2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表

2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表(2006 - だいひょう)は、2006年3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第1回大会に出場したベネズエラ代表である。MLBニューヨーク・ヤンキース傘下Adv-A級のタンパ・ヤンキースでコーチを務めるルイス・ソーホーが、代表監督としてチームを率いた。

経緯編集

ヨハン・サンタナフレディ・ガルシアカルロス・ザンブラーノフランシスコ・ロドリゲスなどを擁する投手陣は、ソーホー監督自ら世界有数と認めるほど強力なものだった[1]。しかし、2次リーグでキューバドミニカ共和国に敗れ敗退した。チーム打率が.186と貧打(2次リーグ進出8チームの中で最低)で、さらに主砲のボビー・アブレイユミゲル・カブレラが2次リーグ以降スランプに陥ったのが響いた。

最終成績編集

1次リーグ敗退(大会通算成績:3勝3敗)

1次リーグ編集

POOL D を2勝1敗で2位通過。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  ドミニカ共和国(1勝) 0 2 0 0 4 0 0 0 5 11 13 1
  ベネズエラ(1敗) 0 0 0 1 2 1 1 0 0 5 10 1
バートロ・コローン(1勝) ヨハン・サンタナ(1敗)
本塁打:[ドミニカ共和国] デビッド・オルティーズ1号(ソロ、ヨハン・サンタナ) 2号(2ラン、ホルヘ・フリオ) エイドリアン・ベルトレ1号(3ラン、カルロス・ザンブラーノ) 2号(2ラン、ホルヘ・フリオ) [ベネズエラ] ミゲル・カブレラ1号(2ラン、ミゲル・バティスタ) エドガルド・アルフォンゾ1号(ソロ、ミゲル・バティスタ
ベネズエラ投手陣がデビッド・オルティーズエイドリアン・ベルトレに2本塁打ずつを浴びるなどドミニカ共和国打線を抑えられずに計11失点。ベネズエラ打線もミゲル・カブレラの本塁打などで追い上げたが、追いつくには至らず。ベネズエラはWBC初戦を落とした。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  イタリア(1勝1敗) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1
  ベネズエラ(1勝1敗) 1 0 1 1 1 0 2 0 X 6 9 2
フレディ・ガルシア(1勝) レニー・ディナルド(1敗)
本塁打:[ベネズエラ] ミゲル・カブレラ2号(ソロ、ケイシー・オレンバーガー
先発フレディ・ガルシアが3回1/3を無失点に抑えると、続くカルロス・シルバラファエル・ベタンコートフランシスコ・ロドリゲスもイタリアに得点を許さず。打線もミゲル・カブレラの先制適時打やソロ本塁打などで小刻みに得点をあげ、6-0で大会初勝利をあげた。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  ベネズエラ(2勝1敗) 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 4 0
  オーストラリア(2敗) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
ケルビム・エスコバー(1勝) Sフランシスコ・ロドリゲス(1S) フィル・ブラシントン(1敗)
本塁打:[ベネズエラ] ラモン・ヘルナンデス1号(ソロ、フィル・ブラシントン
ベネズエラ投手陣がオーストラリア打線を1安打完封。打線も2回にラモン・ヘルナンデスのソロ本塁打で先制すると、6回には押し出し四球で追加点をあげ、逃げ切った。この勝利でベネズエラの2次リーグ進出が決定した。

2次リーグ編集

POOL 2 で1勝2敗の3位に終わり敗退。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  キューバ(1勝) 0 1 0 0 0 5 1 0 0 7 10 1
  ベネズエラ(1敗) 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 5 0
ヤデル・マルティ(1勝2S) Sペドロ・ラソ(1S) ヨハン・サンタナ(2敗)
本塁打:[キューバ] フレデリク・セペダ1号(3ラン、ジョバンニ・カラーラ) アリエル・ペスタノ1号(ソロ、ジョバンニ・カラーラ) [ベネズエラ] エンディ・チャベス1号(2ラン、ペドロ・ラソ
ベネズエラ先発のヨハン・サンタナが5回を1失点に抑えた。しかし6回から登板の2番手ジョバンニ・カラーラフレデリク・セペダアリエル・ペスタノに連続本塁打を浴びるなど5失点を喫する乱調。ベネズエラは2次リーグ黒星スタートとなった。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  ベネズエラ(1勝1敗) 0 0 0 0 2 0 0 4 0 6 6 2
  プエルトリコ(1勝1敗) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
カルロス・ザンブラーノ(1勝) ジョエル・ピネイロ(1敗)
本塁打:[ベネズエラ] エンディ・チャベス2号(2ラン、ジョエル・ピネイロ) ビクター・マルティネス1号(満塁、イバン・マルドナド
ベネズエラは4回、エンディ・チャベスが2点本塁打を放ち先制すると、8回にはビクター・マルティネスが満塁本塁打を放ち4点を追加する。投手陣も先発カルロス・ザンブラーノから抑えのフランシスコ・ロドリゲスまで計7人のリレーでプエルトリコ打線を完封した。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  ベネズエラ(1勝2敗) 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 1 1
  ドミニカ共和国(2勝1敗) 1 0 0 0 0 0 1 0 X 2 6 1
ミゲル・バティスタ(1勝) Sデュアネル・サンチェス(1S) ケルビム・エスコバー(1勝1敗)
両者にとって勝ったら準決勝進出、負けたら2次リーグ敗退となる試合。初回に1点を先制されたベネズエラは、6回表に一死二、三塁からボビー・アブレイユの三塁ゴロの間に三塁走者が生還し同点に追いつく。しかし7回裏に二死満塁のピンチを招くと、捕手ラモン・ヘルナンデスがパスボール。これが決勝点となりドミニカ共和国が勝利した。ベネズエラは2次リーグ敗退が決まった。

