メインメニューを開く

シーズン概要編集

メルセデスとハミルトンの2連覇編集

 
メルセデス・F1 W06 Hybridを駆るハミルトン(2015年イタリアGP)

昨年に続きメルセデスが好調を維持し、19戦中16勝、18ポールポジション、ワンツーフィニッシュ12回を記録。ドライバーズチャンピオンはルイス・ハミルトン、コンストラクターズチャンピオンはメルセデスがそれぞれ2連覇を達成した。ハミルトンは昨年チームメイトのニコ・ロズベルグと最終戦まで王者を争ったのとは対照的に、今年は19戦中17戦で表彰台に上る安定感を見せ、開幕からトップを譲ることなくシーズンを独走した。ロズベルグは終盤戦に速さを取り戻したが、接戦におけるメンタル面の弱さが垣間見えた。

これに対し、2番手争いに台頭してきたのがフェラーリだった。レッドブルから電撃移籍のセバスチャン・ベッテルはマレーシアGPで移籍後初優勝。その後も好走し3勝を挙げ、中盤ではロズベルグとのランキング2位争いも展開した。現役最年長のキミ・ライコネンはなかなか結果が出せず解雇の噂も流れたが、終盤はウィリアムズバルテリ・ボッタスとのランキング4位争いを制し、復活の兆しを見せた。

2008年以来の0勝に終わったレッドブルルノー製パワーユニットへの不満を募らせ、他メーカーへの乗り換えを図るもワークスレベルでの供給を断られ、F1撤退まで示唆する騒動になった[1]。結局、タグ・ホイヤーバッジネームを付けて、2016年もルノーのパワーユニットを搭載することになった[2]

「マクラーレン・ホンダ」の復活編集

2013年の表明通り[3]ホンダ2008年以来7年ぶりにF1に復帰し、エンジンサプライヤーとしてマクラーレンにパワーユニットを供給した。1988年1992年に黄金期を築いた「マクラーレン・ホンダ」の復活に注目が集まったが、テスト段階から信頼性の問題とパワー不足が解消されず、下位を何とか走るだけの苦しいシーズンを過ごす。シーズン中に開発は進んだもののなかなか結果に繋がらず、日本GPではフェルナンド・アロンソが「GP2エンジン!」と声を荒らげるシーンもあった。最終的にランキングは9位と創立以来の最低記録となったが、最終戦ではアロンソが全ドライバー中3番目に早いラップタイムを記録し、次年度に期待をつないだ。

F1界を襲う深刻な経済難編集

ここ数年深刻化している経済難がシーズン当初から影響を与えることになり、各方面で影響が出ていた。

  • 正式な開催カレンダーに入っていたドイツGPは契約不成立のため中止され、全19戦で行われることになった[4]
  • 昨年末に破産した下位2チームのうち、ケータハムはF1から撤退。マルシャは投資家により救済され、チーム名を「マノー・マルシャ・F1チーム」に変更して参戦した(コンストラクター名は「マルシャ」)。シーズンを通してバックマーカーに徹したが、翌年も参戦できる目処が付きエントリーされている[5]
  • たびたび危機的状況が報じられたロータスは、ルノーに買い戻される形で存続が決まり、2016年はルノーワークスとして参戦することになった。
  • パワーユニット供給価格の高さがカスタマーチームの財政を圧迫するとして、FIAは2017年より安価なクライアントエンジン(2.2l V6ツインターボ)を導入する案を提起した[6]。しかし2種類のエンジンが混走することへの抵抗もあり、最終的にF1委員会において否決された[7]

大型新人の出現編集

F1デビュー年齢の若年化が進む中、当時まだ17歳で普通自動車免許の取得資格が無かったマックス・フェルスタッペン(元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンの息子)のデビューは議論を呼んだ[8]。しかし、マレーシアGPで最年少入賞(17歳180日[9])を果たすと決勝4位2回などルーキー中最高の成績を収め、FIA表彰式の「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」に選出された[10]。これを受け、FIAは2016年からスーパーライセンスの発行条件を満18歳以上などの項目を追加。そのため、今回のフェルスタッペンの事例は再び発給要件が緩和されない限りは不可能となる。

この年はフェルスタッペン、カルロス・サインツJr.フェリペ・ナスルロベルト・メリアレクサンダー・ロッシの若手ドライバー5名がデビュー。トロ・ロッソはフェルスタッペン(17歳)とサインツ(20歳)のフレッシュコンビで臨んだが、ふたりがコンスタントにポイントを獲得し、経験不足に対する懸念を払拭した。また、ザウバーからデビューしたナッセも開幕戦オーストラリアGPで5位に入るなど好走を見せた。

シーズン後にはマルシャの3人(スティーブンス、メリ、ロッシ)とスポンサーマネーのトラブルでパストール・マルドナドがシートを失った。

その他のトピック編集

レギュレーションの変更編集

以下の内容は今後変更される可能性がある。

技術規定編集

  • 車輌の最低重量が10kg引き上げられ、701kgとなる[13][14](元々は700kgに引き上げる事になっていたが、701kg に変更。これは2014年レギュレーションにて増加するトルクに対してピレリがタイヤのさらなる補強を行うため1kg増えることになったため[15])。
  • 規定の変更により、先端部のみ細長く垂れ下がった「アリクイノーズ」や「エイリアンノーズ」と呼ばれるノーズが姿を消すことになった。
  • パワーユニットの開発について、2015年シーズンを通して「トークン」システムを介したアップデートが可能になり、開発凍結が解除された[16]

