メインメニューを開く
1995年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1994 翌年: 1996
一覧: 開催国 | 開催レース

1995年のF1世界選手権は、FIAF1世界選手権の第46回大会である。1995年3月26日ブラジルで開幕し、11月12日オーストラリアで開催される最終戦まで、全17戦で争われた。

目次

概要編集

レギュレーション変更編集

前年から引き続き、安全面を考慮したレギュレーション改正が行われた。スピード抑制のためエンジン排気量を3,500ccから3,000ccへ削減。車体底面のダウンフォース発生効率を下げるため、車体底面の中央部分と両脇部分に50mmの段差を設けるステップド・ボトム規定が導入された。また、クラッシュ時のドライバー保護のため、コクピット周辺の寸法や耐衝撃強度も規定された。

ルノーエンジンの圧勝編集

ベネトンがセカンドチームのリジェからルノーエンジンの使用権を獲得。選手権を争うウィリアムズとベネトンが同一エンジンを搭載することになり、チーム力やドライバーの能力が比較されることになった。

結果、ルノー搭載車4台が17戦中16勝(表彰台1~3位独占3回)。コンストラクターズではベネトン・ルノー、ウィリアムズ・ルノーが1、2位。ドライバーズでも上位1~4位を独占するなど、ルノーエンジンの強さを証明する形となった。

シューマッハの汚名返上編集

前年の最終戦、デイモン・ヒルとの相討ち決着で物議を醸したミハエル・シューマッハは、1992年のナイジェル・マンセルに並ぶシーズン9勝(1992年は年間16戦)を記録し、ドライバーズタイトルを連覇した。ポールポジション数ではウィリアムズ勢の12回に対しシューマッハは4回ながら、ピットストップの回数やタイミングの妙で逆転する勝ちパターンを確立。シューマッハ人気に沸く地元ドイツで開催されたドイツGPヨーロッパGPの2レースとも勝利した。

対するヒルは首位走行中のリタイアなどマシンの信頼性に泣き、レース戦略でも後手を踏んだ場面も多かった。またドライビングミスでレースを失う事も度々あり、チームメイトのデビッド・クルサードの勢いに押される場面もあった。クルサードは4連続ポールポジションを獲得し、ポルトガルGPで初優勝したが、つまらないミスを犯すことも度々あった。

この年もシューマッハとヒルの因縁は続き、フランスGPではヒルがブレーキテスト(後続車の前で故意にスピードを落とす)をしたとシューマッハが非難。イギリスGPでは前年最終戦と同様に、インを突くヒルとアウトからかぶせたシューマッハが絡んで両者リタイア。ベルギーGPではシューマッハが予選16番手から優勝したが、ヒルへのブロックが危険とみなされ執行猶予付きの1戦出場停止処分を受けた。イタリアGPではヒルがシューマッハに追突し、マシンを降りたシューマッハがヒルに抗議。この件ではヒルが執行猶予付きの1戦出場停止処分となった。ヨーロッパGPでは両者レースに影響するダメージは無かったものの、後ろを走るヒルがぬれた路面にスリップしてブレーキングをミスし、前を走るシューマッハに突っ込み軽く追突する場面も有った。

ジョニー・ハーバートはヒルとシューマッハが共倒れとなった2戦を制し、地元イギリスGPで初優勝を達成した。ベネトンのコンストラクターズ初タイトルに貢献したが、シューマッハを優遇するチーム体制に苦しみ、チーム批判を行った末にこの年限りで離脱した。

名門チームの明暗編集

ルノー勢の全勝を阻んだのはフェラーリジャン・アレジだった。カナダGPでの1勝は参戦92戦目での初優勝であり、結果的に唯一の勝利となった。フェラーリ勢は表彰台圏内に食い込み、ベルギーGP予選ではフロントローを独占。地元イタリアGPでは終盤までワンツー走行するなど、名門チームの復調を印象付けた。しかし、翌年のシューマッハ加入が決まったため、アレジとゲルハルト・ベルガーはベネトンへ移籍することになる。

マクラーレンは新たにメルセデスエンジンと提携し、ロン・デニスと犬猿の仲といわれたナイジェル・マンセルが加入するなどシーズン前に話題を集めた。しかし、マンセルはコクピットの狭さを理由に欠場した後、スペインGPを最後に事実上引退。センターウイングが売りのMP4/10の戦闘力も低く、オーストラリアGP予選でミカ・ハッキネンが重傷を負うなど、依然として不振のシーズンとなった。

