メインメニューを開く

1995年カナダグランプリ (1995 Canadian Grand Prix) は、1995年のF1世界選手権第6戦として、1995年6月11日ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで開催された。

カナダの旗 1995年カナダグランプリ
レース詳細
Gilles Villeneuve Circuit Montreal (94-95).svg
日程 1995年シーズン第6戦
決勝開催日 1995年6月11日
開催地 ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット
カナダ モントリオール
コース長 4.430km
レース距離 69周(305.670km)
決勝日天候 曇りのち晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'27.661
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
タイム 1'29.174(Lap 67)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

シムテックが欠場したため、カナダGPはエントリー24台で行われた。

予選初日にベネトンミハエル・シューマッハが1分27秒台を記録して暫定首位を獲得。予選2日目は気温が上がり、タイム更新はならなかったものの、シューマッハが危なげなくポールポジションを奪った。これによって、ルノーエンジンはF1通算100回目のポールポジションを記録した。ウィリアムズ勢が2・3位につけたが、セッティングが決まらず苦しい展開となった。

その他、トップ10グリッドにはフェラーリマクラーレンジョーダンらのマシンが並んだ。

予選結果編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 1   ミハエル・シューマッハ ベネトンルノー 1'27.661
2 5   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 1'28.039 +0.378
3 6   デビッド・クルサード ウィリアムズルノー 1'28.091 +0.430
4 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'28.189 +0.528
5 27   ジャン・アレジ フェラーリ 1'28.474 +0.813
6 2   ジョニー・ハーバート ベネトンルノー 1'28.498 +0.837
7 8   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 1'28.910 +1.249
8 15   エディ・アーバイン ジョーダンプジョー 1'29.021 +1.360
9 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンプジョー 1'29.171 +1.510
10 7   マーク・ブランデル マクラーレンメルセデス 1'29.641 +1.980
11 26   オリビエ・パニス リジェ無限ホンダ 1'29.809 +2.148
12 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーフォード 1'30.017 +2.356
13 9   ジャンニ・モルビデリ フットワークハート 1'30.159 +2.498
14 25   マーティン・ブランドル リジェ無限ホンダ 1'30.255 +2.594
15 4   ミカ・サロ ティレルヤマハ 1'30.657 +2.996
16 3   片山右京 ティレルヤマハ 1'31.382 +3.721
17 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフォード 1'31.445 +3.784
18 29   ジャン=クリストフ・ブイヨン ザウバーフォード 1'31.838 +4.177
19 24   ルカ・バドエル ミナルディフォード 1'31.853 +4.192
20 16   ベルトラン・ガショー パシフィックフォード 1'32.841 +5.180
21 17   アンドレア・モンテルミニ パシフィックフォード 1'32.894 +5.233
22 10   井上隆智穂 フットワークハート 1'32.995 +5.334
23 22   ロベルト・モレノ フォルティフォード 1'34.000 +6.339
24 21   ペドロ・ディニス フォルティフォード 1'34.982 +7.321

決勝編集

 
ウィリアムズ・FW17を駆るデイモン・ヒル

予選2日間の好天から一転して、決勝当日は朝から雨模様となった。ウォームアップ走行では雨に強いジャン・アレジとルーベンス・バリチェロが1・2位のタイムを記録。ウィリアムズ勢はデイモン・ヒルのマシンに2度トラブルが発生し、デビッド・クルサードは2度スピンするなど依然精彩を欠いた。

決勝前に雨は止み、路面はセミウェット状態ながら全車スリックタイヤを履いてスタートを切った。上位はグリッド通りに発進したが、オープニングラップのヘアピンで5位のジョニー・ハーバートのインを狙ったミカ・ハッキネンが止まりきれず接触し、両者リタイアとなった。2周目、アレジが同僚のゲルハルト・ベルガーをかわすと、目の前でクルサードが単独スピン。アレジは間一髪で接触を回避した。

ミハエル・シューマッハは2位ヒルを引き離してトップを独走。ヒルの背後にフェラーリの2台が迫り、17周目にアレジ、26周目にベルガーがヒルをかわして2・3位に進出した。上空には日が差し、路面は完全にドライコンディションとなった。

このレースでは、各車1回のみのピットストップを予定していた。33周目に2位アレジがピットインしたが、ベルガーはガス欠でスローダウンし、何とかピットにたどり着いたものの8位まで順位を落とした。首位のシューマッハは37周目にピットインし、アレジに25秒以上の差を保ったままレースに復帰した。