代表選手編集

以下が代表選手であり[2]、所属は同大会期間中のものとする。

ポジション 背番号 氏名 英語表記 所属球団 備考
監督 ルイス・ソーホー Luis Sojo
コーチ デーブ・コンセプシオン Dave Concepcion
オスカー・エスコバー Oscar Escobar
ロベルト・エスピノーザ Robert Espinoza
オマー・マラベ Omar Malave
ルイス・サラザー Luis Salazar
投手 15 ビクトル・モレノ Víctor Moreno   オークランド・アスレチックス傘下
23 リカルド・パルマ Ricardo Palma   ティグレス・デ・アラグア
27 カルロス・ヘルナンデス Carlos Hernandez   ヒューストン・アストロズ傘下
28 ジョバンニ・カラーラ Giovanni Carrara   ロサンゼルス・ドジャース
29 ホルヘ・フリオ Jorge Julio   ニューヨーク・メッツ
31 ビクター・ザンブラーノ Victor Zambrano   ニューヨーク・メッツ
34 フレディ・ガルシア Freddy Garcia   シカゴ・ホワイトソックス
36 トニー・アーマス・ジュニア Tony Armas, Jr.   ワシントン・ナショナルズ
37 フランシスコ・ロドリゲス Francisco Rodriguez   ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム
38 カルロス・ザンブラーノ Carlos Zambrano   シカゴ・カブス
39 グスタボ・チャシーン Gustavo Chacin   トロント・ブルージェイズ
45 ケルビム・エスコバー Kelvim Escobar   ロサンゼルス・エンゼルス
52 カルロス・シルバ Carlos Silva  ミネソタ・ツインズ
57 ヨハン・サンタナ Johan Santana   ミネソタ・ツインズ
63 ラファエル・ベタンコート Rafael Betancourt   クリーブランド・インディアンス
捕手 19 ラモン・ヘルナンデス Ramon Hernandez   ボルチモア・オリオールズ
21 ヘンリー・ブランコ Henry Blanco   シカゴ・カブス
41 ビクター・マルティネス Victor Martinez   クリーブランド・インディアンス
内野手 1 トマス・ペレス Tomas Perez   フィラデルフィア・フィリーズ
2 カルロス・ギーエン Carlos Guillen   デトロイト・タイガース
9 エドガルド・アルフォンゾ Edgardo Alfonzo   ロサンゼルス・エンゼルス
12 マルコ・スクータロ Marco Scutaro   オークランド・アスレチックス
13 オマー・ビスケル Omar Vizquel   サンフランシスコ・ジャイアンツ
24 ミゲル・カブレラ Miguel Cabrera   フロリダ・マーリンズ
外野手 20 フアン・リベラ Juan Rivera   ロサンゼルス・エンゼルス
30 マグリオ・オルドニェス Magglio Ordónez   デトロイト・タイガース
47 エンディ・チャベス Endy Chavez   ニューヨーク・メッツ傘下
51 ロベルト・ペレス Robert Perez   カルデナーレス・デ・ラーラ
53 ボビー・アブレイユ Bobby Abreu  フィラデルフィア・フィリーズ
56 トニー・アルバレス Tony Alvarez   ボルチモア・オリオールズ傘下

エピソード編集

珍プレー

2次リーグ初戦のキューバ戦、0-2で迎えた6回表一死一塁の場面で、遊撃手のオマー・ビスケルオスマニー・ウルティアの打球を処理しようとするもユニフォームの中に入れてしまうという珍事が起こった。これが影響したのか、次打者ヨアンディ・ガルロボのセカンドゴロも二塁手エドガルド・アルフォンゾとの連携が上手く行かずに一死しか取れず、結果的にフレデリク・セペダの決勝3点本塁打を招いてしまった。

参考文献編集

  1. ^ 月刊メジャー・リーグ3月号増刊 アサヒスーパードライ プレゼンツ 2006 WORLD BASEBALL CLASSIC アジアラウンド 公式プログラム』、ベースボール・マガジン社、2006年、雑誌08626-3、62-63頁。
  2. ^ 2006 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月3日閲覧 [リンク切れ]

関連項目編集