メインメニューを開く

2cm Flak 38は、1940年ナチス・ドイツで採用された口径20mmの対空機関砲である。

2 cm Flak 38
Flak 30
2 cm Flak 38
種類 対空機関砲
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
運用史
配備期間 March 1940年1945年
配備先 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発期間 1940年
製造業者 マウザー
製造期間 1940年
諸元
重量 450kg(992lbs)
全長 4.08m(13.38ft)
銃身 1.3m(4.26ft)(L/65)
全幅 1.81m(6ft)
全高 1.6m(5.24ft)
要員数 7名

砲弾 20×138mmB弾
口径 20mm(.78in)
仰角 -10°-+90°
旋回角 360°
発射速度 280–450rounds/min(通常)
120–180rpm(非常時)
初速 900m/s(2,953ft/s)
有効射程 2,200m(2,406yds)
装填方式 20発箱型弾倉
テンプレートを表示

概要編集

低空で来襲する敵戦闘機戦闘爆撃機を迎撃するため、ラインメタル・ボルジヒ社の2 cm Flak 30が配備されていたが、航空機の高速化に対応すべく、より発射速度の高い機関砲としてマウザー社が改良・開発した。Flak 30と同型のY字型の砲架に載せられ、手動での全周旋回、-20度から+90までの砲身俯仰が可能であり、俯仰手・測距手・装填手・弾薬運搬手の4名で運用される。

右図に示す2輪トレーラー(Sd.Ah.51)に搭載された本砲は、Sd Kfz 251マウルティアのような半装軌車、また、クルップ・プロッツェオペル・ブリッツのようなトラックに牽引されて移動する。ホルヒ 1a(Horch 108 Typ 1a)のような大型乗用車に現地改造で搭載した例もある。

2cm Flak 38は、Flak 30同様に陸軍海軍空軍武装SSの各軍で共通運用され、要塞や対空陣地・各種車両列車艦艇に搭載され、幅広く用いられた。

また、対空任務だけでなく、地上目標に対する制圧・支援射撃用としても威力を発揮した。しかし、Flak 30より発射速度が上がったとはいえ、相変わらず20発入りの箱型弾倉を使い、実用発射速度も180-220発/分でしかなく、本砲を4門並べた2cm Flakvierling38に発展することとなった。また、本砲を戦車装甲車主砲用に改造した2cm KwK 38も生産され、後期のII号戦車38(t)偵察戦車装輪装甲車装甲ハーフトラックに搭載された。

自走砲への搭載編集

本砲は車輌に牽引されるだけにとどまらず、各種の自走砲に搭載された。最初にハーフトラックの荷台に搭載したままで射撃可能な対空自走砲型の、2cm高射砲搭載 1t牽引車が開発された。さらにI号戦車A型38(t)軽戦車系の自走砲シャーシに搭載した対空戦車が作られた。I号戦車をベースとしたものはドイツ軍に制空権のあった大戦初期に生産されたため、主に地上戦闘の火力支援に投入され、スターリングラード攻防戦で全車が失われた。一方、38(t)自走砲は、大戦後期の敵航空機に対し火力不足でありながら、ドイツ軍が航空優勢を失って行く中で対空車輌の需要に供給が追いつかず、終戦まで使用されつづけた。この他、現地改造のレベルで大型軍用車輌トラック装甲ハーフトラックに搭載された物もあった。

画像編集

登場作品編集

映画編集

プライベート・ライアン
武装親衛隊の装備として登場。ティーガーIに取り付いたアメリカ兵たちに水平射撃を加えて排除し、高い威力を見せつける。

ゲーム編集

バトルフィールド1942
ドイツ軍日本軍対空機関砲として登場する。

関連項目編集