トピック編集

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   ブラジルグランプリ 3月26日 インテルラゴス   デイモン・ヒル   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-ルノー 詳細
2   アルゼンチングランプリ 4月9日 ブエノスアイレス   デビッド・クルサード   ミハエル・シューマッハ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
3   サンマリノグランプリ 4月30日 イモラ   ミハエル・シューマッハ   ゲルハルト・ベルガー   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
4   スペイングランプリ 5月14日 バルセロナ   ミハエル・シューマッハ   デイモン・ヒル   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-ルノー 詳細
5   モナコグランプリ 5月28日 モナコ   デイモン・ヒル   ジャン・アレジ   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-ルノー 詳細
6   カナダグランプリ 6月11日 モントリオール   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ジャン・アレジ   フェラーリ 詳細
7   フランスグランプリ 7月2日 マニクール   デイモン・ヒル   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-ルノー 詳細
8   イギリスグランプリ 7月16日 シルバーストン   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ジョニー・ハーバート   ベネトン-ルノー 詳細
9   ドイツグランプリ 7月30日 ホッケンハイムリンク   デイモン・ヒル   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-ルノー 詳細
10   ハンガリーグランプリ 8月13日 ハンガロリンク   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
11   ベルギーグランプリ 8月27日 スパ・フランコルシャン   ゲルハルト・ベルガー   デビッド・クルサード   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-ルノー 詳細
12   イタリアグランプリ 9月10日 モンツァ   デビッド・クルサード   ゲルハルト・ベルガー   ジョニー・ハーバート   ベネトン-ルノー 詳細
13   ポルトガルグランプリ 9月24日 エストリル   デビッド・クルサード   デビッド・クルサード   デビッド・クルサード   ウィリアムズ-ルノー 詳細
14   ヨーロッパグランプリ 10月1日 ニュルブルクリンク   デビッド・クルサード   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-ルノー 詳細
15   パシフィックグランプリ 10月22日 英田   デビッド・クルサード   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-ルノー 詳細
16   日本グランプリ 10月29日 鈴鹿   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-ルノー 詳細
17   オーストラリアグランプリ 11月12日 アデレード   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細

備考編集

当初4月に第2戦として予定されていたパシフィックグランプリは、同年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の影響を受け、第15戦へ変更された。その結果、鈴鹿サーキットでの第16戦日本グランプリとあわせて、1国2週連続開催となった。

エントリーリスト編集

[1]

エントラント コンストラクタ マシン エンジン タイヤ ドライバー
 マイルドセブン・ベネトン・ルノー ベネトン B195 ルノーRS7 (V10) G 1. ミハエル・シューマッハ
2. ジョニー・ハーバート
 ノキア・ティレル・ヤマハ ティレル 023 ヤマハOX10C (V10) G 3. 片山右京
(3.) ガブリエル・タルキーニ
4. ミカ・サロ
 ロスマンズ・ウィリアムズ・ルノー ウィリアムズ FW17
FW17B
ルノーRS7 (V10) G 5. デイモン・ヒル
6. デビッド・クルサード
 マールボロ・マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4/10
MP4/10B
MP4/10C
メルセデスFO110 (V10) G 7. ナイジェル・マンセル
(7.) マーク・ブランデル
8. ミカ・ハッキネン
(8.) ヤン・マグヌッセン
 フットワーク・ハート フットワーク FA16 ハート830 (V8) G 9. ジャンニ・モルビデッリ
(9.) マッシミリアーノ・パピス
10. 井上隆智穂
 MTV・シムテック・フォード シムテック S951 フォードED (V8) G 11. ドメニコ・スキャッタレーラ
12. ヨス・フェルスタッペン
 トタル・ジョーダン・プジョー ジョーダン 195 プジョーA10EV2 (V10) G 14. ルーベンス・バリチェロ
15. エディ・アーバイン
 パシフィック・チーム・ロータス パシフィック PR02 フォードED (V8) G 16. ベルトラン・ガショー
(16.) ジョバンニ・ラバッジ
(16.) ジャン=デニス・ドゥレトラーズ
17. アンドレア・モンテルミーニ
 パルマラット・フォルティ・フォード フォルティ FG01 フォードED (V8) G 21. ペドロ・ディニス
22. ロベルト・モレノ
 ミナルディ・スクーデリア・イタリア ミナルディ M195 フォードEDM (V8) G 23. ピエルルイジ・マルティニ
(23.) ペドロ・ラミー
24. ルカ・バドエル
 リジェ・ジタン・ブロンド リジェ JS41 無限MF301H (V10) G 25. 鈴木亜久里
(25.) マーティン・ブランドル
26. オリビエ・パニス
 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 412T2 フェラーリTipo044/1 (V12) G 27. ジャン・アレジ
28. ゲルハルト・ベルガー
 レッドブル・ザウバー・フォード ザウバー C14 フォードZETEC-R (V8) G 29. カール・ヴェンドリンガー
(29.) ジャン=クリストフ・ブイヨン
30. ハインツ=ハラルド・フレンツェン
  • ラルースはエントリーしていたが、参戦せず。(カーナンバーはNo.19とNo.20)

