ABCホームソング

ABCホームソング』(エービーシーホームソング、ABC Home song)は、1952年昭和27年)8月から1972年(昭和47年)9月までABCラジオで放送されていた音楽番組である。

本項では、2009年平成21年)度のナイターオフシーズンに『ミュージック・バイキング』で放送されていた『甦るABCホームソング[1]』(よみがえるエービーシーホームソング)についても記述する。

目次

概要編集

朝日放送の専属作曲家であった大澤壽人が中心になって企画したオリジナル歌謡曲の制作・放送番組で、数多くの著名な作詞家・作曲家・歌手が参加した。後年に多くの音楽番組で採り入れられたヘヴィー・ローテーションに当たるラジオ局やCS音楽専門局が選曲する推薦曲を紹介するコーナーや番組のパイオニア的な存在にあたる番組とされる[誰によって?]。「ホームソングコンクール」も開催され、作曲家のいずみたく嵐野英彦らが三木鶏郎にスカウトされて世に出る契機となった。

当初はスポンサー無しでの放送で、タイトルは製作局名を冠した『ABC・ホームソング』だったが、1954年(昭和29年)からは呉羽紡績の一社提供番組になり、タイトルも『クレハ・ホームソング』に変更された。それから12年後の1966年(昭和41年)4月には呉羽紡績が東洋紡に吸収合併されたことに伴い、本番組も『東洋紡・ホームソング』とタイトルを改めることになったが、翌1967年(昭和42年)1月からは東洋紡に代わって近畿日本鉄道(近鉄)の一社提供となったため、すぐさま『近鉄・ホームソング』と改題することになった。このタイトルは、1972年9月の番組終了まで続いた。

ホームソングを歌った歌手・グループ編集

放送局編集

甦るABCホームソング編集

甦るABCホームソング』(よみがえるエービーシーホームソング)は、2009年(平成21年)10月6日から2010年(平成22年)3月30日までABCラジオで放送されていた音楽番組である。放送時間は毎週火曜 21:15 - 22:00 (日本標準時)、『ミュージック・バイキング』火曜の番組として放送。

かつての『ABCホームソング』で放送された曲を年代ごとに紹介する番組だった。担当DJは赤崎加林。本番組の終了後も、ABCラジオは『日曜なつメロ大行進』の特集コーナーで『ABCホームソング』時代の曲を紹介している。

CD編集

脚注編集

  1. ^ abc1008.com | ミュージック・バイキング”. 朝日放送. 2016年6月12日閲覧。
  2. ^ CD「ABCホームソング大全」| ABC朝日放送通販サイト ABCかうも。”. 朝日放送. 2014年7月29日閲覧。
ABCラジオ 火曜21:15枠
(『ミュージック・バイキング』火曜)
前番組 番組名 次番組
ABCフレッシュアップ プラス(火曜)
(2009年7月7日 - 2009年9月29日)
※21:12 - 22:00
甦るABCホームソング
(2009年10月6日 - 2010年3月30日)
上田剛彦のミュージック・バイキング(火曜)
(2010年4月6日 - 2012年9月25日)
※21:12 - 22:00