競技規定編集

  • コスト抑制のため、チームの予算に対する制限が実施される[17]
  • ドライバーズポイントとコンストラクターズポイントの獲得を倍増させる最終戦のダブルポイントが廃止された。
  • 昨年の日本GPでのジュール・ビアンキの事故を受け、バーチャル・セーフティカー(VSC)が導入。レース中に事故が起こった際、コース上でダブルイエローフラッグを振る必要はあるがセーフティカーを出動させる必要のない状況で使用する[18]
  • パワーユニット(以下PU)の年間使用数制限が強化される。各ドライバーは1シーズンに4基のエンジンを使用できる。5基目以上のエンジンを使用する場合は10グリッド降格ペナルティが科せられる。また、エンジンを除くPUの構成要素(規約では、MGU-K、MGU-H、ターボチャージャー、エネルギーストア、制御エレクトロニクスのエレメントに分けられている)が制限数を超えた場合は、各エレメントごとに5グリッド降格ペナルティが科せられる。ただし、新規参入したエンジンメーカー(2015年はホンダのみ)については、ドライバーにつき1基のPUを追加で使用できるとイギリスGPより改正された[19]
  • グリッド降格ペナルティを当該レースで全て消化しきれない場合は、決勝で以下のペナルティが別途科せられるように変更された[20]が、ハンガリーGP以降は最大でもグリッド最後尾への降格に制限されることになった[21]
    • 残りグリッド数が1から5の場合:5秒加算ペナルティ
    • 残りグリッド数が6から10の場合:10秒加算ペナルティ
    • 残りグリッド数が11から20の場合:ドライブスルーペナルティ
    • 残りグリッド数が21以上の場合:10秒ストップ・ゴーペナルティ
  • ベルギーGPよりドライバーエイドの規制が強化され、スタートの手順が変更された[22]。ドライバーはグリッドに着くためガレージを出てからは、チームから無線で情報を得ることはできなくなる[23][24]
  • カーナンバーの規定変更。ドライバーの番号の保有期間がそのドライバーが最後に参戦してから2年間とされた。小林可夢偉を例にとると(カーナンバー「10」)、最後に参戦したのが2014年の最終戦だったので、2016年の最終戦までは小林がカーナンバー「10」の所有権を持っていたが、2017年の開幕戦以降は「そのドライバーのF1キャリアは終了した」と判断され、他のドライバーがカーナンバー「10」を選択できるようになった。ただし、2年以内に1戦でもF1レースの予選・決勝(P1のみの参加は参戦にはカウントされない)に参戦すれば、カーナンバーの保有期間はそこから更に2年間延長される。この規定に沿い、2017年シーズン途中にF1デビューしたピエール・ガスリーは参戦時に小林が所有権を失ったカーナンバー「10」を選択している。

参戦チーム・ドライバー編集

エントリーリスト編集

FIAから発表された内容[25]および各チームがメディアを通し発表し報道された内容に基づく。前年チャンピオンのハミルトンはカーナンバー「1」を付ける権利を行使せず、パーソナルナンバー「44」を使用することを選択したため1994年シーズン以来のカーナンバー1不在のシーズンとなった。

エントラント コンストラクター シャーシ パワーユニット タイヤ カーナンバー/ドライバー 出走記録 リザーブドライバー[R]
テストドライバー[T]
開発ドライバー[D]
  メルセデスAMG F1・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム メルセデス F1 W06 Hybrid メルセデス PU106B Hybrid P 44   ルイス・ハミルトン[26] 全戦 (24)   パスカル・ウェーレイン [R][27]
6   ニコ・ロズベルグ[28] 全戦
  インフィニティ・レッドブル・レーシング レッドブル RB11 ルノー Energy F1-2015[29] P 3   ダニエル・リカルド[30] 全戦   セバスチャン・ブエミ [R][31]
  ピエール・ガスリー [R][32]
26   ダニール・クビアト[33] 全戦
  ウィリアムズ・マルティーニ・レーシング ウィリアムズ FW37 メルセデス PU106B Hybrid[34] P 19   フェリペ・マッサ[35] 全戦   エイドリアン・スーティル [R][36]
(41)   スージー・ヴォルフ [T][37]
  アレックス・リン [D][38]
77   バルテリ・ボッタス[35] 全戦
  スクーデリア・フェラーリ フェラーリ SF15-T フェラーリ 059/4 P 5   セバスチャン・ベッテル[39] 全戦   エステバン・グティエレス [R][T][40]
  ジャン=エリック・ベルニュ [T][41]
  マルク・ジェネ [T]
  ダビデ・リゴン [D]
  ランス・ストロール [D]
7   キミ・ライコネン[39] 全戦
  マクラーレン・ホンダ マクラーレン MP4-30 ホンダ RA615H[42] P 14   フェルナンド・アロンソ[43] 2-19 (20)   ケビン・マグヌッセン [R][T][43]
  オリバー・ターベイ[44]
  ストフェル・バンドーン [T][D][45]
20   ケビン・マグヌッセン[46] 1
22   ジェンソン・バトン[43] 全戦
  サハラ・フォース・インディア・フォーミュラワン・チーム フォース・インディア VJM08
VJM08B[47]
メルセデス PU106B Hybrid[48] P 27   ニコ・ヒュルケンベルグ[49] 全戦 (34)   パスカル・ウェーレイン[50]
  スティーブン・ゴールドステイン [D][51]
  アルフォンソ・セリスJr. [D]
11   セルジオ・ペレス[52] 全戦
  スクーデリア・トロ・ロッソ トロ・ロッソ STR10 ルノー Energy F1-2015[53] P 33   マックス・フェルスタッペン[54] 全戦 -
55   カルロス・サインツ[55][56] 全戦
  ロータスF1チーム ロータス E23 Hybrid メルセデス PU106B Hybrid[57] P 8   ロマン・グロージャン[58] 全戦 (30)   ジョリオン・パーマー [R][59]
  カルメン・ホルダ [D][60]
  方駿宇(フォン・アダリー) [D][61]
13   パストール・マルドナド[62] 全戦
  マノー・マルシャF1チーム マルシャ MR03B[63] フェラーリ 059/3[63] P 28   ウィル・スティーブンス[64] 全戦 (42)   ファビオ・ライマー [R][65]
(98)   ロベルト・メリ [R][66]
  ジョーダン・キング [D][67]
  リオ・ハリアント [D]
98   ロベルト・メリ[67] 1-12,15,19
53   アレクサンダー・ロッシ[68] 13-14,16-18
  ザウバーF1チーム ザウバー C34 フェラーリ 059/4[69] P 9   マーカス・エリクソン[70] 全戦 (36)   ラファエレ・マルチェロ [R][T][71]
12   フェリペ・ナスル[72] 全戦

