メインメニューを開く

2015年モナコグランプリは、2015年のF1世界選手権第6戦として、2015年5月24日モンテカルロ市街地コースで開催された。

モナコの旗 2015年モナコグランプリ
レース詳細
Monte Carlo Formula 1 track map.svg
日程 2015年シーズン第6戦
決勝開催日 5月24日
開催地 モンテカルロ市街地コース
モナコ モンテカルロ
コース長 3.340km
レース距離 78周(260.520km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:15.098
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド
タイム 1:18.063 (Lap 74)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

フリー走行編集

4種類あるドライタイヤのうち、このモナコでは最も軟らかいスーパーソフトとその次に軟らかいソフトが使用された。行われたフリー走行3回目では、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを刻み、予選直前のフリー走行でメルセデス以外のドライバーがトップに立ったのは今季初めて。

予選編集

展開編集

ハミルトンがモナコ初ポール。ミスが響いたロズベルグが2番手。3番手にはフェラーリのベッテル。4、5番手にはリカルド、クビアトのレッドブル勢が続いた[1]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:16.588 1:15.864 1:15.098 1
2 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:16.528 1:15.471 1:15.440 2
3 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:17.502 1:16.181 1:15.849 3
4 3   ダニエル・リカルド レッドブルルノー 1:17.254 1:16.706 1:16.041 4
5 26   ダニール・クビアト レッドブルルノー 1:16.845 1:16.453 1:16.182 5
6 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:17.660 1:16.440 1:16.427 6
7 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 1:17.376 1:16.999 1:16:808 7
8 55   カルロス・サインツ トロロッソルノー 1:17.246 1:16.762 1:16.931 PL1
9 13   パストール・マルドナド ロータスメルセデス 1:17.630 1:16.775 1:16:946 8
10 33   マックス・フェルスタッペン トロロッソルノー 1:16.750 1:16.546 1:16.957 9
11 8   ロマン・グロージャン ロータスメルセデス 1:17.767 1:17.007 152
12 22   ジェンソン・バトン マクラーレンホンダ 1:17.492 1:17.093 10
13 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:17.552 1:17.193 11
14 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 1:17.679 1:17:278 12
15 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレンホンダ 1:17.778 1:26.632 13
16 12   フェリペ・ナッセ ザウバーフェラーリ 1:18.101 14
17 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 1:18.434 16
18 9   マーカス・エリクソン ザウバーフェラーリ 1:18.513 17
19 28   ウィル・スティーブンス マルシャフェラーリ 1:20.655 18
20 98   ロベルト・メリ マルシャフェラーリ 1:20.904 19
107% time: 1:21.884
ソース[2]
追記
  • ^1カルロス・サインツは重量測定の赤信号が灯された際に停車できず、FIAのガレージに戻れなかったため、決勝はピットレーンからスタート[3]
  • ^2ロマン・グロージャンは予定外のギアボックス交換により予選前に5グリッド降格を命じられていたが、サインツの処分に伴い決勝は15番グリッドからスタート[3]

決勝編集

展開編集

天候は晴れ、気温18℃、路面温度37℃の中レースはスタートした。序盤はヒュルケンベルグのクラッシュとマルドナドのリタイア以外は波乱なく進んだ。42周目にアロンソがトラブルでリタイア。64周目にはグロージャンとフェルスタッペンがクラッシュ。

バーチャル・セーフティカーが導入された後に、ハミルトンがピットイン。この間ザウバーの車が前につかえていたため、まさかの陥落。これでトップはロズベルグに変わった。盤石と思われていたハミルトンの勝利の方程式が崩れた[4]

このままロズベルグがトップチェッカーを受け、モナコグランプリ3連覇を達成。ベッテル2位、ハミルトン3位。4位にはレッドブル移籍後最高位となるクビアト。5位はリカルド、8位にバトンが入ってマクラーレンホンダとして初ポイントを獲得した[5]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 78 1:49:18.420 2 25
2 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 78 +4.486 3 18
3 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 78 +6.053 1 15
4 26   ダニール・クビアト レッドブルルノー 78 +11.965 5 12
5 3   ダニエル・リカルド レッドブルルノー 78 +13.608 4 10
6 7   キミ・ライコネン フェラーリ 78 +14.345 6 8
7 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 78 +15.013 7 6
8 22   ジェンソン・バトン マクラーレンホンダ 78 +16.063 10 4
9 12   フェリペ・ナッセ ザウバーフェラーリ 78 +23.626 14 2
10 55   カルロス・サインツ トロロッソルノー 78 +25.056 PL 1
11 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 78 +26.232 11
12 8   ロマン・グロージャン ロータスメルセデス 78 +28.415 15
13 9   マーカス・エリクソン ザウバーフェラーリ 78 +31.159 17
14 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 78 +45.789 16
15 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 77 +1 Lap 12
16 98   ロベルト・メリ マルシャフェラーリ 76 +2 Laps 19
17 28   ウィル・スティーブンス マルシャフェラーリ 76 +2 Laps 18
Ret 33   マックス・フェルスタッペン トロロッソルノー 64 接触1 9
Ret 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレンホンダ 41 ギアボックス 13
Ret 13   パストール・マルドナド ロータスメルセデス 7 ブレーキ 8
ソース[6]
ファステストラップ
ラップリーダー
追記

第6戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

  1. ^ 鈴木賢志、高橋浩司「F1速報 2015年総集編」『F1速報』第27巻第1号、株式会社三栄書房、2016年1月7日、 113,114,179。
  2. ^ Qualifying(FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2015)”. The Official F1 Website (2015年5月23日). 2015年5月25日閲覧。
  3. ^ a b “カルロス・サインツ、ピットレーンスタート処分 / F1モナコGP”. F1-Gate.com. (2015年5月24日). http://f1-gate.com/carlossainzjr/f1_27260.html 2015年5月25日閲覧。 
  4. ^ F1 モナコGPを振り返る:メルセデスのルイス・ハミルトンに何が起こったのか?(F1 2015第6戦:モナコGP)”. bluelady.jp (2015年5月31日). 2018年12月23日閲覧。
  5. ^ “ロズベルグがモナコ3連覇!”. espnf1.com. (2015年5月24日). http://ja.espnf1.com/monaco/motorsport/story/200407.html 2018年12月23日閲覧。 
  6. ^ Race(FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2015)”. The Official F1 Website (2015年5月24日). 2015年5月25日閲覧。
  7. ^ “フェルスタッペンに次戦5グリッド降格処分”. ESPN F1. (2015年5月25日). http://ja.espnf1.com/tororosso/motorsport/story/200469.html 2015年5月25日閲覧。 
前戦
2015年スペイングランプリ
FIA F1世界選手権
2015年シーズン
次戦
2015年カナダグランプリ
前回開催
2014年モナコグランプリ
  モナコグランプリ次回開催
2016年モナコグランプリ