ドライバー変更編集

  • ティレルのNo.3は、第14戦にタルキーニがドライブ。
  • マクラーレンのNo.7は、第3,4戦のみマンセルがドライブ。
  • マクラーレンのNo.8は、第15戦にマグヌッセンがドライブ。
  • フットワークのNo.9は、第8戦以降パピスが、第15戦以降モルビデッリがドライブ。
  • パシフィックのNo.16は、第11,12戦はラバッジが、第13,14戦はドゥレトラーズがドライブ。
  • ミナルディのNo.23は、第10戦以降ラミーがドライブ。
  • リジェのNo.25は、第4戦から第8戦、第10戦から第14戦、第17戦はブランドルがドライブ。
  • ザウバーのNo.29は、第5戦から第15戦はブイヨンがドライブ。

1995年のドライバーズランキング編集

[2]

順位 ドライバー BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
EUR
 
PAC
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
1   ミハエル・シューマッハ 1 3 Ret 1 1 5 1 Ret 1 11 1 Ret 2 1 1 1 Ret 102
2   デイモン・ヒル Ret 1 1 4 2 Ret 2 Ret Ret 1 2 Ret 3 Ret 3 Ret 1 69
3   デビッド・クルサード 2 Ret 4 Ret Ret Ret 3 3 2 2 Ret Ret 1 3 2 Ret Ret 49
4   ジョニー・ハーバート Ret 4 7 2 4 Ret Ret 1 4 4 7 1 7 5 6 3 Ret 45
5   ジャン・アレジ 5 2 2 Ret Ret 1 5 2 Ret Ret Ret Ret 5 2 5 Ret Ret 42
6   ゲルハルト・ベルガー 3 6 3 3 3 11 12 Ret 3 3 Ret Ret 4 Ret 4 Ret Ret 31
7   ミカ・ハッキネン 4 Ret 5 Ret Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret 2 Ret 8 2 DNS 17
8   オリビエ・パニス Ret 7 9 6 Ret 4 8 4 Ret 6 9 Ret Ret Ret 8 5 2 16
9   ハインツ=ハラルド・フレンツェン Ret 5 6 8 6 Ret 10 6 Ret 5 4 3 6 Ret 7 8 Ret 15
10   マーク・ブランデル 6 Ret 5 Ret 11 5 Ret Ret 5 4 9 Ret 9 7 4 13
11   ルーベンス・バリチェロ Ret Ret Ret 7 Ret 2 6 11 Ret 7 6 Ret 11 4 Ret Ret Ret 11
12   エディ・アーバイン Ret Ret 8 5 Ret 3 9 Ret 9 13 Ret Ret 10 6 11 4 Ret 10
13   マーティン・ブランドル 9 Ret 10 4 Ret Ret 3 Ret 8 7 Ret 7
14   ジャンニ・モルビデリ Ret Ret 13 11 9 6 14 Ret Ret 3 5
15   ミカ・サロ 7 Ret Ret 10 Ret 7 15 8 Ret Ret 8 5 13 10 12 6 5 5
16   ジャン=クリストフ・ブイヨン 8 Ret Ret 9 5 10 11 6 12 Ret Ret 3
17   鈴木亜久里 8 Ret 11 6 Ret DNS 1
18   ペドロ・ラミー 9 10 Ret Ret 9 13 11 6 1
-   ピエルルイジ・マルティニ Ret Ret 12 14 7 Ret Ret 7 Ret 0
-   片山右京 Ret 8 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 7 Ret Ret 10 Ret 14 Ret Ret 0
-   ペドロ・ディニス 10 NC 15 Ret 10 Ret Ret Ret Ret Ret 13 9 16 13 17 Ret 7 0
-   マッシミリアーノ・パピス Ret Ret Ret Ret 7 Ret 12 0
-   ルカ・バドエル Ret DNS 14 Ret Ret 8 13 10 Ret 8 Ret Ret 14 11 15 9 DNS 0
-   井上隆智穂 Ret Ret Ret Ret Ret 9 Ret Ret Ret Ret 12 8 15 Ret Ret 12 Ret 0
-   アンドレア・モンテルミーニ 9 Ret Ret DNS DSQ Ret NC Ret 8 12 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 0
-   ベルトラン・ガショー Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret 8 0
-   ドメニコ・スキャッタレーラ Ret 9 Ret 15 DNS 0
-   カール・ヴェンドリンガー Ret Ret Ret 13 10 Ret 0
-   ナイジェル・マンセル 10 Ret 0
-   ヤン・マグヌッセン 10 0
-   ヨス・フェルスタッペン Ret Ret Ret 12 DNS 0
-   ロベルト・モレノ Ret NC 16 Ret Ret Ret 16 Ret Ret Ret 14 Ret 17 Ret 16 Ret Ret 0
-   ガブリエル・タルキーニ 14 0
-   ジャン=デニス・ドゥレトラーズ Ret 15 0
-   ジョバンニ・ラバッジ Ret Ret Ret Ret 0
順位 ドライバー BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
EUR
 
