メインメニューを開く

2008年ハンガリーグランプリは、2008年F1世界選手権第11戦として、2008年8月1日から8月3日ハンガリー・ハンガロリンクで開催される。正式名称はFORMULA1 ING Magyar Nagydij 2008

ハンガリーの旗 2008年ハンガリーグランプリ
レース詳細
Circuit Hungaroring.png
日程 2008年シーズン第11戦
決勝開催日 8月3日
開催地 ハンガロリンク
ハンガリー ブダペスト
コース長 4.384km
レース距離 70周(306.663km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'20.899
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1'21.195(Lap 61)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

予選編集

展開編集

Q1編集

Q2編集

Q3編集

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 グリッド
1 22   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1'19.376 1'19.473 1'20.899 1
2 23   ヘイッキ・コバライネン マクラーレンメルセデス 1'19.945 1'19.480 1'21.140 2
3 2   フェリペ・マッサ フェラーリ 1'19.578 1'19.068 1'21.191 3
4 4   ロバート・クビサ BMWザウバー 1'20.053 1'19.776 1'21.281 4
5 12   ティモ・グロック トヨタ 1'19.980 1'19.246 1'21.326 5
6 1   キミ・ライコネン フェラーリ 1'20.006 1'19.546 1'21.516 6
7 5   フェルナンド・アロンソ ルノー 1'20.229 1'19.816 1'21.698 7
8 10   マーク・ウェバー レッドブルルノー 1'20.073 1'20.046 1'21.732 8
9 11   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1'19.942 1'19.486 1'21.767 9
10 6   ネルソン・ピケJr. ルノー 1'20.583 1'20.131 1'22.371 10
11 15   セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソフェラーリ 1'20.157 1'20.144 11
12 16   ジェンソン・バトン ホンダ 1'20.888 1'20.332 12
13 9   デビッド・クルサード レッドブルルノー 1'20.505 1'20.502 13
14 14   セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソフェラーリ 1'20.640 1'20.963 19
15 7   ニコ・ロズベルグ ウィリアムズトヨタ 1'20.748 No time 14
16 3   ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1'21.045 15
17 8   中嶋一貴 ウィリアムズトヨタ 1'21.085 16
18 17   ルーベンス・バリチェロ ホンダ 1'21.332 17
19 21   ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディアフェラーリ 1'21.670 18
20 20   エイドリアン・スーティル フォース・インディアフェラーリ 1'22.113 20
  • Car No.14はQ1で Car No.3を妨害したとして5グリッド降格ペナルティ

決勝編集

展開編集

セバスチャン・ブルデーにはグリッド降格のペナルティが課せられた。19番グリッドからのスタートとなる。

3番グリッドからスタートしたフェリペ・マッサがスタートでヘイキ・コバライネンを、1コーナーを過ぎたところでPPのルイス・ハミルトンをオーバーテイクし、トップに立った。レースはマッサが終盤まで首位を走り続けたが、残り2周というところのホームストレートでエンジンを壊してストップした。

イギリス・ドイツと2連勝していたポイントリーダーのハミルトンはレース中盤にタイヤがパンクして5位に終わった。その結果3番手から危なげないレースをしたコバライネンが自身初、そして最後のF1優勝を果たした。2位はドイツGPで大きなクラッシュをしたティモ・グロックが、フェラーリのキミ・ライコネンを最後まで抑えて初の表彰台登壇となった。ライコネンは終盤グロックの背後に迫ったが、信頼性の不安のために最後はグロックとの距離を狭められなかった。それでも表彰台登壇をはたした。フィンランド人ふたりの同時表彰台は第2戦マレーシアGP以来。マッサはドライバーズチャンピオンシップで3位に後退した。

BMWザウバーはここまでシーズン全レースでポイントを稼いできたが、今回のレースでは予選4位だったロバート・クビサが順位を大きく落として8位に入賞したのみだった。それもレース終盤のマッサのリタイヤによるものであった。その結果コンストラクターズチャンピオンシップ2位の座をマクラーレン・メルセデスに明け渡すことになった。

このレースではリタイヤが3台(完走扱い1台を含む)にとどまったが給油でトラブルが多く発生した。ルーベンス・バリチェロや中嶋一貴の給油では出火などのトラブルがあった。ブルデーに至っては2度も消火剤を浴び、結局3度のストップを強いられ、トラブルでリタイヤしたマッサより下の完走最下位に終わった。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 23   ヘイッキ・コバライネン マクラーレンメルセデス 70 1:37'27.067 2 10
2 12   ティモ・グロック トヨタ 70 +11.061 5 8
3 1   キミ・ライコネン フェラーリ 70 +16.856 6 6
4 5   フェルナンド・アロンソ ルノー 70 +21.614 7 5
5 22   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 70 +23.048 1 4
6 6   ネルソン・ピケJr. ルノー 70 +32.298 10 3
7 11   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 70 +36.449 9 2
8 4   ロバート・クビサ BMWザウバー 70 +48.321 4 1
9 10   マーク・ウェバー レッドブルルノー 70 +58.834 8
10 3   ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 70 +1'07.709 15
11 9   デビッド・クルサード レッドブルルノー 70 +1'10.407 13
12 16   ジェンソン・バトン ホンダ 69 +1 Lap 12
13 8   中嶋一貴 ウィリアムズトヨタ 69 +1 Lap 16
14 7   ニコ・ロズベルグ ウィリアムズトヨタ 69 +1 Lap 14
15 21   ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディアフェラーリ 69 +1 Lap 18
16 17   ルーベンス・バリチェロ ホンダ 68 +2 Laps 17
17 2   フェリペ・マッサ フェラーリ 67 エンジン 3
18 14   セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソフェラーリ 67 +3 Laps 19
Ret 20   エイドリアン・スーティル フォース・インディアフェラーリ 62 ブレーキ 20
Ret 15   セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソフェラーリ 22 エンジン 11


関連項目編集