メインメニューを開く
本来の表記は「BILLIE IDLE®」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

BILLIE IDLE®(ビリーアイドル)は、日本の5人組音楽グループ。ユニットのコンセプトはNOT IDOL。テーマはネオ80's。プロデューサーはNIGO®︎。

BILLIE IDLE®
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
パンク・ロック
ニュー・ウェイヴ
テクノ・ポップ
オルタナティブ・ミュージック
活動期間 2015年 -
レーベル オツモレコード
共同作業者 NIGO®
KEVIN MARKS
公式サイト billieidle.com
メンバー ファーストサマーウイカ
ヒラノノゾミ
モモセモモ
アキラ
プー・ルイ
旧メンバー ヤスイユウヒ

概要編集

2015年1月、元BiSファーストサマーウイカとヒラノノゾミに、オーディションで合格したヤスイユウヒとモモセモモを加え結成。同年4月1日デビュー。2016年8月、体調不良の為しばらく活動を休止していたヤスイユウヒが勇退。新メンバーとしてモモセモモの実妹であるアキラが加入。2018年6月には、元BiSのプー・ルイが加入[1]

NIGO®渡辺淳之介WACK)が共同プロデュースを手掛けていたが、2018年3月21日リリースのシングル「P.S.R.I.P.」をもって終了。以降はNIGO®による単独プロデュースとなる[2]。 公式ファンクラブの名称は「IDLE FELLAS 」。

2019年1月6日にお披露目されたBULLY IDOLとの関連性は不明である[3][4]

2019年12月、グループとしてラストとなる全国ツアー「BILLIE IDLE TOUR LAST ORGY」を開催し、ツアーのフィナーレの同月28日のマイナビBLITZ赤坂での公演にて解散予定[5]。NIGO®は、解散する理由として、個人的には存続できずに悔しいしプー・ルイ加入を機にグループとしての活動規模も大きくなったものの、自分の中の期限だった活動開始後5年を越えても投資費用を回収できずに赤字だったことに会社として問題意識を持っていたためと話している[6]