PAC
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

リタイアしたがレース距離の90%以上を走行していたため完走扱い

1995年のコンストラクターズランキング編集

 
1995年のコンストラクターズ・タイトルはベネトン・ルノーが獲得した
 
ウィリアムズ・ルノーは2位となった
 
3位:フェラーリ
 
4位:マクラーレン
 
5位:リジェ・無限ホンダ


順位 コンストラクター 車番 BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
EUR
 
PAC
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
1   ベネトン-ルノー 1 1 3 Ret 1 1 5 1 Ret 1 11 1 Ret 2 1 1 1 Ret 137
2 Ret 4 7 2 4 Ret Ret 1 4 4 7 1 7 5 6 3 Ret
2   ウィリアムズ-ルノー 5 Ret 1 1 4 2 Ret 2 Ret Ret 1 2 Ret 3 Ret 3 Ret 1 112
6 2 Ret 4 Ret Ret Ret 3 3 2 2 Ret Ret 1 3 2 Ret Ret
3   フェラーリ 27 5 2 2 Ret Ret 1 5 2 Ret Ret Ret Ret 5 2 5 Ret Ret 73
28 3 6 3 3 3 11 12 Ret 3 3 Ret Ret 4 Ret 4 Ret Ret
4   マクラーレン-メルセデス 7 4 Ret 5 Ret Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret 2 Ret 8 10 2 DNS 30
8 6 Ret 10 Ret 5 Ret 11 5 Ret Ret 5 4 9 Ret 9 7 4
5   リジェ-無限ホンダ 25 8 Ret 11 9 Ret 10 4 Ret 6 Ret 3 Ret 8 7 Ret DNS Ret 24
26 Ret 7 9 6 Ret 4 8 4 Ret 6 9 Ret Ret Ret 8 5 2
6   ジョーダン-プジョー 14 Ret Ret Ret 7 Ret 2 6 11 Ret 7 6 Ret 11 4 Ret Ret Ret 21
15 Ret Ret 8 5 Ret 3 9 Ret 9 13 Ret Ret 10 6 11 4 Ret
7   ザウバー-フォード 29 Ret Ret Ret 13 8 Ret Ret 9 5 10 11 6 12 Ret Ret 10 Ret 18
30 Ret 5 6 8 6 Ret 10 6 Ret 5 4 3 6 Ret 7 8 Ret
8   フットワーク-ハート 9 Ret Ret 13 11 9 6 14 Ret Ret Ret Ret 7 Ret 12 Ret Ret 3 5
10 Ret Ret Ret Ret Ret 9 Ret Ret Ret Ret 12 8 15 Ret Ret 12 Ret
9   ティレル-ヤマハ 3 Ret 8 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 7 Ret Ret 10 Ret 14 14 Ret Ret 5
4 7 Ret Ret 10 Ret 7 15 8 Ret Ret 8 5 13 10 12 6 5
10   ミナルディ-フォード 23 Ret Ret 12 14 7 Ret Ret 7 Ret 9 10 Ret Ret 9 13 11 6 1
24 Ret DNS 14 Ret Ret 8 13 10 Ret 8 Ret Ret 14 11 15 9 DNS
-   フォルティ-フォード 21 10 NC 15 Ret 10 Ret Ret Ret Ret Ret 13 9 16 13 17 Ret 7 0
22 Ret NC 16 Ret Ret Ret 16 Ret Ret Ret 14 Ret 17 Ret 16 Ret Ret
-   パシフィック-フォード 16 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret Ret Ret Ret 15 Ret Ret 8 0
17 9 Ret Ret DNS DSQ Ret NC Ret 8 12 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret
-   シムテック-フォード 11 Ret Ret Ret 12 DNS 0
12 Ret 9 Ret 15 DNS
順位 コンストラクター 車番 BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
EUR
 
PAC
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
  • ベネトン・ルノーおよびウィリアムズ・ルノーはブラジルグランプリにおいて燃料規定違反を犯し、同GPでのポイントは無効とされた。
  • シムテックは第5戦モナコGPを最後に撤退。

参考編集

  1. ^ 英語版ウィキペディアの記事
  2. ^ GIRO監修 『F1全史 1991 - 1995 第6集』 ニューズ出版、1996年、106-111頁、ISBN 978-4-938495-07-7

外部リンク編集