ドライバー変更編集

開催地編集

  • メキシコGPが、1992年以来23年ぶりに復活する。
  • 韓国GPが開催予定として上げられたが、開催契約がある為に法的理由によって予定に加えられただけであった[73]。実際には韓国GPのオーガナイザーですら開催を望んでおらず、最終的には予定から外された[74]
  • 2014年は開催を休止したインドGPがふたたび開催されるとされてきたが、2016年度以降にずれ込む。
  • アメリカニュージャージー州ポート・インペリアル市街地コースでの開催が検討されつづけている。本来は2013年からの開催予定であったが、2年以上延期されている。少なくとも、2015年度の開催はない。2016年度の開催を望んでいるが「あくまでも最速」とのことで、もしもポート・インペリアル市街地レースが開催された場合はオースティンサーキットと交代される予定。
  • タイGPが初開催される予定とされてきたが、延期され続けている。
  • 正式な開催カレンダーに入っていたドイツGPニュルブルクリンクで行われる予定だったが交渉不成立、また交互開催を行っているホッケンハイムリンクとも契約はまとまらず、シーズン開幕後に中止が決定された。ドイツ国内でF1が開催されないのは1960年以来であり、55年ぶり4回目。[4]
Round レース名称[75] GP名 開催サーキット 都市 決勝開催日 決勝スタート時刻 周回数
現地時間 協定世界時
1   Rolex Australian Grand Prix オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット メルボルン 03月15日 16:00 05:00 58
2   Petronas Malaysia Grand Prix マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット セパン 03月29日 15:00 07:00 56
3   Chinese Grand Prix 中国GP 上海インターナショナルサーキット 上海 04月12日 14:00 06:00 56
4   Gulf Air Bahrain Grand Prix バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット サクヒール 04月19日 18:00 15:00 57
5   Gran Premio de España Pirelli スペインGP カタロニア・サーキット バルセロナ 05月10日 14:00 12:00 66
6   Grand Prix de Monaco モナコGP モンテカルロ市街地コース モンテカルロ 05月24日 14:00 12:00 78
7   Grand Prix du Canada カナダGP ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット モントリオール 06月07日 14:00 18:00 70
8   Grosser Preis von Österreich オーストリアGP レッドブル・リンク シュピールベルク 06月21日 14:00 12:00 71
9   British Grand Prix イギリスGP シルバーストーン・サーキット ノーサンプトンシャー 07月05日 13:00 12:00 52
10   Pirelli Magyar Nagydíj ハンガリーGP ハンガロリンク ブダペスト 07月26日 14:00 12:00 70
11   Shell Belgian Grand Prix ベルギーGP スパ・フランコルシャン スパ 08月23日 14:00 12:00 44
12   Gran Premio d'Italia イタリアGP モンツァ・サーキット モンツァ 09月06日 14:00 12:00 53
13   Singapore Airlines Singapore Grand Prix シンガポールGP シンガポール市街地コース シンガポール 09月20日 20:00 12:00 61
14   Japanese Grand Prix 日本GP 鈴鹿サーキット 鈴鹿 09月27日 14:00 05:00 53
15   Russian Grand Prix ロシアGP ソチ・オリンピックパーク・サーキット ソチ 10月11日 14:00 10:00 53
16   United States Grand Prix アメリカGP サーキット・オブ・ジ・アメリカズ オースティン 10月25日 14:00 20:00 56
17   Gran Premio de México メキシコGP エルマノス・ロドリゲス・サーキット メキシコ・シティ 11月01日 13:00 19:00 71
18   Grande Prêmio do Brasil ブラジルGP インテルラゴス・サーキット サンパウロ 11月15日 14:00 16:00 71
19   Etihad Airways Abu Dhabi Grand Prix アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット アブダビ 11月29日 17:00 13:00 55

結果編集

レース編集

Rd. GP名 ポールポジション ファステストラップ 勝者 コンストラクター 詳細
1   オーストラリアグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
2   マレーシアグランプリ   ルイス・ハミルトン   ニコ・ロズベルグ   セバスチャン・ベッテル   フェラーリ 詳細
3   中国グランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
4   バーレーングランプリ   ルイス・ハミルトン   キミ・ライコネン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
5   スペイングランプリ   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細
6   モナコグランプリ   ルイス・ハミルトン   ダニエル・リカルド   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細
7   カナダグランプリ   ルイス・ハミルトン   キミ・ライコネン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
8   オーストリアグランプリ   ルイス・ハミルトン   ニコ・ロズベルグ   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細
9   イギリスグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
10   ハンガリーグランプリ   ルイス・ハミルトン   ダニエル・リカルド   セバスチャン・ベッテル   フェラーリ 詳細
11   ベルギーグランプリ   ルイス・ハミルトン   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
12   イタリアグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
13   シンガポールグランプリ   セバスチャン・ベッテル   ダニエル・リカルド   セバスチャン・ベッテル   フェラーリ 詳細
14   日本グランプリ   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
15   ロシアグランプリ   ニコ・ロズベルグ   セバスチャン・ベッテル   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
16   アメリカグランプリ   ニコ・ロズベルグ   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
17   メキシコグランプリ   ニコ・ロズベルグ   ニコ・ロズベルグ   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細
18   ブラジルグランプリ   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細
19   アブダビグランプリ   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細

