ビクター・マルティネス

ベネズエラの野球選手 (1978 - )
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ビクトル・マルティネス

ビクター・ヘスス・マルティネスVíctor Jesús Martínez, 1978年12月23日 - )は、ベネズエラ共和国ボリバル州シウダ・ボリバル出身の元プロ野球選手捕手一塁手指名打者)。右投両打。愛称は「V-Mart(ヴィー・マート)」、パピーチョ[1]

ビクター・マルティネス
Víctor Martínez
Victor Martinez (15238295277).jpg
デトロイト・タイガースでの現役時代
(2014年10月2日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ボリバル州シウダ・ボリバル
生年月日 (1978-12-23) 1978年12月23日(44歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 捕手一塁手指名打者
プロ入り 1996年 アマチュアFA
初出場 2002年9月10日
最終出場 2018年9月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ
WBC 2006年2017年

経歴編集

プロ入りとインディアンス時代編集

1996年7月15日にクリーブランド・インディアンスと契約してプロ入り。1998年までベネズエラでプレーした。

1999年にはアメリカ本土へ渡り、A-級マホーニングバレー・スクラッパーズでプレー。64試合に出場して打率.277、4本塁打、36打点を記録した。

2000年はA級コロンバス・レッドスティックスとA+級キンストン・インディアンスでプレー。A+級キンストンでは26試合に出場して打率.217、8打点を記録した。

2001年はA+級キンストンでプレーし、114試合に出場して打率.329、10本塁打、57打点を記録した。

2002年3月17日にAA級アクロン・エアロズへ異動となり、そのまま開幕を迎えた。AA級アクロンでは121試合に出場して打率.336、22本塁打、85打点を記録した。9月9日にメジャーへ昇格し、翌10日のトロント・ブルージェイズ戦でデビューした。「7番・捕手」で先発起用され、4打数1安打、2打点だった。昇格後は12試合に出場して打率.281、1本塁打、5打点を記録した。シーズン終了後、インディアンス傘下の最優秀マイナー選手とイースタンリーグ最優秀選手に選出された[2]

2003年は前年オフに正捕手のアイナー・ディアス英語版テキサス・レンジャーズへ移籍したため、ジョシュ・バードと正捕手を争うことになった。球団はバードではなくマルティネスが近い将来、背負って立つ存在になるとみていた[3]が、開幕捕手はバードが獲得し、マルティネスは3月17日にAAA級バッファロー・バイソンズへ異動となり、そのまま開幕を迎えた。打率.228と不調だったバードに代わって、6月27日にメジャーへ昇格し、正捕手の座を獲得したが、8月9日に右足首の故障で15日間の故障者リスト入りした。9月2日に復帰。この年は49試合に出場して打率.289、1本塁打、16打点を記録した。

2004年はバードの故障もあり、正捕手に抜擢。前半戦76試合で打率.290、12本塁打、63打点と活躍し、自身初のオールスターに選出された。7月16日のシアトル・マリナーズ戦では5安打、3本塁打、7打点の大活躍だった[4]。この年は141試合に出場し、捕手としてMLB最多の21本塁打、101打点を挙げ、1997年サンディー・アロマー・ジュニアが記録した83打点の捕手としての球団記録を更新[5]。オフの11月3日にシルバースラッガー賞を受賞した[6]

2005年はシーズン開幕直前の4月5日に総額1550万ドルの5年契約[7](契約金100万ドル、2010年・700万ドルの球団オプション付き[8])を結んだ[9][10]。この年から背番号を「41」に変更し、引退まで一貫して同じ番号となった。シーズンでは147試合に出場して打率.305、20本塁打、80打点を記録した。

2006年はシーズン開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ベネズエラ代表に選出された[11]。シーズンでは153試合に出場して打率.316、16本塁打、93打点を記録した。

2007年は自己最多となる25本塁打、114打点を記録し、3年ぶり2度目のオールスターに選出された。守備では盗塁阻止率は32.0%と自己最高を更新。疲労軽減のため、一塁手として前年を上回る30試合に出場した[12]MVP投票では7位だった[13]

 
インディアンス時代(2008年)

2008年は右肘の痛みを開幕時から抱え[14]、開幕戦ではハムストリング肉離れを起こしたが、その後も出場を続けた。しかし、本塁打が0のまま6月12日、右肘痛で故障者リスト入り[15]。その後、内視鏡で骨片除去手術を受け[14]、2カ月以上戦線を離れた。73試合の出場に終わり、打率.278、2本塁打、35打点の不振だった。

