メインメニューを開く

2014年マレーシアグランプリ

2014年マレーシアグランプリは、2014年のF1世界選手権第2戦として、2014年3月30日セパン・インターナショナル・サーキットで開催された。

マラヤ連邦の旗 2014年マレーシアグランプリ
レース詳細
Sepang.svg
日程 2014年シーズン第2戦
決勝開催日 3月30日
開催地 セパン・インターナショナル・サーキット
マレーシア セパン
コース長 5.543km
レース距離 56周(310.408km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:59.431
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1:43.066(Lap 53)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

展開編集

ハミルトンが2戦連続のポールポジション獲得、2番手には開幕戦でまさかのQ2敗退を喫したベッテルが入った[1]。ウィリアムズ勢はまたしても雨の予選で失速し、2台ともQ2敗退となった[2]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:57.202 1:59.041 1:59.431 1
2 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:57.654 1:59.399 1:59.486 2
3 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:57.183 1:59.445 2:00.050 3
4 14   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:58.889 2:01.356 2:00.175 4
5 3   ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 1:58.913 2:00.147 2:00.541 5
6 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:59.257 2:01.532 2:01.218 6
7 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:58.883 2:00.839 2:01.712 7
8 20   ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 2:00.356 2:02.094 2:02.213 8
9 25   ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 2:01.689 2:02.096 2:03.078 9
10 22   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 2:00.889 2:01.810 2:04.053 10
11 26   ダニール・クビアト トロロッソルノー 2:01.175 2:02.351 11
12 21   エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 2:01.134 2:02.369 12
13 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 2:00.047 2:02.460 13
14 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 2:00.076 2:02.511 14
15 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 1:59.709 2:02.756 18
16 8   ロマン・グロージャン ロータスルノー 2:00.202 2:02.885 15
17 13   パストール・マルドナド ロータスルノー 2:02.074 16
18 99   エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 2:02.131 17
19 17   ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 2:02.702 19
20 10   小林可夢偉 ケータハムルノー 2:03.595 20
21 4   マックス・チルトン マルシャフェラーリ 2:04.388 21
22 9   マーカス・エリクソン ケータハムルノー 2:04.407 22
107% time: 2:05.385

[3]

  • No.77はNo.3を妨害したため3グリッド降格[4]

決勝編集

展開編集

ハミルトンが自身初のグランドスラム (モータースポーツ)で今シーズン初優勝を飾った。2番手にはロズベルグが入りメルセデスにとっても初の1-2フィニッシュとなった[5][2]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 56 1:40:25.974 1 25
2 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 56 +17.313 3 18
3 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 56 +24.534 2 15
4 14   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 56 +35.992 4 12
5 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 56 +47.199 7 10
6 22   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 56 +1:23.691 10 8
7 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 56 +1:25.076 13 6
8 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 56 +1:25.537 18 4
9 20   ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 55 +1 Lap 8 2
10 26   ダニール・クビアト トロロッソルノー 55 +1 Lap 11 1
11 8   ロマン・グロージャン ロータスルノー 55 +1 Lap 15
12 7   キミ・ライコネン フェラーリ 55 +1 Lap 6
13 10   小林可夢偉 ケータハムルノー 55 +1 Lap 20
14 9   マーカス・エリクソン ケータハムルノー 54 +2 Laps 22
15 4   マックス・チルトン マルシャフェラーリ 54 +2 Laps 21
Ret 3   ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 49 ウィング 5
Ret 21   エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 35 ギアボックス 12
Ret 99   エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 32 パワーユニット 17
Ret 25   ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 18 ターボ 9
Ret 17   ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 8 ブレーキ 19
Ret 13   パストール・マルドナド ロータスルノー 7 パワーユニット 16
DNS 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 0 ギアボックス 14

[6]

ラップリーダー
  • ルイス・ハミルトン(1-56)

第2戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。
  • [7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “雨のセパンでハミルトンがポール!”. espnf1.com. (2014年3月29日). http://ja.espnf1.com/malaysia/motorsport/story/151347.html 2018年10月28日閲覧。 
  2. ^ a b 鈴木賢志、高橋浩司「F1速報 2014年総集編」『F1速報』第26巻第1号、株式会社三栄書房、2015年2月5日、 100頁。
  3. ^ “2014 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX”. formula1.com. (2014年3月29日). https://web.archive.org/web/20140329214825/http://www.formula1.com/results/season/2014/915/7322/ 2018年11月21日閲覧。 
  4. ^ “ボッタスにグリッド降格処分”. espnf1.com. (2014年3月29日). http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/151445.html 2018年11月20日閲覧。 
  5. ^ “ハミルトン優勝の1-2でメルセデス完勝”. espnf1.com. (2014年3月30日). http://ja.espnf1.com/malaysia/motorsport/story/151561.html 2018年10月28日閲覧。 
  6. ^ “マレーシアGP 2014/ Results”. espnf1.com. http://ja.espnf1.com/malaysia/motorsport/race/138607.html 2018年11月20日閲覧。 
  7. ^ “F1世界選手権 2014 / ランキング”. espnf1.com. (2014年3月30日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/season/138549.html?date=2014-03-30;template=standings 2018年10月29日閲覧。 


前戦
2014年オーストラリアグランプリ
FIA F1世界選手権
2014年シーズン
次戦
2014年バーレーングランプリ
前回開催
2013年マレーシアグランプリ
  マレーシアグランプリ次回開催
2015年マレーシアグランプリ