メンバー編集

大阪府出身。アイドルグループBiSの元メンバー。
『ひと夏の経験』担当。
ウイカがヒラノとNIGO®、渡辺の4人でバンドみたいなわけわかんないユニットを作ってる夢を見て、「これは神の啓示だな」と思い、その話を3人にしたのがBILLIE IDLE®結成のきっかけ[7]。しかし、ウイカ自身がユニットが動き出して初めてヒラノがメンバーだということを知り驚いた旨を語っているインタビューもある為、真偽のほどは定かではない。
上京前、舞台役者時の名義「初夏(ウイカ)」は本名であり、「ファーストサマー」の由来でもある。
秋田県出身。アイドルグループ、BiSの元メンバー。
『ビジネスマイペース』担当。
ウイカと共にBiSが解散する当日までBILLIE IDLE®結成の事は黙っていて、ラストライブの最後に発表されるまでメンバーにも完全にオフレコだった。プー・ルイ(BiS)はヒラノの行く末を案じており「のんちゃん大丈夫?何か決まってるの?」と気に掛けていたが、ヒラノは「なんかオーディションとか開催してメンバーを集めようかな」と、のらりくらりしており、後に「サプライズです」と語っている[7]
「ハモり職人」として他メンバーとのハモりを主に担当している。
長野県出身。
『適当人間』担当。
第1期BiS最後のメンバーオーディションでコショージメグミ(現Maison book girl)と同時に合格していたが、移動車にはメンバーが6人しか乗れなかったという理由でやむなく落選。「BiSじゃない何かをやるときにまた声をかけよう」と心に秘めていた渡辺の薦めもあり、書類審査はパス、二次審査から合流し、満場一致で合格[7]。この経緯は当時渡辺と一部スタッフのみ知る事実であり、ウイカもヒラノもBILLIE IDLE®オーディション合格後に知らされたという。
メンバーのファーストサマーウイカやプー・ルイから「界隈一の歌唱力の持ち主」と賞賛されており折に触れて喧伝されているが、 本人は「売れるより気持ちよく歌えればいい」と言った「アーティスト気質」なところがある。
メンバーで唯一SMSをやっていない。
韓流アイドルやドラマが好き。オフになると韓国までライブを観に行ったり、ロケ地巡りなどをする。
グループ内で「美容部員」と呼ばれるぐらいコスメ好き。
潔癖症。
毎週週刊プロレスを購読するほどのプ女子(プロレス好き)。
長野県出身。
『みんなの親戚』担当(2016年10月22日、大阪でのインストアライブにて発表)。
2016年8月25日加入。モモセの実妹。
2016年4月29日の日比谷野音ライブ『ANARCHY TOUR FINAL "IDLE is DEAD!?"』に遊びに来ていた際、バックステージでNIGO®と出会う。ヤスイ勇退後、NIGO®はオーディション等をやらないで新メンバーを探したほうがいいと考えており、アキラが東京に出てくると言っていたことを思い出す。歌唱力もあり、また「グループの中に姉妹がいてもいいかも」という発想から加入が決定[8]
趣味はイラストを描くこと。たびたび自身のInstagramにアップしている。
埼玉県出身。
『I・D・O・L』担当。
2018年6月6日加入[1]
ファーストサマーウイカ、ヒラノノゾミらと共に旧BiSのメンバーとして2014年の解散まで活動。BISの創設メンバーおよびリーダーであった。2016年に新たなメンバーと共にBiS(第2期)を再始動し活動していたが、「今のBISにわたしは必要とされてないし、わたしのやりたかったBISはここには無い」とし、2018年3月4日をもって卒業。同年5月にBILLIE IDLE®加入を発表[9]
新生YouTuber研究会BYS(ビス)としても活動しており、ウイカ、ヒラノの他、旧BiSの最終メンバーも動画に登場していたが、2019年春からは“プールイ のくらし”という個人チャンネルにおいて自身の日常生活の様子をゆるく紹介する動画を定期的にアップしている。尚、動画編集作業はほぼ一人で行なっている。使用編集ソフトはFinal Cut Pro.
2019年6月21日発売の「IDOL AND READ 19」内の単独インタビューでBIS時代に実現できなかった武道館ライブをBILLIE IDLE®︎として目指すことを、自身の目標としてあげている。

旧メンバー編集

富山県出身。
『人参』担当。
様々なアルバイトに就くも長く続かず対人恐怖症になり、約1年間ニートを経験。20歳を迎えるにあたり「なんて微妙な人生だろう」と思い、BILLIE IDLE®のオーディションで一念発起し、合格。BiSがツアーで金沢に訪れた際も普通にチェキ列に並んでいた程のBiSファンであり、横浜アリーナのラストライブにも参加している。当時の推しメンはウイカとヒラノ。
「ヤスイユウヒ」は自ら考案した芸名だが、オーディションの履歴書に記入して応募。これについてウイカは「家族の欄を見ると名字が違うから何か複雑な事情があるのかと思ったら「芸名です」とか言い出して(笑)」「芸能活動をやってたわけでもないニートが、なんで芸名作って応募してんだよっていうね(笑)」と語っている[7]
2016年7月より体調不良の為しばらく活動を休止していたが、同年8月25日に本人の意思により勇退。

