メインメニューを開く

1992年の読売ジャイアンツ(1992ねんのよみうりジャイアンツ)では、1992年における読売ジャイアンツの動向をまとめる。

1992年の読売ジャイアンツ
成績
セントラル・リーグ2位
67勝63敗 勝率.515[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
東京ドーム
Tokyo Dome 2007-2.jpg
球団組織
オーナー 正力亨
経営母体 読売新聞社
監督 藤田元司
« 1991
1993 »

この年の読売ジャイアンツは、2回目の藤田元司監督体制の4年目(通算7年目)のシーズンである。

目次

概要編集

前年12年ぶりにBクラスに転落し、必勝を期して迎えたシーズンだったが、4月中旬に8連敗を喫し出遅れると、5月上旬にも4連敗を2度記録、9日には大洋に大敗し最下位に転落する。4番の原辰徳が打率1割台と低迷し、エースとしての働きが期待された桑田真澄も5月までにわずか2勝、防御率4点台と期待とは程遠い数字でリリーフの要であった水野雄仁も右肘の遊離軟骨でシーズンを棒に振るなど、投打の主力の不振がそのままチームの成績に直結した。この状況の中、チームは開幕直後にロイド・モスビーを、さらに5月8日には中尾孝義との交換で西武から大久保博元を獲得する。さほど効果は期待されていなかったが、6月から大久保が正捕手に定着するとチームは急に勝ち出し、大久保が本塁打を打つとチームが勝つという不敗神話まで生まれ、原辰も5月までとは別人のように勝負強さを発揮し、チームは6月7日から10連勝を記録し、一気にAクラスに上昇する。連勝が止まった後も4連勝、1つ負けた後また7連勝を記録し、7月8日についに首位に立ち、そのまま前半を首位で折り返す。しかしチームが好調な中にあって、桑田だけは何度も連勝を止めるなど依然不振から抜け出せないでいた。それでも藤田監督は優勝のためには桑田の復活が不可欠と、後半戦の最初の先発に桑田を指名する。ところがヤクルトとの後半開幕戦で桑田が5回6失点でKOされると、チームは続く2試合も連敗、大久保の不敗神話も途絶えチームは4位に転落する。それでも大黒柱の斎藤雅樹や新守護神の石毛博史などの活躍で優勝争いに残り、9月5日にはリーグ60勝一番乗りを果たすが、その次の試合で斎藤が打球の直撃を受け降板するとそこからチームは5連敗を喫し後退、桑田が最後まで期待に応えられず、結局10月4日に優勝の可能性が消滅し最終的に阪神と同率2位でシーズンを終えた。最終戦の翌日の10月8日、藤田元司の監督退任と長嶋茂雄の監督復帰が発表された。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー[2]
1 緒方耕一
2 川相昌弘
3 篠塚利夫
4 原辰徳
5 駒田徳広
6 岡崎郁
7 ゴンザレス
8 吉原孝介
9 槙原寛己
1992年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- 阪神 -- ヤクルト --
2位 阪神 2.0 広島 0.5 阪神 2.0 阪神 1.5 巨人 2.5 ヤクルト 1.0 巨人 2.0
3位 ヤクルト 3.5 阪神 1.0 巨人 3.5 巨人 2.0 阪神 3.0 巨人 1.5 阪神
4位 中日 4.0 中日 4.0 広島 5.0 広島 3.0 広島 5.0 広島 4.0 広島 3.0
5位 巨人 5.0 巨人 9.0 中日 6.0 中日 8.0 大洋 10.5 大洋 6.0 大洋 8.0
6位 大洋 6.5 大洋 9.5 大洋 7.5 大洋 9.5 中日 15.0 中日 8.5 中日 9.0
期間
成績
8勝11敗
勝率.421
8勝15敗
勝率.348
16勝5敗
勝率.762
11勝8敗
勝率.579
14勝11敗
勝率.560
8勝11敗
勝率.421
2勝2敗
勝率.500
1992年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 69 61 1 .531 -
2位 読売ジャイアンツ 67 63 0 .515 2.0
阪神タイガース 67 63 2 .515 2.0
4位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 3.0
5位 横浜大洋ホエールズ 61 69 1 .469 8.0
6位 中日ドラゴンズ 60 70 0 .462 9.0

オールスターゲーム1992編集

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 桑田真澄 5
斎藤雅樹 3
槙原寛己 4
捕手 大久保博元
三塁手 岡崎郁 4
内野手 駒田徳広 3
外野手 原辰徳 12
  • 太字はファン投票による選出、取消線は出場辞退。

できごと編集

選手・スタッフ編集

[3]

表彰選手編集

ドラフト編集

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 松井秀喜 内野手 星稜高 入団
2位 門奈哲寛 投手 日本大学 入団
3位 西山一宇 投手 NTT四国 入団
4位 木村龍治 投手 青山学院大学 入団
5位 村田善則 捕手 佐世保実業高 入団

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ シーズン途中に篠塚利夫から改名。

出典編集

  1. ^ 年度別成績 1992年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ 『1993 ベースボール・レコード・ブック』ベースボール・マガジン社、1992年。ISBN 4-583-03036-3
  3. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 読売ジャイアンツ. 2015年11月6日閲覧。