メインメニューを開く

歴史編集

1911年(明治44年)1月1日、活動弁士の窪寺喜之助により、熊本市の熊本城近く(現在のシャワー通り)で「電気館」として開館。熊本初の常設の映画館となった。当時は東京・浅草にあった浅草電気館の隆盛により、全国各地に「電気館」という名の映画館が開業していた[1]

1914年(大正3年)1月1日、新市街に近代建築として移転。松竹キネマ封切館で、当時の観客定員数は約900名だった。1928年(昭和3年)、建て替えにより、複数のテナントが入るようになった。1932年(昭和7年)の時点では、熊本市内の映画館は当館のほか、朝日館、世界館、東雲座の3館が存在していた[2]

1995年(平成7年)12月、現在入居するビルへの建て替えに伴い、3スクリーンに増設のうえ館名を現在の「Denkikan」に変更しリニューアルオープン。2003年、窪寺喜之助の曾孫に当たる4代目館主の窪寺洋一が、映画館関係者として初めて日本映画批評家大賞特別賞を受賞した。

当初はビルの2階がDenkikan、3階と5階が熊本松竹1・2だった[3]が、2009年(平成21年)8月1日より全スクリーン名がDenkikanに統一された[4]。これ以降松竹の邦画・洋画上映は少なくなり、アート系作品を数多く上映するミニシアターとしての色合いが濃くなっている。

データ編集

  • 所在地:熊本市中央区新市街8-2
  • 座席数
    • スクリーン1(2階):96席
    • スクリーン2(3階):140席
    • スクリーン3(5階):140席

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Denkikan | 歴史 Denkikan公式ウェブサイト、2015年1月29日閲覧。
  2. ^ 昭和7年の熊本県の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2013年10月1日閲覧。
  3. ^ 新市街の映画館をリニューアルオープン 三和文化企業(株)貸ホールとしても活用”. 経済ニュース. くまもと経済 (2006年3月14日). 2013年10月1日閲覧。
  4. ^ 熊本松竹、Denkikanに8/1館名変更”. 特定非営利活動法人 山都町よい映画を観る会 (2009年7月24日). 2015年1月29日閲覧。

外部リンク編集