E-Hentai(イーヘンタイ)は、ヘンタイ(日本の漫画ポルノグラフィ)を扱った画像ホスティング、ファイル共有ウェブサイト。このサイトは、アニメ漫画コンピュータゲームから発生、または派生したファンアートスキャンレーションされた漫画や同人誌、コスプレ写真などからなるユーザー生成のポルノコンテンツ画像をホスティングしている。2010年に、姉妹サイト「Exhentai」(通称Sad Panda)がE-Hentaiから分離独立した。

E-Hentai
E-Hentai Logo.png
言語 英語
タイプ 画像ホスティング、ファイル共有
運営者 Tenboro
開始 1999年7月1日(21年前) (1999-07-01

歴史編集

E-Hentaiは、1999年7月1日Yahoo!グループで公開された。グループは2001年.netドメインに移行し、その後ドメインが失効したことで、2005年に現在の.orgドメインに移行した。

2019年6月13日までに、E-Hentaiはデジタルミレニアム著作権法に違反するサイトを非表示にするという方針に従って、Googleの検索結果から削除された[1]

2019年7月26日、E-HentaiとExhentaiは、当時サイトのサーバーが置かれていたオランダにおける「最近の法改正」に対応して、これらのサイトが閉鎖されると発表した。『ヴァイス』は、閉鎖は2019年6月に欧州連合によって採択されたデジタル単一市場における著作権に関する指令への反応であったと推測した[2]。Exhentaiの閉鎖については24時間前に通知され、画像掲示板4chanのユーザーは、7月27日にサイトが閉鎖される前にサイト全体をアーカイブしようとした[2]。2019年8月2日、サーバーがモルドバに移転した後、Exhentaiが再開した[3]

運営編集

規約上、サイトにアップロード可能なファイルはパブリックドメインまたは自分自身が著作権を有するものに限られており、著作権法に違反するファイルの投稿は禁止されている。しかし、E-HentaiとExhentaiに投稿された作品は、通常、海賊版であり、元の制作者の同意や認知なしにアップロードされている[4]。このサイトは、Tenboroというハンドルネームを使用する匿名のモデレーターによって所有および運営されており[2]広告収入寄付の組み合わせを通じて資金が提供されている。 2009年、E-Hentaiは年間ホスティングコストを46,000ドルと見積もっており、寄付は運営費用の「半分未満」をカバーしている。2019年、Tenboroは腱の悪化によって、ウェブサイトのメンテナンスを実行する能力が制限されており、後継の運営者を任命したり、ウェブサイトを永続的なアーカイブとして保存するなどの将来の選択肢を検討していると述べた[2]

影響編集

E-HentaiとExhentaiは、10万を超える画像ギャラリーを含む、ヘンタイ漫画の最大のデータベースの一つとなっている[5]。このサイトでは、中国語英語フランス語ドイツ語韓国語ポルトガル語ロシア語スペイン語タイ語を含む複数の言語で、日本のオリジナルのヘンタイ漫画とスキャンレーションの両方をホスティングしている[4]アレクサ・インターネットによると、E-Hentaiはピーク時に、インターネット上で264番目に人気のあるウェブサイトとなった[6]。アウトレットは、E-Hentaiがアートワークの事実上のアーカイブとして機能しており、他の物理的またはデジタルのプラットフォームでは稀あるいは存在しないものであることを指摘している。このサイトでは、コミックマーケットの独占作品(同人)や絶版のアートブックなど、ポルノグラフィと非ポルノグラフィの両方のコンテンツをホスティングしており、『ヴァイス』はサイトを「ヘンタイのアレクサンドリア図書館」と呼んでいる[2][6]。『デイリー・ドット』は、E-Hentaiを「古いインターネットの遺物」と表現し、現代のソーシャルメディアよりも旧態依然とした、デジタルコンテンツのニッチなポータルの例として引用した[6]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ Google eliminará páginas de anime pirata”. El Universal (2019年6月13日). 2020年8月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e 'Dear Fucking God:' The 'Alexandria Library' of Hentai Has Suddenly Vanished”. Motherboard. Vice (2019年7月26日). 2020年6月19日閲覧。
  3. ^ 娘子出嚟睇耶穌呀! 「傷心熊貓」Exhentai關站7日後原地復活”. HK01 (2019年8月3日). 2020年6月21日閲覧。
  4. ^ a b Noppe, Nele (2014). The cultural economy of fanwork in Japan: dōjinshi exchange as a hybrid economy of open source cultural goods (PhD thesis). University of Leuven.
  5. ^ Kaartinen, Sami Johannes (2017). Where, How and Why? Fan Translations Unraveled: A Study of the Fan Translation Process Through Personal Experience (PDF) (Master's thesis). University of Vaasa.
  6. ^ a b c Fans are mourning the shutdown of hentai repository ‘Sad Panda’”. The Daily Dot (2019年7月27日). 2020年6月19日閲覧。