メインメニューを開く

概要編集

1992年CMLL(当時の団体名はEMLL)のブッカーを務めていたアントニオ・ペーニャが独立し、メキシコシティに設立して旗揚げ戦を開催。

CMLLから引き連れたルチャドール達に加えてレイ・ミステリオシコシスといった新世代レスラー達が活躍してアメリカンプロレスを意識したエンターテイメント性の強いプロレスを推し進めてライバル団体のLLIを壊滅に追い込み、メキシコを基盤に南米アメリカへの人気を獲得していく。

WWEレッスルマニアに相当するトリプレマニアという興行が年間を通して最大の興行とされている。ストーリーには代表のペーニャ自身も深く関わっている(ビンス・マクマホンと違ってあくまでもリンピオ扱い)。なお、ヘキサゴンと呼ばれる六角形のリングを初めて考案しており、提携しているアメリカのインパクト・レスリングにも輸出された選手も多く参戦している。

2014年9月、北米進出としてルチャ・アンダーグラウンドなるブランドを設立。AAA所属選手のみならず、元WWE所属選手、飛び技を得意とする選手を参戦させて人気を獲得しようとした動きを見せている。また、カナダIWSと業務提携を結んでいる。

タイトル編集

レイ・デ・レイエス
レイナ・デ・レイナス
トリプレマニア
アラス・デ・オロ
コパ・アントニオ・ペーニャ
ルチャ・リブレ・プレミア

所属選手編集

男性レスラー編集

女性レスラー編集

ミニ編集

過去の日本人所属選手編集

AAA殿堂編集

日本との関係編集

2000年後楽園ホールで年間最大イベント「トリプレマニア8」を開催して横浜名古屋神戸大阪のJAPANツアーを開催。

2003年2004年には日本で単独興行を開催。

2007年9月3日ディファ有明プロレスリング・ノアとの共催で「トリプレセム」を開催。

2008年5月25日、「レイナ・デ・レイナス」にOZアカデミー女子プロレスの選手が参戦。

2010年3月19日メキシコでノア所属選手の森嶋猛&石森太二組がAAA世界タッグ王座を獲得。

2011年10月23日全日本プロレス両国国技館大会でダーク・オズ&ダーク・クエルボ組が世界タッグ王座を獲得。

2012年11月27日プロレスリングWAVEとのコラボレーション興行を後楽園ホールで開催して10回目となる「レイナ・デ・レイナス」も興行内に盛り込まれた。

2015年5月24日メキシコシティのパラシオ・デ・ロス・デポルテスで開催した第1回「ルチャリブレ・ワールドカップ」に日本から高山善廣高山堂)&石森(ノア)&小峠篤司(ノア)組とKENSO(全日本)&3代目タイガーマスク(フリー)&政宗(フリー)組が出場。

2016年5月24日、第2回「ルチャリブレ・ワールドカップ」に丸藤正道(ノア)&マイバッハ谷口(ノア)&石森(ノア)組と王道)&田中将斗プロレスリングZERO1)&日高郁人(ZERO1)組が出場。新たに立ち上げた女子部アジャ・コング(OZアカデミー)&宮崎有妃(フリー)&夏すみれ(WAVE)組が出場。10月26日、後楽園ホールで「Star Battle Japan 2016」を単独興行を開催。

関連項目編集

外部リンク編集