井本 隆(いもと たかし、1950年11月21日 - 2015年1月21日)は、高知県出身の元プロ野球選手投手)。

井本 隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県高岡郡宇佐町(現:土佐市宇佐町)
生年月日 1950年11月21日
没年月日 (2015-01-21) 2015年1月21日(64歳没)
身長
体重
179 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト3位
初出場 1973年4月14日
最終出場 1984年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

高知県高岡郡宇佐町(現・土佐市宇佐町)に生れる[1]伊野商業高では、1967年秋季四国大会県予選準決勝に進出、土佐高萩野友康と投げ合うが1-2で惜敗。翌1968年夏の甲子園県予選でも準々決勝で高知工業高に延長10回敗退。高校の同期生に巨人日本ハムでプレーした控え投手の谷山高明がいる。

高校卒業後は、社会人野球鐘淵化学に進み、速球投手として頭角を現す。1971年都市対抗野球に出場し、1回戦では先発を任され好投、電電東北を降す[2]。翌1972年都市対抗野球にも連続出場[2]、同年の産業対抗では準優勝に貢献し敢闘賞を獲得した。

1972年のプロ野球ドラフト会議近鉄バファローズから3位指名され入団[1]

プロ1年目の1973年から一軍初登板を果たし、翌1974年には主に中継ぎとして一軍に定着。1975年はシーズン後半から先発に回り4勝。その後は打者の内角をえぐる鋭いシュートボールを有効に使う強気のピッチングで主戦級として活躍。特に1979年1980年パ・リーグ2連覇にはエースとして活躍。広島東洋カープとの2度の日本シリーズでは鈴木啓示を押しのけて第1戦に先発した[3]1979年の日本シリーズでは2勝(1敗)を挙げ敢闘賞に選出された。同僚の鈴木が自らの登板時の捕手に有田修三を指名するのとは対象的に(ただし、鈴木は梨田とコンビを組んだこともある)、井本は梨田昌孝を指名していた[4]1980年には35試合登板でシーズン被本塁打が42本もあった[5]。これは2019年現在も第2位のタイ記録である[6]

その後、タレント横山エミーとの不倫問題(エミーが妊娠するなどしたため、妻帯者であった井本は妻と離婚に至る)が週刊誌の紙面を賑わすことが多くなり、心機一転の意味もあり在京チームへの移籍を希望し、1982年オフに鈴木康二朗柳原隆弘との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍する[1]。しかし、セ・リーグでは持ち球のシュートが通用せず1984年限りで現役を引退。ヤクルト移籍を前後して正式に入籍した横山エミーともスピード離婚した[1]。井本との交換トレードで近鉄に移籍した鈴木と柳原が、抑え投手と手薄な右の代打として活躍したのとは対照的だった。

引退後にKKベストセラーズから出版した著書「井本隆のプロ野球ぶったぎり」の中で、エミーと交際し始めた1981年のシーズン中はエミーとの性交渉に体力・気力を消耗し、野球どころではなかったと記している。また、近鉄時代にバッテリーを組んでいた梨田昌孝は、スピードガンの登場で本来のピッチングスタイルを崩した投手として井本の名前を挙げていた。

引退後編集

引退後は活動の拠点を東京に移し日音に入社・勤務(一時期役員待遇まで昇格歴あり)のかたわら、赤坂クラブ支配人などをしていたことを公表していたが、2007年秋より少年野球「松戸ポニー」の総監督に就任したことが明らかになった[7]

2015年1月21日、膵がんのため千葉県松戸市の病院で死去[8][9]。64歳没。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1973 近鉄 19 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 120 23.1 33 4 21 1 0 15 1 2 21 19 7.43 2.31
1974 35 6 1 0 0 2 4 2 -- .333 300 72.1 71 9 19 0 2 23 0 2 37 31 3.88 1.24
1975 16 10 2 0 1 4 1 0 -- .800 283 68.2 65 4 19 0 1 30 0 0 27 19 2.48 1.22
1976 30 20 7 0 2 6 11 3 -- .353 647 155.1 161 23 36 0 4 68 1 0 68 63 3.66 1.27
1977 31 20 8 1 2 7 9 0 -- .438 599 141.2 161 17 33 3 3 49 2 0 64 59 3.74 1.37
1978 28 24 7 1 1 9 7 0 -- .563 692 167.0 176 20 41 5 6 58 3 0 83 76 4.10 1.30
1979 33 26 9 2 1 15 4 1 -- .789 793 192.0 194 29 49 0 7 93 4 0 91 77 3.61 1.27
1980 35 28 12 1 1 15 8 1 -- .652 878 205.2 217 42 59 2 5 94 3 0 118 100 4.37 1.34
1981 20 18 4 2 0 5 9 0 -- .357 505 115.1 124 19 40 2 4 55 1 0 64 54 4.23 1.42
1982 19 16 11 1 0 11 4 0 -- .733 524 131.0 109 19 39 1 0 39 2 0 53 49 3.37 1.13
1983 ヤクルト 27 23 5 1 1 6 14 0 -- .300 628 141.2 169 30 52 4 2 65 1 1 90 86 5.46 1.56
1984 27 14 1 1 0 1 4 1 -- .200 336 76.2 93 16 24 1 3 36 2 0 45 42 4.93 1.53
通算:12年 320 205 67 10 9 81 75 8 -- .519 6305 1490.2 1573 232 432 19 37 625 20 5 761 675 4.08 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

記録編集

初記録
節目の記録
  • 1000投球回:1980年9月13日、対阪急ブレーブス後期9回戦(日生球場)、5回表1死目に達成
その他の記録

背番号編集

  • 12 (1973年 - 1982年)
  • 21 (1983年 - 1984年)

関連情報編集

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集