平野光泰

日本の野球選手

平野 光泰(ひらの みつやす、1949年4月23日 - )は、大阪府大阪市天王寺区出身の元プロ野球選手外野手、右投右打)、野球解説者

平野 光泰
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市天王寺区
生年月日 (1949-04-23) 1949年4月23日(71歳)
身長
体重
181 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1971年 ドラフト6位
初出場 1972年7月30日
最終出場 1985年7月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

明星高校では、1967年にエースとして春夏の甲子園に出場。春の選抜では2回戦(初戦)で県岐阜商に完封負け[1]夏の選手権は1回戦で大島忠一らのいた中京高に打ち崩され大敗[2]。また高校時代は1学年上の江夏豊からランニング本塁打を記録している(江夏にとって高校時代唯一の被本塁打)。卒業後は社会人野球クラレ岡山へ進み、1971年外野手へ転向。同年の都市対抗では右翼手、五番打者として活躍[3]。同年秋に開催されたドラフト会議で、近鉄バファローズから6位指名され、プロ入り。この年のドラフト会議で近鉄は、平野のほか、1位に佐々木恭介、2位に梨田昌孝(昌崇)、4位に羽田耕一といった後の主力となる選手の指名・入団に成功している。

1年目の1972年から一軍に上がるが、しばらくはこれといった成績を上げられずにいた。しかし1975年には19試合に先発出場、1977年は不調の阿部成宏に代わり中堅手として起用され、初の規定打席(20位、打率.262)に達する。翌1978年は5月から一番打者に定着、1979年から2年連続でダイヤモンドグラブ賞を獲得した。1979年のリーグ優勝に貢献、広島東洋カープとの日本シリーズでは第6戦まで無安打と不調に沈む。しかし第6戦では犠飛、犠打等で3打点を稼ぎ、第7戦では5回に山根和夫から同点となる2点本塁打を放った。翌1980年は自己最高の23本塁打を記録。広島東洋カープとの日本シリーズでは2年連続で敗退したが、26打数9安打7四球とリードオフマンの役割を十分に果たした。同シリーズの優秀選手賞を獲得。1983年は自己最高の打率.292(14位)を記録する。1984年までレギュラーを守るが、1985年は新入団のバンボ・リベラにポジションを譲り、同年限りで現役引退。その後は京都テレビラジオ大阪などで野球解説者を務め、飲食店を経営していた。

俊足・強肩に加えて長打力も兼ね備えた好選手であり、「ガッツマン」と通称されるほど闘志を前面に押し出したプレースタイルで人気を博した。特に語り草となっているのが「執念のバックホーム」である。近鉄は1979年6月26日南海ホークスとの前期最終戦を、勝つか引き分けならば前期優勝(当時のパ・リーグは前後期制)、負けたら2位の阪急ブレーブスにも優勝の目がある状況で迎えた。1対1の8回裏、南海2死1、2塁の場面で、阪本敏三の打球は緩い打球の中前安打、2死だったこともあり二塁走者の定岡智秋は躊躇なく本塁へ向かい、近鉄の西本幸雄監督も勝ち越されるのを覚悟した。その瞬間、中堅手・平野がものすごい形相で前進、打球をつかみそのままバックホーム。送球はノーバウンドで捕手・梨田昌崇のミットに届き、定岡はタッチアウト。試合はそのまま引き分けとなり近鉄は前期優勝を決めた。

1980年7月17日の対阪急戦(阪急西宮球場)でサイクルヒットを記録している。また、同年のオールスターゲーム第2戦では決勝本塁打を放ち、MVPに輝いた。4回のオールスター出場のうち、1981年1982年はファン投票での選出であった。1984年5月29日には、ロッテオリオンズ仁科時成が9回2死までノーヒットノーランを続けていたが、最後に平野が安打を放ち仁科の記録達成を阻んでいる。

打席は「両打」と登録されていた年がある(1976年)。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1972 近鉄 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1973 30 28 27 4 4 0 1 0 6 0 1 0 0 0 1 0 0 2 0 .148 .179 .222 .401
1974 70 35 32 7 6 1 0 0 7 2 5 2 0 0 3 0 0 9 0 .188 .257 .219 .476
1975 61 111 99 18 20 5 0 4 37 12 2 2 0 1 9 0 2 16 0 .202 .282 .374 .656
1976 15 18 16 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 6 0 .000 .059 .000 .059
1977 118 426 390 37 102 12 5 8 148 46 10 6 10 2 20 0 4 57 5 .262 .304 .379 .684
1978 129 549 507 82 137 16 1 7 176 39 27 7 4 5 31 0 2 44 3 .270 .315 .347 .662
1979 122 530 473 83 132 16 1 18 204 51 21 10 8 2 44 2 3 60 5 .279 .344 .431 .776
1980 130 574 496 102 141 21 5 23 241 68 13 4 7 1 69 1 1 64 8 .284 .373 .486 .859
1981 121 522 482 53 125 19 6 10 186 50 12 8 2 5 33 0 0 57 9 .259 .307 .386 .693
1982 119 530 470 61 115 17 2 15 181 43 4 3 4 3 51 2 2 70 7 .245 .321 .385 .706
1983 121 491 456 39 133 22 2 10 189 48 6 3 5 3 23 0 3 53 5 .292 .330 .414 .744
1984 121 535 490 59 123 9 1 10 164 53 5 2 9 2 34 0 0 37 12 .251 .300 .335 .634
1985 23 66 59 6 17 2 0 2 25 11 0 0 0 0 7 0 0 7 4 .288 .364 .424 .787
通算:14年 1183 4418 4000 551 1055 140 24 107 1564 423 106 47 50 24 326 5 17 482 58 .264 .320 .391 .711
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

記録編集

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1983年8月9日、対ロッテオリオンズ16回戦(日生球場)、5番・中堅手として先発出場 ※史上236人目
  • 100本塁打:1984年6月27日、対日本ハムファイターズ12回戦(ナゴヤ球場)、4回裏に間柴茂有から左越先制ソロ ※史上130人目
  • 1000安打:1984年7月29日、対日本ハムファイターズ18回戦(札幌市円山球場)、木田勇から
その他の記録

背番号編集

  • 37 (1972年 - 1975年)
  • 22 (1976年)
  • 9 (1977年 - 1985年)

関連情報編集

出演番組編集

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集