来歴編集

2015年
  • 1月11日、渋谷clubasiaにてファンクラブ限定のお披露目ライブ『BILLIE IDLE LAUNCH SHOW』を開催[10]
  • 4月4日、ラフォーレミュージアム原宿にてデビューライブ 『IDLE GOSSIP SHOW (NOT IDOL, NOT KAWAII)』を開催。
  • 12月12日、『BILLIE IDLE® presents Brand-new Idle Society』と題し、元BiSのメンバーが在籍するLUI FRONTiC 赤羽JAPANMaison book girl、POP(現GANG PARADE)、テンテンコが集結。
2016年
  • 2月20日 - 3月6日、元BiSのメンバーによる全国ツアー『Brand-new Idle Society presents ANARCHY TOUR』を決行。
  • 4月29日、日比谷野外大音楽堂にて『ANARCHY TOUR FINAL "IDLE is DEAD!?"』を開催。
  • 8月25日、体調不良の為しばらく活動を休止していたヤスイユウヒが勇退。新メンバーとしてモモセモモの実妹であるアキラが加入。
2018年
  • 3月21日に発売されたシングル「P.S.R.I.P.」をもって、NIGO®と渡辺淳之介による共同プロデュースが終了。以降はNIGO®の単独プロデュースとなる[2]
  • 5月12日、代官山UNITで行われた東名阪ワンマンツアー『P.S.R.I.P. TOUR』の最終公演にプー・ルイが登場し、BILLIE IDLE®への加入を発表。終演後、6月6日にプー・ルイを迎えた新体制での初ワンマンライブ開催とアルバム「BILLIed IDLE 2.0」のリリースがアナウンスされた[9]
  • 6月6日、マイナビBLITZ赤坂にて新体制での初ワンマンライブ『WELCOME TO BILLIE IDLE』を開催。新体制初となる全国7都市でのツアー『BILLIed IDLE TOUR 2.0』の開催が発表された[1]
  • 7月4日、既発曲をメンバー全員で歌い直したベスト盤と、ファンクラブ限定で配布されたカバーアルバム「IDLE FELLAS」のアップデート盤となる「IDLE FELLAS 2.0」で構成された2枚組のアルバム「BILLIed IDLE 2.0」をリリース[11]
  • 11月7日、5人体制となって初のアルバム「NOT IDOL」をリリース。
2019年
  • 2月13日、ニューシングル「そして、また、、」をワンコイン盤としてリリース。2月18日付オリコン週間シングルランキングで8位を獲得。自身初となるトップテン入りを果たす。
  • 3月23日より全国6都市を回るワンマンツアー『「そして、また、、」ツアー』を開催。4月20日のマイナビBLITZ赤坂公演でツアーファイナルを迎えた。
  • 5月22日、ニューシングル「僕らまだちっぽけな頃の話」をリリース。6月3日付オリコン週間シングルランキングで3位を獲得。
  • 7月28日より自身最多15都市を周る『BILLIE IDLEツアー 僕らまだちっぽけな頃の話』を東京・マイナビBLITZ赤坂公演を皮切りにスタートさせた。
  • 10月16日、12月28日に解散することを発表。オフィシャルファンクラブ「IDLE FELLAS」の新規入会の受付を終了[12][13][14]
  • 10月23日、ニューシングル「LAST ORGY」を発売。ジャケットに描かれたロゴデザインは、Girls Don't Cryなどのプロジェクトを手掛けるグラフィックデザイナー、VERDYが手掛けている。
  • 12月1日の北海道・SPiCE公演を皮切りに、グループとして最後となる全国ツアー『BILLIE IDLE TOUR LAST ORGY』を開催予定。12月28日のマイナビBLITZ赤坂での最終公演をもって、4年11ヶ月にわたる活動に幕を下ろす[5][12]

作品編集

順位はオリコン・ウィークリーランキング最高順位[15]

シングル編集

# 発売日 タイトル 順位 備考
1 2015年3月1日 anarchy in the music scene - iTunes限定
2 2015年4月1日 be my boy - iTunes限定
3 2015年9月2日 be-bop tu-tu - iTunes / AWA限定
4 2016年10月5日 泣きそうサンデー - iTunes / AWA限定
5 2017年8月23日 MY WAY / サウンドオブミュージック 25位
6 2017年11月1日 さよならロマンティック / メモリーズ - 配信限定
7 2018年3月21日 P.S.R.I.P. / エンドロール 29位
8 2018年12月19日 バイバイ ロンリネス / シックスナイン - 7"シングルレコード、タワーレコード12店舗限定販売
9 2019年2月6日 そして、また、、 8位 ワンコインシングル
10 2019年5月22日 僕らまだちっぽけな頃の話 3位
11 2019年10月23日 LAST ORGY 9位

アルバム編集

# 発売日 タイトル 収録曲 順位
1 2015年4月1日 IDLE GOSSIP 118位
2 2015年9月16日 ROCK "N" ROLL IDLE 96位
3 2016年10月26日 bi bi bi bi bi 113位
4 2017年11月22日 LAST ALBUM 40位
5 2018年11月7日 NOT IDOL 12位