ドライバーズ・ワールド・チャンピオンシップ(選手部門)編集

上位10台には以下のポイントが加算される。

順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位 
ポイント 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1

(略号と色の意味はこちらを参照

順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
CHN
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
MEX
 
BRA
 
ABU
 
Pts
1  ルイス・ハミルトン 1 2 1 1 2 3 1 2 1 6 1 1 Ret 1 1 1 2 2 2 381
2  ニコ・ロズベルグ 2 3 2 3 1 1 2 1 2 8 2 17† 4 2 Ret 2 1 1 1 322
3  セバスチャン・ベッテル 3 1 3 5 3 2 5 4 3 1 12† 2 1 3 2 3 Ret 3 4 278
4  キミ・ライコネン Ret 4 4 2 5 6 4 Ret 8 Ret 7 5 3 4 8 Ret Ret 4 3 150
5  バルテリ・ボッタス DNS 5 6 4 4 14 3 5 5 13 9 4 5 5 12† Ret 3 5 13 136
6  フェリペ・マッサ 4 6 5 10 6 15 6 3 4 12 6 3 Ret 17 4 Ret 6 DSQ 8 121
7  ダニール・クビアト DNS 9 Ret 9 10 4 9 12 6 2 4 10 6 13 5 Ret 4 7 10 95
8  ダニエル・リカルド 6 10 9 6 7 5 13 10 Ret 3 Ret 8 2 15 15† 10 5 11 6 92
9  セルジオ・ペレス 10 13 11 8 13 7 11 9 9 Ret 5 6 7 12 3 5 8 12 5 78
10  ニコ・ヒュルケンベルグ 7 14 Ret 13 15 11 8 6 7 Ret DNS 7 Ret 6 Ret Ret 7 6 7 58
11  ロマン・グロージャン Ret 11 7 7 8 12 10 Ret Ret 7 3 Ret 13† 7 Ret Ret 10 8 9 51
12  マックス・フェルスタッペン Ret 7 17† Ret 11 Ret 15 8 Ret 4 8 12 8 9 10 4 9 9 16 49
13  フェリペ・ナッセ 5 12 8 12 12 9 16 11 DNS 11 11 13 10 20† 6 9 Ret 13 15 27
14  パストール・マルドナド Ret Ret Ret 15 Ret Ret 7 7 Ret 14 Ret Ret 12 8 7 8 11 10 Ret 27
15  カルロス・サインツ 9 8 13 Ret 9 10 12 Ret Ret Ret Ret 11 9 10 Ret 7 13 Ret 11 18
16  ジェンソン・バトン 11 Ret 14 DNS 16 8 Ret Ret Ret 9 14 14 Ret 16 9 6 14 14 12 16
17  フェルナンド・アロンソ Ret 12 11 Ret Ret Ret Ret 10 5 13 18† Ret 11 11 11 Ret 15 17 11
18  マーカス・エリクソン 8 Ret 10 14 14 13 14 13 11 10 10 9 11 14 Ret Ret 12 16 14 9
19  ロベルト・メリ DNP 15 16 17 18 16 Ret 14 12 15 15 16 13 19 0
20  アレクサンダー・ロッシ 14 18 12 15 18 0
21  ウィル・スティーブンス DNP DNS 15 16 17 17 17 Ret 13 16† 16 15 15 19 14 Ret 16 17 18 0
22  ケビン・マグヌッセン DNS 0
順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
CHN
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
MEX
 
BRA
 
ABU
 
Pts

太字 - ポールポジション斜体 - ファステストラップ
† 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

コンストラクターズ・ワールド・チャンピオンシップ(製造者部門)編集

ポイントシステムおよび以下の書式はドライバー部門と同一である。

順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
CHN
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
MEX
 