レッドソックス時代編集

2009年7月31日にジャスティン・マスターソンニック・ハガダンブライアン・プライス英語版とのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した[16]。移籍前は、99試合で15本塁打を放っていたが、打率が3割に届いていなかった。一方で、レッドソックスに加入した後は、本塁打は8本だったが、移籍後の56試合で打率.336を記録した。シーズントータルでは、打率.303、23本塁打、108打点という打撃成績を記録した。打率.300、20本塁打、100打点をいずれも2年ぶりに記録した。オフの11月9日にレッドソックスが翌年の契約オプションを行使した[17]。このシーズンまでレッドソックスの正捕手はジェイソン・バリテックだったが、バリテックが捕球を苦手としていたナックルボーラーティム・ウェイクフィールドが先発する際は専属捕手として起用された。

2010年は前半戦66試合に出場して打率.289、9本塁打、38打点と好調を維持していたが、6月29日に左手親指の故障で15日間の故障者リスト入りした[18]。7月4日にはオールスターに選出された[19]が、故障により出場を辞退した。7月26日に復帰[20]。この年は127試合に出場して打率.302、20本塁打、79打点を記録した。オフの11月1日にFAとなった。11月23日にレッドソックスから年俸調停のオファーを受けた[21]

タイガース時代編集

2010年11月26日にデトロイト・タイガースと総額5000万ドルの4年契約を結んだ[22][23]

2011年は正捕手のアレックス・アビラ、一塁にはミゲル・カブレラがいたため、移籍後も指名打者としての起用となった。4月19日に右鼠径部の痛みで15日間の故障者リスト入りし[24]、5月4日に復帰。9月11日にはリーグでグース・ゴスリン(4本)以来77年ぶりとなる1試合3併殺打を記録した[4]。この年は145試合に出場して打率.330、12本塁打、103打点を記録した。

2012年1月にフロリダ州オーランドにある自宅でトレーニングしていたが、アジリティドリル英語版を行っていた際に左膝を痛め[25]前十字靭帯断裂と診断され、1月27日にマイクロフラクチャー手術英語版半月板の修復手術を行った[26]。3月12日に60日間の故障者リスト入りした[27]。その後左膝の再建手術を行う予定だったが、予想以上に回復が進み、行う必要がなくなった[28]。しかしシーズン中に故障から復帰することはできず、そのままシーズンを終えた。オフの10月29日に故障者リストから外れた。

2013年は故障から復帰し、開幕から指名打者として起用された。開幕後は6月末まで打率が.230以下と不調が続いたが、9月後半に3割台へ持ち直した。この年は159試合に出場して打率.301、14本塁打、83打点を記録した。

 
デトロイト・タイガースでの現役時代
(2014年5月14日)

2014年は前半戦80試合で打率.328、21本塁打、55打点と活躍し、7月に4年ぶり5度目となるオールスターに選出された。この年は151試合に出場し、自己最高となる打率.335、32本塁打(自身唯一の30本台)、103打点(2年ぶりの100打点以上)を記録。出塁率.409とOPS.974はリーグ1位だった。塁打数は自身唯一の300以上となる317だった。オフの10月30日にFAとなった。11月4日にはタイガースの年間最優秀選手に選出され[29]、6日には10年ぶり2度目となるシルバースラッガー賞を受賞した[30]MVP投票ではマイク・トラウトに次ぐ2位だった[31]。11月14日にタイガースと総額6800万ドルの4年契約で再契約した[32][33]。12月4日にはエドガー・マルティネス賞を受賞した[34]

2015年指名打者のとして120試合に出場したが、打撃不振に陥ったため打率は.245に終わり、5年連続(全休の2012年を除く)3割台だったのが途切れた。本塁打も前年比約3分の1となる11本に留まった。なお、11本目の本塁打で通算200本塁打を達成した。

2016年の開幕戦と2試合目で2試合連続代打本塁打を記録し、史上初の選手となった[35]。このシーズンは154試合に出場して打率.289、27本塁打、86打点、OPS.826。90三振は自己最多ながら、通算1000打点も達成した。オフの12月11日に第4回WBCベネズエラ代表への参加の意思を表明した[36]