ミニ・アルバム編集

# 発売日 タイトル 収録曲 順位 備考
1 2016年4月6日 "4 in 1" THE OFFICIAL BOOTLEG 58位 メンバーのソロ楽曲を収録

ライブ・アルバム編集

# 発売日 タイトル 収録曲 順位 備考
1 2017年4月26日 LAUNCHING OUT 237位 2016年12月4日に代官山UNITで行われた『bi bi bi bi bi TOUR』ファイナルを収録

カバー・アルバム編集

# 発売年 タイトル 収録曲 備考
1 2015年 IDLE FELLAS 非売品・ファンクラブ会員限定配布

ベスト・アルバム編集

# 発売日 タイトル 収録曲 順位 備考
1 2017年4月26日 BILLIed IDLE 183位 アキラ加入後の再録バージョン
2 2018年7月4日 BILLIed IDLE 2.0 20位 プー・ルイ加入後の再録バージョン

主な出演編集

ウェブテレビ編集

  • IDLE HOUSE on OTSUMO TV(2016年5月25日[17] ‐ 10月25日[18]AbemaTV

MV編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c BILLIE IDLEに“大型新人”プー・ルイ加入!BLITZワンマンで夏の7都市ツアー開催を発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年6月7日). 2018年6月30日閲覧。
  2. ^ a b BILLIE IDLE、新シングルが最後のNIGO&渡辺淳之介プロデュース作に”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年2月22日). 2018年5月13日閲覧。
  3. ^ 謎のユニット・BULLY IDOL「そして、また、、(リミックス)」MV公開”. ナタリー. 2019年10月12日閲覧。
  4. ^ BiSHアイナ、アユニらが参加 BULLY IDOL“そして、また、、”PV公開”. cinra. 2019年9月3日閲覧。
  5. ^ a b ファーストサマーウイカ所属の「BILLIE IDLE」解散発表 12月にラストツアーを開催”. kai-you. 2019年10月16日閲覧。
  6. ^ BILLIE IDLEプロデューサー・NIGOが語るグループ解散の理由”. ナタリー. 2019年11月12日閲覧。
  7. ^ a b c d BILLIE IDLE「ROCK "N" ROLL IDLE」インタビュー|個性豊かな4人が紡ぐ“ゆるぎない”BILLIE IDLE”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年9月15日). 2016年9月13日閲覧。
  8. ^ NIGOインタビュー|BILLIE IDLEとHONEST BOYZ、2つの音楽プロジェクトが目指す世界”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月25日). 2016年9月17日閲覧。
  9. ^ a b BILLIE IDLEに元BiSプー・ルイ電撃加入!新体制で赤坂ワンマン決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年5月12日). 2018年5月12日閲覧。
  10. ^ BILLIE IDLE始動!ファンクラブ限定ライブで10曲乱舞”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年1月12日). 2016年5月12日閲覧。
  11. ^ BILLIE IDLE、プー・ルイ加入後初のアルバム「BILLIed IDLE 2.0」詳細明らかに”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年6月15日). 2018年6月30日閲覧。
  12. ^ a b BILLIE IDLE® 解散のお知らせ”. BILLIE IDLE®. 2019年10月16日閲覧。
  13. ^ ファンクラブIDLE FELLAS入会受付終了に付きまして”. BILLIE IDLE®. 2019年10月16日閲覧。
  14. ^ ファーストサマーウイカ所属、「BILLIE IDLE」年内で解散 12月にラスト公演”. スポニチ. 2019年10月16日閲覧。
  15. ^ BILLIE IDLEの作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年10月30日閲覧。
  16. ^ CD盤では全10曲の後、トラック69に「シックスナイン」がシークレットトラックとして収録されている。
  17. ^ “【新番組】IDLE HOUSE on OTSUMO TV スタート!” (日本語). BILLIE IDLE®. http://www.billieidle.com/posts/846298/ 2018年6月12日閲覧。 
  18. ^ OTSUMO TV#6 | 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV)”. AbemaTV. 2018年6月12日閲覧。
  19. ^ 神聖かまってちゃん、斎藤工&ヒラノノゾミ出演MVのフルバージョン期間限定公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年7月4日). 2016年7月4日閲覧。

外部リンク編集