BRA
 
ABU
 
Pts
1   メルセデス 44 1 2 1 1 2 3 1 2 1 6 1 1 Ret 1 1 1 2 2 2 703
6 2 3 2 3 1 1 2 1 2 8 2 17† 4 2 Ret 2 1 1 1
2   フェラーリ 5 3 1 3 5 3 2 5 4 3 1 12† 2 1 3 2 3 Ret 3 4 428
7 Ret 4 4 2 5 6 4 Ret 8 Ret 7 5 3 4 8 Ret Ret 4 3
3   ウィリアムズ-メルセデス 19 4 6 5 10 6 15 6 3 4 12 6 3 Ret 17 4 Ret 6 DSQ 8 257
77 DNS 5 6 4 4 14 3 5 5 13 9 4 5 5 12† Ret 3 5 13
4   レッドブル-ルノー 3 6 10 9 6 7 5 13 10 Ret 3 Ret 8 2 15 15† 10 5 11 6 187
26 DNS 9 Ret 9 10 4 9 12 6 2 4 10 6 13 5 Ret 4 7 10
5   フォース・インディア-メルセデス 27 7 14 Ret 13 15 11 8 6 7 Ret DNS 7 Ret 6 Ret Ret 7 6 7 136
11 10 13 11 8 13 7 11 9 9 Ret 5 6 7 12 3 5 8 12 5
6   ロータス-メルセデス 8 Ret 11 7 7 8 12 10 Ret Ret 7 3 Ret 13† 7 Ret Ret 10 8 9 78
13 Ret Ret Ret 15 Ret Ret 7 7 Ret 14 Ret Ret 12 8 7 8 11 10 Ret
7   トロ・ロッソ-ルノー 33 Ret 7 17† Ret 11 Ret 15 8 Ret 4 8 12 8 9 10 4 9 9 16 67
55 9 8 13 Ret 9 10 12 Ret Ret Ret Ret 11 9 10 Ret 7 13 Ret 11
8   ザウバー-フェラーリ 9 8 Ret 10 14 14 13 14 13 11 10 10 9 11 14 Ret Ret 12 16 14 36
12 5 12 8 12 12 9 16 11 DNS 11 11 13 10 20† 6 9 Ret 13 15
9  マクラーレン-ホンダ 14 Ret 12 11 Ret Ret Ret Ret 10 5 13 18† Ret 11 11 11 Ret 15 17 27
20 DNS
22 11 Ret 14 DNS 16 8 Ret Ret Ret 9 14 14 Ret 16 9 6 14 14 12
10   マルシャ-フェラーリ 28 DNP DNS 15 16 17 17 17 Ret 13 16† 16 15 15 19 14 Ret 16 17 18 0
98 DNP 15 16 17 18 16 Ret 14 12 15 15 16 13 19
53 14 18 12 15 18
順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
CHN
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
MEX
 