2017年はシーズン開幕前の2月8日に第4回WBCのベネズエラ代表に選出され、3大会ぶり2度目の選出を果たした[37]。シーズンでは7月7日のインディアンス戦でカルロス・カラスコから通算2000本安打を達成した[38]。8月27日に同年6月の故障者リスト入りの要因となった不整脈が再発し、カテーテル・アブレーション治療を受けることになり、再び故障者リスト入り。残りシーズンを欠場することになった[39][40]

2018年は開幕から復帰したが、前半戦を打率.231で折り返し、9月15日にこの年限りでの現役引退を表明[41]。同日、古巣でもあるインディアンスの本拠地で行われた試合の前にセレモニーが行われた[42]。9月22日、引退試合としてタイガースの本拠地コメリカ・パークで行われたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「4番・一塁手」で先発出場。現役最後の打席となった1回裏の第1打席で内野安打を放った。代走を送られると、観衆の大歓声の中、ベンチへと引き上げ、監督のロン・ガーデンハイアーや仲間と抱擁を交わした。MLBで最も足の遅い選手の1人と評されるなかで、現役最後の安打が内野安打だったことについて「私の最後のヒットとしてパーフェクトだね。ヒットはヒットさ。どんな形かは重要ではない。チームの勝利に貢献することだ」と述べている[43]

選手としての特徴編集

通算423二塁打・246本塁打の長打力がある一方で、三振率は通算10.9%と非常に低い。

通算3三塁打・7盗塁・264併殺打を記録し、走力は非常に低い。2011年には1試合3併殺打を記録した[4]

ポストシーズン通算39試合で打率.315・6本塁打・22打点・OPS.878で、レギュラーシーズン以上の成績を残したが、ワールドシリーズへの出場はなかった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2002 CLE 12 36 32 2 9 1 0 1 13 5 0 0 0 1 3 0 0 2 1 .281 .333 .406 .739
2003 49 174 159 15 46 4 0 1 53 16 1 1 0 1 13 0 1 21 8 .289 .345 .333 .678
2004 141 591 520 77 147 38 1 23 256 108 0 1 0 6 60 11 5 69 16 .283 .359 .492 .851
2005 147 622 547 73 167 33 0 20 260 80 0 1 0 7 63 9 5 78 16 .305 .378 .475 .853
2006 153 652 572 82 181 37 0 16 266 93 0 0 0 6 71 8 3 78 27 .316 .391 .465 .856
2007 147 645 562 78 169 40 0 25 284 114 0 0 0 11 62 12 10 76 19 .301 .374 .505 .879
2008 73 294 266 30 74 17 0 2 97 35 0 0 0 3 24 4 1 32 12 .278 .337 .365 .702
2009 99 435 377 56 107 21 1 15 175 67 0 0 0 5 51 3 2 51 11 .284 .368 .464 .832
BOS 56 237 211 32 71 12 0 8 107 41 1 0 0 1 24 0 1 23 6 .336 .405 .507 .912
'09計 155 672 588 88 178 33 1 23 282 108 1 0 0 6 75 3 3 74 17 .303 .381 .480 .861
2010 127 538 493 64 149 32 1 20 243 79 1 0 0 5 40 5 0 52 17 .302 .351 .493 .844
2011 DET 145 595 540 76 178 40 0 12 254 103 1 0 0 7 46 6 2 51 20 .330 .380 .470 .850
2013 159 668 605 68 182 36 0 14 260 83 0 2 0 8 54 10 1 62 23 .301 .355 .430 .785
2014 151 641 561 87 188 33 0 32 317 103 3 2 0 6 70 28 4 42 17 .335 .409 .565 .974
2015 120 485 440 39 108 20 0 11 161 64 0 0 0 7 31 8 7 52 18 .245 .301 .366 .667
2016 154 610 553 65 160 22 0 27 263 86 0 0 0 3 50 8 4 90 19 .289 .351 .476 .826
2017 107 435 392 38 100 16 0 10 146 47 0 0 0 2 36 3 5 63 15 .255 .324 .372 .697
2018 133 508 467 32 117 21 0 9 165 54 0 0 0 7 32 4 2 49 19 .251 .297 .353 .651
MLB:16年 1973 8166 7297 914 2153 423 3 246 3320 1178 7 7 0 86 730 119 53 891 264 .295 .360 .455 .815
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



