メインメニューを開く

DBSクルーズフェリーとは韓国海運会社。日本境港舞鶴港、韓国の東海ロシアウラジオストクを結ぶフェリーを運行する。本社は韓国にある。

DBSクルーズフェリー株式会社
DBS CRUISE FERRY CO LTD
種類 株式会社
本店所在地 大韓民国の旗 韓国
ソウル特別市中区巡和洞5-2 順化ビル1303号
設立 2009年7月12日
業種 海運業
外部リンク http://www.dbsferry.com/
テンプレートを表示
DBSクルーズフェリー

概要編集

2009年より韓国の東海港を基点に、日本の境港舞鶴港と東海港の間に週一往復、ロシアのウラジオストク港ザルビノ港と東海港の間に週一往復のフェリーを運行させている。

また2011年より集荷のため関西の日本海側の玄関港となっている舞鶴港にも週1往復入港する。ただし貨物の積み下ろしだけであり旅客の利用はできない。

なお以前に福井県敦賀港へ航路を延長する構想があり、2011年半ばまでに試験的な運行を開始するとの報道があったが[1][2]、2011年4月16日に同年5月12日から15日にかけて試験運行を行い[3][4]、13日に敦賀港に入港したが[5]、その後2019年8月現在敦賀港への定期旅客船は運行されていない。

ドッグダイヤが冬季に設定されており、その間は運休する。なお、ウラジオストク港ウラジオストク自由港法により電子ビザで沿海地方に限られるが、8日までの入国がインターネットで可能である。

日韓関係の悪化に伴う旅客の激減により、2019年11月28日から翌年2月末まで休止し3月以降の運航再開も白紙としている[6]

船舶編集

  • イースタン・ドリーム(M.V. Eastern Dream)
2009年6月29日就航、元マリックスラインクイーンコーラル (2代)を購入、船首甲板のコンテナ搭載設備を撤去、船室を増設するなど改修の上、就航した。
13,000総トン、全長140m、全幅20m、航海速力20.15ノット、旅客定員500名、乗員30名、貨物積載量130TEU

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集