BRA
 
ABU
 
Pts

ペナルティポイント編集

テレビ放送編集

日本編集

2015年の放送は、

で放送される。

フジテレビ(地上波・関東ローカル)は昨年に引き続き、日本GPの決勝を録画放送する[100][101]。また、数戦ごとにまとめたダイジェスト版の放送も昨年に引き続き行われる[102][103]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ "レッドブルがまさかのF1撤退危機。エンジンメーカーを怒らせた“驕り”。". Number web.(2015年10月18日)2016年1月21日閲覧。
  2. ^ "レッドブル、ルノー製『タグ・ホイヤー』PUを発表". オートスポーツ.(2015年12月4日)2016年1月21日閲覧。
  3. ^ “ホンダ、F1復帰を正式発表!マクラーレン・ホンダ復活!”. F1-Gate.com. (2013年5月16日). http://f1-gate.com/honda/f1_19381.html 2015年3月21日閲覧。 
  4. ^ a b FIA、ドイツGP中止を決定”. ESPN F1 (2015年3月21日). 2015年3月21日閲覧。
  5. ^ ただしジョン・ブースらチーム首脳の退陣が発表されているため、チーム名が変更される可能性がある。
  6. ^ "F1新クライアントエンジンは「安価で高パワー」。数社が候補". オートスポーツ.(2015年10月28日)2016年1月20日閲覧。
  7. ^ "新エンジン案は否決も各メーカーは解決案を提出へ". オートスポーツ.(2015年11月25日)2016年1月20日閲覧。
  8. ^ 尾張正博 "免許を持たないF1ドライバー誕生! 17歳・フェルスタッペンに議論沸騰。". Number web.(2015年1月31日)2016年1月21日閲覧。
  9. ^ それ以前の記録は、ダニール・クビアトの19歳と324日(2014年オーストラリアGP)。
  10. ^ "フェルスタッペンがFIA表彰式で「3部門」を受賞". オートスポーツ.(2015年12月6日)2016年1月21日閲覧。
  11. ^ ビアンキが永眠、享年25”. ESPN F1 (2015年7月18日). 2015年7月22日閲覧。
  12. ^ ビアンキの17番、永久欠番に”. ESPN F1 (2015年7月20日). 2015年7月22日閲覧。
  13. ^ “エイドリアン・ニューウェイ 「重量制限は変更するべき」”. F1-Gate.com. (2013年12月4日). http://f1-gate.com/redbull/f1_21896.html 2013年12月15日閲覧。 
  14. ^ “World Motor Sport Council 2014 - Geneva An extraordinary meeting of the FIA World Motor Sport Council (WMSC) took place today (23 January) in Geneva, Switzerland.”. FIA. (2013年1月23日). http://www.fia.com/news/world-motor-sport-council-2014-geneva 2013年1月27日閲覧。 
  15. ^ “マシン最低重量、691kgに改正か”. ESPN F1. (2013年1月23日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/142535.html 2013年1月26日閲覧。 
  16. ^ “F1:パワーユニット開発の『トークン』とは?”. F1-Gate.com. (2015年6月6日). http://f1-gate.com/f1car/f1_26029.html 2015年8月12日閲覧。 
  17. ^ “F1:2015年から予算キャップを導入”. F1-Gate.com. (2013年12月10日). http://f1-gate.com/fia/f1_21940.html 2013年12月15日閲覧。 
  18. ^ “2015年F1規則:VSCなどセーフティカー規定が変更”. AUTOSPORTweb. (2014年12月4日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=61985 2015年6月13日閲覧。 
  19. ^ “ホンダ、追加でペナルティなしの1基のパワーユニットを獲得へ”. F1-Gate.com. (2015年7月3日). http://f1-gate.com/honda/f1_27713.html 2015年7月5日閲覧。 
  20. ^ “マクラーレン勢は共に25グリッド降格処分”. ESPN F1. (2015年6月20日). http://ja.espnf1.com/mclaren/motorsport/story/202383.html 2015年7月5日閲覧。 
  21. ^ “ホンダ、次のPUでは降格なし。新規則の特別措置”. AUTOSPORTweb. (2015年7月22日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=66871 2015年7月22日閲覧。 
  22. ^ “具体的なドライバーエイドの規制が判明”. ESPN F1. (2015年8月20日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/205675.html 2015年8月24日閲覧。 
  23. ^ “ドライバーの復権を歓迎するアロンソ”. ESPN F1. (2015年8月21日). http://ja.espnf1.com/mclaren/motorsport/story/205761.html 2015年8月24日閲覧。 
  24. ^ “ニコ・ロズベルグ、スタート失敗を反省”. F1-Gate.com. (2015年8月23日). http://f1-gate.com/rosberg/f1_28203.html 2015年8月24日閲覧。 
  25. ^ “2015 FIA F1 World Championship - Updated Entry List”. FIA. (2015年2月27日). http://www.fia.com/2015-fia-f1-world-championship-updated-entry-list 2015年2月28日閲覧。 
  26. ^ 2014年チャンピオンのハミルトンはカーナンバー1を付ける権利があるが、パーソナルナンバーの44を使用することを選択。“ハミルトンは44を選択”. ESPN F1. (2014年12月24日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/187973.html 2015年3月13日閲覧。 
  27. ^ “メルセデス、パスカル・ウェーレインをリザーブドライバーに起用”. F1-Gate.com. (2014年9月15日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_24998.html 2014年9月16日閲覧。 
  28. ^ “ロズベルグ、契約延長を発表”. ESPN F1. (2014年7月16日). http://ja.espnf1.com/mercedes/motorsport/story/167297.html 2014年12月6日閲覧。 
  29. ^ “レッドブル、ルノーとのエンジン契約を5年延長”. AUTO SPORT Web. (2011年9月10日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=36066 2013年12月21日閲覧。 
  30. ^ “レッドブル、ダニエル・リカルドとの2014年の契約を正式発表”. F1-Gate.com. (2013年9月3日). http://f1-gate.com/redbull/f1_20691.html 2013年10月26日閲覧。 
  31. ^ “レッドブル、ブエミのリザーブ続投を発表”. ESPN F1. (2014年12月24日). http://ja.espnf1.com/redbull/motorsport/story/187937.html 2014年12月24日閲覧。 
  32. ^ “ピエール・ガスリー、レッドブルのリザーブドライバーに就任”. F1-Gate.com. (2015年9月28日). http://f1-gate.com/redbull/f1_28632.html 2015年9月29日閲覧。 
  33. ^ “ベッテルが今季末でレッドブル離脱!”. F1-Gate.com. (2014年10月4日). http://ja.espnf1.com/redbull/motorsport/story/177737.html 2014年12月6日閲覧。 
  34. ^ “ウィリアムズ、メルセデスとの長期エンジン契約を発表”. F1-Gate.com. (2013年5月30日). http://f1-gate.com/williams/f1_19565.html 2013年10月26日閲覧。 
  35. ^ a b “マッサ&ボッタスの来季継続が正式発表”. F1-Gate.com. (2014年9月7日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=59737 2014年12月11日閲覧。 
  36. ^ “スーティルがウィリアムズの公式リザーブに”. ESPN F1. (2015年3月26日). http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/195567.html 2015年3月27日閲覧。 
  37. ^ “スージー、テストドライバーに昇進”. ESPN F1. (2014年11月28日). http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/186255.html 2014年12月6日閲覧。 