捕手(C) 一塁(1B)


































2002 CLE 9 55 2 1 0 .983 1 13 11 2 .154 -
2003 40 231 23 1 2 .996 3 29 20 9 .310 -
2004 132 865 61 6 11 .994 9 119 89 30 .252 -
2005 142 904 58 5 6 .995 3 125 96 29 .232 -
2006 133 753 45 8 7 .990 4 122 100 22 .180 22 149 5 0 15 1.000
2007 121 779 53 4 8 .995 6 103 70 33 .320 30 187 13 1 18 .995
2008 55 328 16 3 1 .991 2 35 22 13 .371 10 82 4 1 9 .989
2009 52 285 14 0 2 1.000 3 46 39 7 .152 47 348 17 3 41 .992
BOS 33 215 8 4 1 .982 1 19 17 2 .105 23 160 3 0 14 1.000
'09計 85 500 22 4 3 .992 4 65 56 9 .138 70 508 20 3 55 .994
2010 110 778 44 6 2 .993 4 126 99 27 .214 14 95 14 2 10 .982
2011 DET 26 141 17 2 3 .988 0 37 29 8 .216 6 38 10 0 4 1.000
2013 3 18 4 0 0 1.000 0 1 1 0 .000 11 85 14 0 3 1.000
2014 2 23 2 2 0 .926 1 4 3 1 .250 35 251 16 3 24 .989
2015 - 10 81 5 1 13 .989
2016 - 5 36 0 0 4 1.000
2018 - 1 1 0 0 0 1.000
MLB 858 5375 347 42 43 .993 37 779 596 183 .235 214 1513 101 11 155 .993

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 63(2002年)
  • 20(2003年)
  • 41(2004年 - 2018年)

