メインメニューを開く

2002年カナダグランプリ (XL Grand Prix Air Canada) は、2002年F1世界選手権の第8戦として、2002年6月9日にジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで開催された。

カナダの旗 2002年カナダグランプリ
レース詳細
2002年F1世界選手権全17戦の第8戦
Circuit Montreal.png
日程 2002年シーズン
決勝開催日 6月9日
正式名称 XL Grand Prix Air Canada
開催地 ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット
カナダ モントリオール
コース Street circuit
コース長 4.361
レース距離 305.27
決勝日天候 Clear
ポールポジション
ドライバー ウィリアムズ-BMW
タイム 1:12.836
ファステストラップ
ドライバー コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW
タイム 1:15.960
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 マクラーレン-メルセデス
3位 フェラーリ

ミハエル・シューマッハはシーズンを十分にリードしていたものの、このレースの予選ではファン・パブロ・モントーヤがポールポジションを獲得し、戦闘力が向上してきたウィリアムズ勢に脅かされつつあった。決勝ではモントーヤがエンジントラブルのためリタイアし、ウィリアムズにとってはマシンの信頼性確保が課題となった。

ルーベンス・バリチェロには十分な優勝の可能性があったものの、ジャック・ヴィルヌーヴがエンジントラブルのため危険な場所に停止したために、セーフティーカーが導入されたことで勝利をあきらめざるを得なかった。

デビッド・クルサードはレース終盤、バリチェロの猛追を受けながら2位を死守した。


目次

決勝編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 70 1:33:36.111 2 10
2 3   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 70 +1.132 8 6
3 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 70 +7.082 3 4
4 4   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 70 +37.563 5 3
5 9   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダン-ホンダ 70 +42.812 6 2
6 14   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 70 +48.947 10 1
7 5   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 70 +51.518 4  
8 12   オリビエ・パニス BAR-ホンダ 69 +1 Lap 11  
9 8   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 69 +1 Lap 12  
10 10   佐藤琢磨 ジョーダン-ホンダ 69 +1 Lap 15  
11 23   マーク・ウェバー ミナルディ-アジアテック 69 +1 Lap 21  
12 7   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 69 +1 Lap 7  
13 20   ハインツ=ハラルド・フレンツェン アロウズ-コスワース 69 +1 Lap 19  
14 22   アレックス・ユーン ミナルディ-アジアテック 68 +2 Laps 22  
15 15   ジェンソン・バトン ルノー 65 ギアボックス 13  
リタイア 6   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 56 エンジン 1  
リタイア 25   アラン・マクニッシュ トヨタ 45 スピン 20  
リタイア 16   エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 41 オーバーヒート 14  
リタイア 24   ミカ・サロ トヨタ 41 ブレーキ 18  
リタイア 17   ペドロ・デ・ラ・ロサ ジャガー-コスワース 29 ギアボックス 16  
リタイア 21   エンリケ・ベルノルディ アロウズ-コスワース 16 サスペンション 17  
リタイア 11   ジャック・ヴィルヌーヴ BAR-ホンダ 8 エンジン 9  

編集

  • このレースはフェラーリのF1における150勝目となった。
  • このレースはアメリカ合衆国においてABCスポーツが中継した4戦の内の2番目のレースであった。他の3戦はモナコ、イタリア、アメリカグランプリであった。

第8戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

外部リンク編集