アリアンツ

Allianzから転送)

アリアンツAllianz SE)は、ミュンヘン再保険と双子の関係にある保険会社で、資産運用会社などを傘下に持つ世界有数の金融グループである。フランクフルト証券取引所上場企業(FWBALV)。

Allianz SE
企業形態 株式会社
取引所 FWBALV
業種 金融サービス
設立 1890 (ベルリン)
本社 ドイツミュンヘン
事業地域 世界
主要人物 Michael Diekmann (CEO)
製品 保険、金融
売上高 増加 €142.369 billion (2019)[1]
営業利益 増加 €11.855 billion (2019)[1]
利益 増加 €8.302 billion (2019)[1]
運用資産 増加 €2.268 trillion (2019)[1]
資産総額 増加 €1.011 trillion (2019)[1]
純資産額 増加 €74.002 billion (2019)[1]
従業員数 147,268 (2019)[1]
子会社 AGF
Allianz Global Investors
アリアンツ生命保険
Fireman's Fund
Mondial
PIMCO
ユーラーヘルメス信用保険会社
ウェブサイト www.allianz.com
テンプレートを表示

概要編集

1880年Rückversicherungs-Gesellschaftという社名で設立された。10年後に大幅な増資をしてベルリンにアリアンツを立ち上げた。このときの出資者はメルク・フィンク商会英語版ドイツ語版ドイツ銀行である。メルク・フィンクは第一次世界大戦第二次世界大戦を経る間ずっとアリアンツの40%を保有し、ドイツ最大の保険会社へ育て上げた。メルク・フィンクはS. M. v. Rothschildアーリア化しており、戦後アリアンツ株を買い増して1990年にバークレイズと合併した。

2001年、アリアンツはドイツの銀行大手のドレスナー銀行を買収し傘下に納めた[2]

現在は損害保険生命保険医療保険および資産運用管理や各種銀行業務などを、ヨーロッパアジアアメリカアフリカおよびオーストラリアの70カ国で行う、ヨーロッパ最大級の金融グループとなった。2006年11月現在、アジア太平洋地域においては、日本マレーシア大韓民国中華人民共和国など16カ国で各種金融事業を行っている。 2008年にドレスナー銀行をコメルツ銀行に売却。現在は30%の株式とアリアンツ保険のドレスナー銀行における独占販売権と投資信託の優先販売権を持つ。

傘下企業編集

 
事業展開している地域

現在、下記の7社を含む250社以上の傘下企業が営業している。

歴代CEO編集

  • 1991年-2003年 - Henning Schulte-Noelle
  • 2003年- - Michael Diekmann(ミヒャエル・ディークマン)

日本におけるアリアンツ編集

ヨーロッパの損害保険会社による日本法人第一号として、1990年東京都港区を本社に開業した法人向け専業のアリアンツ火災海上保険株式会社を中心に、資産運用を扱う系列会社であるピムコジャパンリミテッド(PIMCO Japan Ltd)、アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社(平成24年10月1日付けでRCMジャパン株式会社より商号変更)の日本法人や日本支店が営業している。

1994年にはアリアンツ傘下のアシスタンス会社、モンディアル・アシスタンス・グループ(現:アリアンツ・グローバルアシスタンス)の日本法人としてAS24株式会社が設立され、東京海上グループと合弁事業化したミレア・モンディアルを経て、2014年4月1日にアリアンツ・グローバルアシスタンス・ジャパンとなり、さらに2016年10月よりAWPジャパン株式会社に社名変更を行い、アシスタンスを中心としたテレマーケティング事業と、完全子会社のチケットガード少額短期保険による少額短期保険事業をしている。

2008年3月7日には日本における生命保険事業の免許も取得し、2008年4月より個人向け営業を行うアリアンツ生命保険株式会社が営業を開始した。しかし市場規模の縮小傾向などから2011年9月30日をもって新規契約の受付終了を発表[3]、2020年3月31日、アリアンツ生命保険が実施した第三者割当増資により発行する株式をイオングループの総合金融事業を担うイオンフィナンシャルサービスが引受、株式の60%を取得したことにより子会社化され[4][5][6]、同年5月1日にイオン・アリアンツ生命保険株式会社へ商号変更された[7][8]

スポーツスポンサー編集

グランプリサーキットコースサイドなどに加えて、メルセデスが提供しているセーフティカー、メディカルカーのスポンサーも務めている。以前はウィリアムズF1チームのスポンサーを務めていた。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g Allianz Group key indicators” (英語). Allianz. 2020年6月8日閲覧。
  2. ^ Allianz Is in Talks to Acquire Dresdner In $19.5 Billion Stock-and-Cash Deal” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル (2001年3月29日). 2016年12月31日閲覧。
  3. ^ アリアンツ生命日本撤退、変額年金の低迷響く 外資が苦戦”. 日本経済新聞 (2011年10月1日). 2016年12月31日閲覧。
  4. ^ “イオンフィナンシャルサービス株式会社による当社株式の取得完了および子会社化について” (PDF) (プレスリリース), アリアンツ生命保険株式会社, (2020年3月31日), https://life.allianz.co.jp/cms-parts/pdf/20200331_%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%BD%93%E7%A4%BE%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E3%81%AE%E5%8F%96%E5%BE%97%E5%AE%8C%E4%BA%86%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E5%AD%90%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E5%8C%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.pdf 2020年6月8日閲覧。 
  5. ^ “第三者割当増資引受によるアリアンツ生命保険株式会社の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオンフィナンシャルサービス株式会社, (2020年2月4日), http://www.aeonfinancial.co.jp/corp/news/data/news200204_Allianz.pdfaccessdate=2020-02-04 
  6. ^ イオン、生保参入 アリアンツ日本法人買収”. 時事通信(2020年2月4日作成). 2020年2月4日閲覧。
  7. ^ “社名(商号)変更に関する認可取得等のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), アリアンツ生命保険株式会社, (2020年4月30日), https://life.allianz.co.jp/cms-parts/pdf/F2-00352-0-20200430.pdf 2020年6月8日閲覧。 
  8. ^ “当社連結子会社の商号の変更及び定款の一部変更に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオンフィナンシャルサービス株式会社, (2020年3月31日), http://www.aeonfinancial.co.jp/corp/news/data/news200331.pdf 2020年6月8日閲覧。 

外部リンク編集