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ Tigers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月13日閲覧
  2. ^ Victor Martinez Awards” (英語). The Baseball Cube. 2009年7月17日閲覧。
  3. ^ 小林信行 「2003チーム・レポート vol.1 正捕手の座を争う2人のプロスペクト クリーブランド・インディアンス」 『月刊スラッガー』2003年5月号、日本スポーツ企画出版社、2003年、雑誌15509-5、95頁。
  4. ^ a b c Detroit Tigers' Victor Martinez leaves indelible marks as MLB career nears end” (英語). en:The Detroit News (2016年9月16日). 2021年8月1日閲覧。
  5. ^ Victor Martinez 2004 Career Highlights” (英語). 2008年4月26日閲覧。
  6. ^ Indians CA Victor Martinez wins Silver Slugger award”. MLB.com Indians Press Release (2004年11月3日). 2014年12月17日閲覧。
  7. ^ 2005年は50万ドル、2006年は80万ドル、2007年は300万ドル、2008年は425万ドル、2009年は570万ドル。
  8. ^ 違約金は25万ドル。
  9. ^ Indians sign catcher Victor Martinez to long-term contract through 2009”. MLB.com Indians Press Release (2005年4月5日). 2014年12月17日閲覧。
  10. ^ Deal could last through 2010”. ESPN MLB (2005年4月5日). 2014年12月17日閲覧。
  11. ^ 2006 Tournament Roster[リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月3日閲覧 [リンク切れ]
  12. ^ 「2008年捕手ランキング」『月刊スラッガー』2008年6月号 雑誌15509-6 10頁
  13. ^ 2007 Awards Voting”. Baseball-Reference.com. 2021年8月1日閲覧。
  14. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』廣済堂出版、2009年、156頁頁。ISBN 978-4-331-51370-5 
  15. ^ Castrovince, Anthony (2008年6月12日). “Martinez, Barfield headed to DL” (英語). MLB.com. 2009年7月17日閲覧。
  16. ^ Red Sox Acquire Catcher/First Baseman Victor Martinez from the Cleveland Indians for Right-Handed Pitchers Justin Masterson and Bryan Price and Left-Handed Pitcher Nick Hagadone”. MLB.com Red Sox Press Release (2009年7月31日). 2014年12月17日閲覧。
  17. ^ Red Sox exercise 2010 contract option on catcher Victor Martinez; Sign right-handed pitcher Tim Wakefield to two-year contract”. MLB.com Red Sox Press Release (2009年11月9日). 2014年12月17日閲覧。
  18. ^ Red Sox place catcher Victor Martinez on 15-day disabled list; select catcher Gustavo Molina to active roster”. MLB.com Red Sox Press Release (2010年6月29日). 2014年12月17日閲覧。
  19. ^ Six Red Sox players selected to 2010 American League All-Star team”. MLB.com Red Sox Press Release (2010年7月4日). 2014年12月17日閲覧。
  20. ^ Red Sox activate catcher Victor Martinez from 15-day disabled list; option catcher Dusty Brown to Triple-A Pawtucket”. MLB.com Red Sox Press Release (2010年7月26日). 2014年12月17日閲覧。
  21. ^ Red Sox offer salary arbitration to third baseman Adrian Beltre, catcher Victor Martinez and infielder Felipe Lopez”. MLB.com Red Sox Press Release (2010年11月23日). 2014年12月17日閲覧。
  22. ^ Tigers Agree To Terms With Martinez”. MLB.com Tigers Press Release (2010年11月26日). 2014年12月17日閲覧。
  23. ^ V-Mart joins Tigers, expected to primarily DH”. MLB.com Tigers Press Release (2010年11月26日). 2014年12月17日閲覧。
  24. ^ V-Mart leaves game after aggravating groin”. MLB.com (2011年4月19日). 2014年12月17日閲覧。
  25. ^ Jason Beck (2012年1月18日). “V-Mart could miss season because of ACL tear”. MLB.com. 2014年12月17日閲覧。
  26. ^ Jason Beck (2012年1月31日). “V-Mart has first of two surgeries on left knee”. MLB.com. 2014年12月17日閲覧。
  27. ^ Tigers cut nine players from spring roster”. MLB.com Tigers Press Release (2012年3月13日). 2014年12月17日閲覧。
  28. ^ Jason Beck, Anthony Odoardi (2012年4月12日). “No season-ending surgery in store for V-Mart”. MLB.com. 2014年12月17日閲覧。
  29. ^ Victor Martinez named Tiger of the Year”. MLB.com Tigers Press Release (2014年11月5日). 2014年12月17日閲覧。
  30. ^ Jason Beck (2014年11月7日). “Top of talented DH class, V-Mart wins Silver Slugger”. MLB.com. 2014年12月17日閲覧。
  31. ^ 2014 Awards Voting”. Baseball-Reference.com. 2021年8月1日閲覧。
  32. ^ Tigers Agree to Terms with Victor Martinez”. MLB.com Tigers Press Release (2014年11月14日). 2014年12月17日閲覧。
  33. ^ Tigers, Victor Martinez finalize deal”. ESPN MLB (2014年11月14日). 2014年12月17日閲覧。
  34. ^ Detroit's Victor Martinez voted 2014 Edgar Martinez Outstanding Designated Hitter of the Year”. MLB.com Tigers Press Release (2014年12月4日). 2014年12月17日閲覧。
  35. ^ a b Victor Martinez pinch-hit HRs in first 2 games”. MLB.com (2016年4月7日). 2021年8月1日閲覧。
  36. ^ タイガースのV・マルティネス WBC出るぞ! スポニチアネックス (2016年12月13日) 2016年12月27日閲覧
  37. ^ Miggy, Altuve lead loaded Venezuela offense MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月4日閲覧
  38. ^ V-Mart nets 2,000th hit where career began MLB.com (英語) (2017年7月7日) 2017年8月3日閲覧
  39. ^ “Irregular heartbeat again forces V-Mart to DL”. MLB.com. (2017年8月27日). http://m.mlb.com/news/article/250895082/victor-martinez-on-dl-with-irregular-heartbeat/ 2017年9月6日閲覧。 
  40. ^ “タイガースのV.マルティネス、不整脈治療で今季絶望に”. iSM (Yahoo!スポーツ). (2017年9月3日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000210-ism-base 2017年9月6日閲覧。 
  41. ^ Chris McCosky (2018年9月15日). “'A class act:' Cleveland bids a fond farewell to Tigers Victor Martinez” (英語). The Detroit News. 2018年11月2日閲覧。
  42. ^ McCosky, Chris. “'A class act:' Cleveland bids a fond farewell to Tigers Victor Martinez”. Detroit News. 2019年12月11日閲覧。
  43. ^ タイガース・マルティネスが引退、“メジャー最遅”も現役最後は内野安打”. ベースボールチャンネル. 2019年12月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集