  38. ^ “リンがウィリアムズの開発ドライバーに”. ESPN F1. (2015年1月28日). http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/189623.html 2015年1月31日閲覧。 
  39. ^ a b “ベッテル、フェラーリと3年契約を発表”. ESPN F1. (2014年11月20日). http://ja.espnf1.com/ferrari/motorsport/story/184597.html 2014年12月6日閲覧。 
  40. ^ “グティエレス、テスト兼リザーブとしてフェラーリへ”. ESPN F1. (2014年12月16日). http://ja.espnf1.com/ferrari/motorsport/story/187499.html 2014年12月16日閲覧。 
  41. ^ “ベルニュが跳ね馬に乗換え、デ・ラ・ロサが去る”. ESPN F1. (2014年12月20日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=62248 2014年12月20日閲覧。 
  42. ^ “再来年からパワーユニットを供給するHonda”. ESPN F1. (2013年5月16日). http://ja.espnf1.com/mclaren/motorsport/story/108172.html 2014年12月6日閲覧。 
  43. ^ a b c “マクラーレンドライバーはバトンとアロンソ!”. ESPN F1. (2014年12月11日). http://ja.espnf1.com/mclaren/motorsport/story/187237.html 2014年12月11日閲覧。 
  44. ^ “ホンダPU搭載のマクラーレンMP4-29Hが初走行!”. AUTO SPORT web. (2014年11月15日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=61454 2014年11月15日閲覧。 
  45. ^ “マクラーレン、来年もバンドーンをテスターに起用”. F1-Gate.com. (2014年12月16日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=62176 2014年12月18日閲覧。 
  46. ^ a b “アロンソ、医師の助言で開幕戦を欠場”. ESPN F1. (2015年3月3日). http://ja.espnf1.com/mclaren/motorsport/story/193307.html 2015年3月3日閲覧。 
  47. ^ “セルジオ・ペレス、Bスペックマシンで“打倒レッドブル””. F1-Gate.com. (2015年7月3日). http://f1-gate.com/perez/f1_27718.html 2015年8月24日閲覧。 
  48. ^ “フォース・インディア、メルセデスとの契約を2014年以降まで延長”. F1-Gate.com. (2013年3月28日). http://f1-gate.com/forceindia/f1_18794.html 2013年12月21日閲覧。 
  49. ^ “フォース・インディア、ヒュルケンベルグ残留を発表”. ESPN F1-Gate. (2014年10月20日). http://ja.espnf1.com/forceindia/motorsport/story/180445.html 2014年12月6日閲覧。 
  50. ^ “ウェーレインがフォース・インディアのテストを2日間担当”. ESPN F1. (2015年2月18日). http://ja.espnf1.com/forceindia/motorsport/story/191565.html 2015年2月20日閲覧。 
  51. ^ “知名度の低いドライバー起用に避難集中”. ESPN F1. (2015年3月26日). http://ja.espnf1.com/forceindia/motorsport/story/195621.html 2015年3月26日閲覧。 
  52. ^ “ペレスのフォース・インディア残留が決定”. ESPN F1. (2014年11月23日). http://ja.espnf1.com/forceindia/motorsport/story/185165.html 2014年12月6日閲覧。 
  53. ^ “トロ・ロッソ、ルノーとのエンジン契約を正式発表”. F1-Gate.com. (2013年5月26日). http://f1-gate.com/tororosso/f1_19507.html 2013年12月21日閲覧。 
  54. ^ “トロロッソ、フェルスタッペンJr起用を正式発表”. AUTO SPORT web. (2014年8月19日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=59193 2014年11月8日閲覧。 
  55. ^ “トロ・ロッソの2人目はサインツJr.に決定”. ESPN F1. (2014年11月29日). http://ja.espnf1.com/tororosso/motorsport/story/186335.html 2014年12月2日閲覧。 
  56. ^ 本人の意向により表記上「Jr.」を外している。“ジュニアを外してほしいとサインツ”. ESPN F1. (2014年12月1日). http://ja.espnf1.com/tororosso/motorsport/story/186453.html 2015年3月13日閲覧。 
  57. ^ “ロータスがメルセデスとエンジン供給契約”. ESPN F1. (2014年10月10日). http://ja.espnf1.com/lotusf1/motorsport/story/178817.html 2014年12月6日閲覧。 
  58. ^ “ロータス、グロージャン残留を発表”. ESPN F1. (2014年11月19日). http://ja.espnf1.com/lotusf1/motorsport/story/184457.html 2014年12月6日閲覧。 
  59. ^ “GP2王者のパーマーがロータスのリザーブに”. ESPN F1. (2015年1月21日). http://ja.espnf1.com/lotusf1/motorsport/story/189105.html 2015年1月21日閲覧。 
  60. ^ “ロータス、開発ドライバーにホルダを起用”. ESPN F1. (2015年2月26日). http://ja.espnf1.com/lotusf1/motorsport/story/189105.html 2015年2月28日閲覧。 
  61. ^ “フォングがロータスの開発ドライバーに”. ESPN F1. (2015年3月24日). http://ja.espnf1.com/lotusf1/motorsport/story/195345.html 2015年3月25日閲覧。 
  62. ^ “ロータスがマルドナド残留を公表”. ESPN F1. (2014年7月20日). http://ja.espnf1.com/lotusf1/motorsport/story/168133.html 2013年12月12日閲覧。 
  63. ^ a b “マノー・マルシャ車がクラッシュテストに合格”. ESPN F1. (2015年3月6日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/193529.html 2015年4月13日閲覧。 
  64. ^ “マノーのドライバーはスティーブンス!”. ESPN F1. (2015年2月25日). http://ja.espnf1.com/marussia/motorsport/story/192511.html 2015年2月28日閲覧。 
  65. ^ “ライマーがマノー・マルシャのリザーブに就任”. ESPN F1. (2015年6月4日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/201017.html 2015年6月27日閲覧。 
  66. ^ “2016年のシートに的を絞るメルヒ”. ESPN F1. (2015年9月17日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/207589.html 2015年9月17日閲覧。 
  67. ^ a b “メルヒがマノー・マルシャのドライバーに就任”. ESPN F1. (2015年3月10日). http://ja.espnf1.com/marussia/motorsport/story/193815.html 2015年3月11日閲覧。 
  68. ^ “マノー・マルシャ、シンガポールからロッシを起用”. ESPN F1. (2015年9月17日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/207569.html 2015年9月17日閲覧。 
  69. ^ “ザウバー、フェラーリとのエンジン契約を延長”. F1-Gate.com. (2013年10月4日). http://f1-gate.com/sauber/f1_21089.html 2013年12月21日閲覧。 
  70. ^ “ザウバーがエリクソンと契約!”. ESPN F1. (2014年11月2日). http://ja.espnf1.com/sauber/motorsport/story/181885.html 2014年12月6日閲覧。 
  71. ^ “マルチェロがザウバーのリザーブ就任”. ESPN F1. (2014年12月31日). http://ja.espnf1.com/sauber/motorsport/story/188131.html 2015年1月1日閲覧。 
  72. ^ “ナスルがザウバードライバーに!”. ESPN F1. (2014年11月6日). http://ja.espnf1.com/sauber/motorsport/story/182519.html 2014年11月6日閲覧。 
