メインメニューを開く

FOMA D800iDS(フォーマ・ディー はち まる まる アイ ディー エス)は、三菱電機によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

NTTドコモ FOMA D800iDS
キャリア NTTドコモ
製造 三菱電機
発売日 2007年2月9日
概要
音声通信方式 FOMA (W-CDMA)
(800MHz,2.0GHz)
形状 折りたたみ式
サイズ 106 × 49 × 21 mm
質量 122 g
連続通話時間 約170分(音声電話時)
約90分(テレビ電話時)
連続待受時間 約550時間(静止時)
約400時間(移動時)
外部メモリ 非対応
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
備考 タッチパネル液晶:2.2インチ
QVGA240×320ドット
約6万5千色TFT液晶
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
方式 LED
解像度 9×16ドット
サイズ -
表示色数 オレンジ1色
メインカメラ
画素数・方式 約130万画素CMOS
機能 -
サブカメラ
画素数・方式 約10万画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
ホワイト
ブラック
シルバー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

目次

概要編集

2005年9月28日に発表された、2画面ユニバーサルデザイン携帯電話試作機が原型である。試作モデルも三菱電機との共同開発で、3つしかボタンがない特徴、タッチパネルなどの特徴を既に備えていた。その年の10月、CEATEC JAPAN 2005に展示された。最大の特徴として、液晶を上下に2画面備え、下の画面はタッチパネルで操作する事が出来、文字入力もできる。また、2画面を使ったiアプリの利用も出来る。外部入力スイッチも接続可能。

2008年3月3日に三菱電機が携帯電話事業からの撤退を発表したため、この機種が三菱電機製の最後の折りたたみ式携帯になった[1]。なお、本機はグッドデザイン賞の2007年度ユニバーサルデザイン賞を受賞している。

主な対応サービス
DCMXおサイフケータイ うた・ホーダイ 着うたフル着うた デジタルオーディオプレーヤー
直感ゲームメガiアプリ[2] Music&Videoチャネルビデオクリップ 3Gローミング プッシュトーク
FOMAハイスピード GPSケータイお探し デコメール[3]デコメ絵文字 iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 電話帳お預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信
きせかえツールマチキャラ バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール

歴史編集

脚注編集

  1. ^ この機種以降に発売された三菱電機の携帯電話は、すべてスライド型かストレート型であり、折りたたみ型は1機種もなかった
  2. ^ 500kBまでのiアプリ対応。
  3. ^ タッチペンによる手書きメール作成は可能。

関連項目編集

外部リンク編集