33 4 .459 9.5
6位 南海ホークス 24 33 8 .421 11.5
1981年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 日本ハムファイターズ 68 54 8 .557
2位 阪急ブレーブス 68 58 4 .540
3位 ロッテオリオンズ 63 57 10 .525
4位 西武ライオンズ 61 61 8 .500
5位 南海ホークス 53 65 12 .449
6位 近鉄バファローズ 54 72 4 .429

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1981編集

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
梨田昌崇 捕手 3年連続3度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
梨田昌崇 捕手 3年連続3度目

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 金村義明 投手 報徳学園高 入団
2位 小山昌男 投手 天理高 入団
3位 加藤正次 投手 日本通運 拒否
4位 篠崎宏道 内野手 近畿大学 拒否・松下電器入社
5位 中馬賢治 捕手 京都共栄学園高 入団
6位 住友一哉 投手 プリンスホテル 入団

脚注編集