  73. ^ エクレストン、韓国GPを載せたのは「法的理由」”. ESPN F1 (2014年12月14日). 2014年12月27日閲覧。
  74. ^ “[http://www.fia.com/sites/default/files/basicpage/file/20141223/2015Calendar_new.pdf 2015 International Sporting Calendar]”. FIA (2014年12月23日). 2014年12月27日閲覧。
  75. ^ 2015 FIA Formula One World ChampionshipR Race Calendar”. Formuara1.com. 2014年6月6日閲覧。
  76. ^ “F1:2014年からペナルティポイントシステムを導入”. (2013年12月12日). http://f1-gate.com/fia/f1_21960.html 2014年5月4日閲覧。 
  77. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc39”. FIA. (2015年5月24日). http://www.fia.com/file/28448/download?token=6yUJWvyV 2015年6月8日閲覧。 
  78. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc38 - M.Verstappen”. FIA. (2015年7月26日). http://www.fia.com/file/31708/download?token=Xbtno6eY 2015年7月27日閲覧。 
  79. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc39 - M.Verstappen”. FIA. (2015年11月29日). http://www.fia.com/file/37253/download?token=RUSyUlHQ 2015年11月30日閲覧。 
  80. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc40 - M.Verstappen”. FIA. (2015年11月29日). http://www.fia.com/file/37254/download?token=-CUu6mt1 2015年11月30日閲覧。 
  81. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc36”. FIA. (2015年3月28日). http://www.fia.com/sites/default/files/29.03_-_stewards_decision_doc36_-_pastor_maldonado_0.pdf 2015年6月8日閲覧。 
  82. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc34 - P.Maldonado”. FIA. (2015年7月26日). http://www.fia.com/file/31704/download?token=icIhkrUZ 2015年7月27日閲覧。 
  83. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc42 - P.Maldonado”. FIA. (2015年11月16日). http://www.fia.com/file/36587/download?token=V2UfoKO8 2015年11月16日閲覧。 
  84. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc37”. FIA. (2015年3月28日). http://www.fia.com/sites/default/files/29.03_-_stewards_decision_doc37_-_nico_hulkenberg_1.pdf 2015年6月8日閲覧。 
  85. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc37 - N.Hulkenberg”. FIA. (2015年9月20日). http://www.fia.com/file/33885/download?token=gUE7j7vg 2015年9月20日閲覧。 
  86. ^ “FIA Stewards Decision -Stewards Decision Doc42”. FIA. (2015年6月21日). http://www.fia.com/file/30011/download?token=_bXI8Phj 2015年6月22日閲覧。 
  87. ^ “FIA Stewards Decision -Stewards Decision Doc29 - M.Ericsson”. FIA. (2015年9月5日). http://www.fia.com/file/33037/download?token=dMcHVZKU 2015年9月6日閲覧。 
  88. ^ “FIA Stewards Decision -Stewards Decision Doc41”. FIA. (2015年6月6日). http://www.fia.com/file/29078/download?token=HSZqYkcf 2015年6月6日閲覧。 
  89. ^ “FIA Stewards Decision -Stewards Decision Doc33 - R.Grosjean”. FIA. (2015年7月26日). http://www.fia.com/file/31703/download?token=_l9f8SFa 2015年7月27日閲覧。 
  90. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc43 - K.Raikkonen”. FIA. (2015年10月11日). http://www.fia.com/file/34989/download?token=uEEkS5JL 2015年10月11日閲覧。 
  91. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc27”. FIA. (2015年6月6日). http://www.fia.com/file/29017/download?token=ZjfT-4ag 2015年6月6日閲覧。 
  92. ^ “FIA Stewards Decision -Stewards Decision Doc37 - F.Alonso”. FIA. (2015年11月29日). http://www.fia.com/file/37251/download?token=t3fLPVmT 2015年11月30日閲覧。 
  93. ^ “FIA Stewards Decision -Stewards Decision Doc27 - F.Nasr”. FIA. (2015年11月14日). http://www.fia.com/file/36459/download?token=3aNJWPoC 2015年11月15日閲覧。 
  94. ^ “FIA Stewards Decision -Stewards Decision Doc41 - D.Kvyat”. FIA. (2015年7月26日). http://www.fia.com/file/31721/download?token=wB9Fb4FY 2015年7月27日閲覧。 
  95. ^ “FIA Stewards Decision -Stewards Decision Doc39 - L.Hamilton”. FIA. (2015年7月26日). http://www.fia.com/file/31709/download?token=mM5BidHT 2015年7月27日閲覧。 
  96. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc32”. FIA. (2015年4月12日). http://www.fia.com/sites/default/files/12.04_-_stewars_decision_doc32_-_j.button.pdf 2015年6月8日閲覧。 
  97. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc33”. FIA. (2015年4月12日). http://www.fia.com/sites/default/files/12.04_-_stewards_decision_doc33_-_r.merhi_.pdf 2015年6月8日閲覧。 
  98. ^ “FIA Stewards Decision - Stewards Decision Doc38”. FIA. (2015年3月28日). http://www.fia.com/sites/default/files/29.03_-_stewards_decision_doc38_-_sergio_perez_1.pdf 2015年6月8日閲覧。 
  99. ^ F1ファンに朗報!!"音速バトル"をスマホでチェック!!2015シーズン「F1グランプリ」 全戦放送決定!,mmbi,2015年3月5日
  100. ^ フジテレビ、F1日本GPを地上波で放送”. F1-Gate.com (2015年9月14日). 2015年9月23日閲覧。
  101. ^ 2015年 F1日本GP テレビ放送時間&タイムスケジュール”. F1-Gate.com (2015年9月22日). 2015年9月23日閲覧。
  102. ^ フジテレビ、地上波F1番組「2015 F1グランプリ Vol.1」を放送”. F1-Gate.com (2015年5月30日). 2015年9月23日閲覧。
  103. ^ フジテレビ、地上波F1番組「2015 F1グランプリ Vol.2」を放送”. F1-Gate.com (2015年9月13日). 2015年9月23日閲覧。