ジャンピエロ・ヴェントゥーラ

ジャンピエロ・ヴェントゥーラGiampiero Ventura1948年1月14日 - )は、イタリアのサッカー指導者。

ジャンピエロ・ヴェントゥーラ Football pictogram.svg
Zenit-Torino (8).jpg
2015年のヴェントゥーラ
名前
ラテン文字 Giampiero VENTURA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1948-01-14) 1948年1月14日(72歳)
出身地 ジェノヴァ
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

UCサンプドリアで怪我のために短い現役生活を終えた後、指導者へ転身。ユース、アシスタントコーチを務めた。下部リーグで数多くのクラブを指揮し、1992年にはシチリアジャッレを率いてセリエC1で4位と好成績を収める。1993年SSCヴェネツィアの監督に任命されたが、翌シーズンに解任。

1995年にセリエC1のUSレッチェ監督となり、セリエAにまで昇格させた。続いて指揮したセリエBカリアリ・カルチョにおいても、セリエA昇格、残留と成功を収めている。1999-00シーズン、セリエBに降格したサンプドリアへ監督として帰還したが、昇格には失敗。

2001-02シーズンの途中、セリエAのウディネーゼ・カルチョ監督に就任するが、14位に終わる。2002年よりカリアリで再び監督となり、2シーズン指揮した。2004-05シーズン、セリエC1のSSCナポリ監督に就任するが、成績不振で解任され、エドアルド・レヤが後任の座についている。

2005-06シーズン、セリエAのFCメッシーナ監督に就任したものの、降格となった。2006-07シーズンはエラス・ヴェローナFC、2007-08、2008-09の2シーズンはピサ・カルチョをセリエBで指揮。

2009-10シーズン、セリエAに昇格したASバーリ監督に就任し、レオナルド・ボヌッチアンドレア・ラノッキアのセンターバックコンビが成長するなど大躍進を見せた。2010-11シーズンは一転して成績不振に陥り、2011年2月に解任。

2011-12シーズン、セリエBのトリノFC監督に就任し、低迷を続けるかつての名門をセリエAに昇格させた。

2016年6月7日、イタリア代表監督に2018 FIFAワールドカップまでの2年契約で就任[1]2017年8月9日にはイタリア代表との契約を2020年まで更新した[2]

2018W杯・欧州予選ではスペインと同じグループに入り、2位でプレーオフに進出。プレーオフスウェーデンと対戦が決定。1stレグはアウェーにて1-0で敗れ、2ndレグでもホームで0-0のスコアレスドローに終わり予選敗退。イタリア代表はW杯連続出場記録が15回で途切れ60年ぶりにW杯出場を逃すこととなった。11月15日、イタリアサッカー協会から代表監督の解任が発表された[3]

2018年10月10日、ACキエーヴォ・ヴェローナの監督に就任した[4]。11月13日、キエーヴォと双方合意の上で契約を解除した[5]

2019年6月30日、セリエBUSサレルニターナ1919の監督の座に就いた[6]

指導歴編集

脚注編集

  1. ^ 伊代表、新指揮官決定…前トリノのヴェントゥーラ氏がユーロ後に就任 - サッカーキング 2016年6月8日
  2. ^ 伊代表、ヴェントゥーラ監督と2020年まで契約延長…就任後10試合で7勝 - サッカーキング 2017年8月10日
  3. ^ イタリアサッカー連盟、ベントゥーラ監督の解任発表。60年ぶりのW杯予選敗退受けて”. FootballTribe (2016年11月16日). 2017年11月16日閲覧。
  4. ^ Comunicato ufficiale: Gian Piero Ventura è il nuovo allenatore della Prima squadra” (イタリア語). ChievoVerona (2018年10月10日). 2019年6月1日閲覧。
  5. ^ キエーボ、ヴェントゥーラ監督との契約解除を発表…”. 超ワールドサッカー. 2019年6月1日閲覧。
  6. ^ UFFICIALE: Salernitana, Giampiero Ventura nuovo allenatore” (イタリア語). www.tuttomercatoweb.com. 2019年11月15日閲覧。

外部リンク編集