51周目、3位を単独走行していたヒルのマシンに油圧系のトラブルが発生し、ホームストレート上でストップ、ヒルは怒りを露わにしながらマシンを降りた。これでジョーダン勢のバリチェロとエディ・アーバインが3・4位に浮上する。レースはこのままシューマッハのポール・トゥ・ウィンで終わるかと思われたが、57周目に突然スローダウン。電気系トラブルのためギアが3速にスタックし、ピットでステアリングを交換してレースに復帰したが、入賞圏外の7位まで後退する。

 
フェラーリ・412T2を駆るジャン・アレジ

これでアレジがトップに立ち、69周目のチェッカーフラッグを受けて、悲願の初優勝を達成した。1989年のF1デビューから7年、出走91戦目[1]での初勝利は、アレジの31歳の誕生日に実現した。カナダの英雄ジル・ヴィルヌーヴゆかりの「カーナンバー27」を付けたフェラーリドライバーの勝利を、会場の観客たちも祝福した。

アレジに続いてジョーダンの2台がチーム創設以来初めてのダブル表彰台を獲得。3位のアーバインは初表彰台となった。レース終盤、マーティン・ブランドルとベルガーが5位を争っていたが、ハーバートとハッキネンのケースと同様に、接触して共倒れになった。マシンが復調したシューマッハはファステストラップを連発し、4位のパニスを0.5秒差まで追い上げて5位でフィニッシュした。6位のジャンニ・モルビデリは今季初ポイントを獲得した。

なお、チェッカー後に観客がコースに侵入したため、最終順位は1周前の68周終了時点で確定した。ファイナルラップ中に観客を避けるため減速したサロがバドエルに抜かれてしまったが、公式結果では7位サロ、8位バドエルに訂正された。

ウィイニングラン中にアレジのマシンはエンジンが止まり、コース途中でストップした。そこへ通りかかったシューマッハが「タクシー役」を買って出て、アレジはベネトンのマシンにまたがり、手を振りながらピットへ凱旋した。この勝利でフェラーリはコンストラクターズランキング首位に立ち、通算優勝回数(105勝)でもマクラーレンを抜いて再び単独首位となった。

決勝結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 27   ジャン・アレジ フェラーリ 68 1:44:54.171 5 10
2 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンプジョー 68 +31.687 9 6
3 15   エディ・アーバイン ジョーダンプジョー 68 +33.270 8 4
4 26   オリビエ・パニス リジェ無限ホンダ 68 +36.506 11 3
5 1   ミハエル・シューマッハ ベネトンルノー 68 +37.060 1 2
6 9   ジャンニ・モルビデリ フットワークハート 67 +1 Lap 13 1
7 4   ミカ・サロ ティレルヤマハ 67 +1 Lap 15  
8 24   ルカ・バドエル ミナルディフォード 67 +1 Lap 19  
9 10   井上隆智穂 フットワークハート 66 +2 Laps 22  
10 25   マーティン・ブランドル リジェ無限ホンダ 61 接触 14  
11 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 61 接触 4  
Ret 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフォード 60 スロットル 17  
Ret 22   ロベルト・モレノ フォルティフォード 54 燃料システム 23  
Ret 5   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 50 ギアボックス 2  
Ret 7   マーク・ブランデル マクラーレンメルセデス 47 エンジン 10  
Ret 3   片山右京 ティレルヤマハ 42 エンジン 16  
Ret 16   ベルトラン・ガショー パシフィックフォード 36 バッテリー 20  
Ret 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーフォード 26 エンジン 12  
Ret 21   ペドロ・ディニス フォルティフォード 26 ギアボックス 24  
Ret 29   ジャン=クリストフ・ブイヨン ザウバーフォード 19 スピン 18  
Ret 17   アンドレア・モンテルミニ パシフィックフォード 5 ギアボックス 21  
Ret 6   デビッド・クルサード ウィリアムズルノー 1 スピン 3  
Ret 2   ジョニー・ハーバート ベネトンルノー 0 接触 6  
Ret 8   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 0 接触 7  

ランキング編集

  • ランキングは上位5者まで記載

脚注編集

注釈編集

  1. ^ エントリーとしては92戦目だが、1990年日本GPでの負傷による決勝辞退 (DNS) は出走回数に含まれない。

出典編集

前戦
1995年モナコグランプリ
FIA F1世界選手権
1995年シーズン
次戦
1995年フランスグランプリ
前回開催
1994年カナダグランプリ
  カナダグランプリ次回開催
1996年カナダグランプリ