メインメニューを開く

Fairy gone フェアリーゴーン』は、P.A.WORKS制作、鈴木健一監督による日本テレビアニメTOKYO MXほかにて、第1クールが2019年4月から放送中[1]。第2クールは同年10月より放送予定[2]

Fairy gone フェアリーゴーン
ジャンル アクションファンタジー
アニメ
原作 Five fairy scholars
監督 鈴木健一
シリーズ構成 十文字青
脚本 十文字青
キャラクターデザイン 中田春彌(原案)
清水貴子
音楽 (K)NoW_NAME
アニメーション制作 P.A.WORKS
製作 フェアリーゴーン製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 第1クール:2019年4月 -
第2クール:2019年10月 -
漫画
原作・原案など Five fairy scholars
作画 不二涼介
出版社 講談社
掲載誌 別冊少年マガジン
発表号 2019年5月号 -
発表期間 2019年4月9日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

憑依した生物に特殊な力を与える「妖精」の軍事利用により戦争が終結した世界を舞台に、妖精の力を行使することのできる人間「妖精兵」たちの戦いを取り扱ったオリジナルアニメである[3]

目次

あらすじ

イースタルド全土を巻き込んだ統一戦争が終結してから9年後の世界。異形の姿をした「妖精」を操り、戦場で猛威を振るった「妖精兵」と呼ばれる兵士たちは戦後の時代でその存在価値を失くし、テロリストやマフィアなど裏の世界の住人として生きる者も少なくながら存在していた。

統一戦争で故郷を焼き払われた過去をもつマーリヤ・ノエルは、違法オークションで幼馴染で行方不明となっていたヴェロニカ・ソーンと再会する。オークションで取引されていた妖精に取り付かれて妖精兵となったマーリヤは、故郷を奪った仇を追う暗殺者となっていたヴェロニカを止めるため、違法妖精取締機関「ドロテア」のフリー・アンダーバーの提案で彼の下で働くこととなる。

登場人物

主要人物

マーリヤ・ノエル
声 - 市ノ瀬加那[3]
妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する違法妖精取締機関「ドロテア」に配属されたばかりの新入隊員。
所有する妖精は、「アッシュクラッド」
フリー・アンダーバー
声 - 前野智昭[3]
「ドロテア」第一部隊隊長代理。
所有する妖精は、「レッドフッド」
ヴェロニカ・ソーン
声 - 福原綾香[3]
マーリヤと同郷の暗殺者。
所有する妖精は、「ブラッドドーター」
ウルフラン・ロウ
声 - 細谷佳正[3]
フリーの元同僚のテロリスト。
所有する妖精は、「フィッチャー」

ドロテア

クラーラ・キセナリア
声 - 諏訪彩花[4]
「ドロテア」第一部隊隊員。
所有する妖精は、「トメリーズ」
セルジュ・トーヴァ
声 - 中島ヨシキ[4]
「ドロテア」第一部隊隊員。
所有する妖精は、「ブリンツテイル」
ネイン・アウラー
声 - 園崎未恵[4]
「ドロテア」局長 兼 第一部隊隊長。
所有する妖精は、「モルズニーク」
リリー・ハイネマン
声 - 種﨑敦美[4]
「ドロテア」第三部隊隊長。
ロバート・チェイス
声 - 沖野晃司[4]
オズ・メア
声 - 間宮康弘[4]
所有する妖精は、「エアレー」

妖精学者

ダミアン・カルメ
声 - 子安武人[4]
カイン・ディスタロル
声 - 麦人[4]

マフィア

アクセル・ラブー
声 - 川田紳司[4]
所有する妖精は、「ピリーウィギン」
“スウィーティー”ビター・スウィート
声 - 寿美菜子[4]
所有する妖精は、「スクライカー」

統一ゼスキア

マルコ・ベルウッド
声 - 大塚芳忠[4]
グリフ・マーサー
声 - 津田健次郎[4]
レイ・ドーン
声 - 津田英三[4]
所有する妖精は、「スローンテイカー」

その他

エレノア・ニード
声 - 小松未可子[4]
パトリシア・パール
声 - 井口裕香[4]
ジョナサン・パスピエール
声 - 興津和幸[4]
ビーヴィー・リスカー
声 - 江川央生[4]
ソフィー
声 - 伊藤静[4]
シュヴァルツ・ディーゼ
声 - 土師孝也[4]
ジェット・グレイヴ
声 - 東地宏樹[4]
ユアン・ブリーズ
声 - 乃村健次[4]
所有する妖精は、「ノルカ」

スタッフ

  • 原作 - Five fairy scholars[3]
  • 監督 - 鈴木健一[3]
  • シリーズ構成・脚本 - 十文字青[3]
  • キャラクター原案・妖精原案 - 中田春彌[3]
  • キャラクターデザイン - 清水貴子[3]
  • プロップデザイン - 宮岡真弓、村松尚雄
  • 美術監督 - 東潤一[4]
  • 美術設定 - 曽野由大、宮岡真弓、橋口コウジ、小木斉之
  • 色彩設計 - 中野尚美[4]
  • 撮影監督 - 江間常高[4]
  • 3Dディレクター - 宍戸光太郎、市川元成[4]
  • 編集 - 廣瀬清志[4]
  • 音響監督 - 明田川仁[4]
  • 音響効果 - 上野励[4]
  • 音楽プロデュース - (K)NoW_NAME[3]
  • 音楽 - (K)NoW_NAME:Shuhei Mutsuki、(K)NoW_NAME:Makoto Miyazaki
  • 音楽プロデューサー - 礒部慧利
  • プロデューサー - 黒木健、前田俊博大和田智之、渡瀬昌太、長谷川嘉範、林俊安
  • ラインプロデューサー - 山本輝
  • アニメーション制作 - P.A.WORKS[3]
  • 製作 - フェアリーゴーン製作委員会

主題歌

オープニングテーマ「KNOCK on the CORE」[3]
作詞 - (K)NoW_NAME:AIJ / 作曲・編曲 - (K)NoW_NAME:Makoto Miyazaki / 歌 - (K)NoW_NAME:Ayaka Tachibana&AIJ
エンディングテーマ「Ash-like Snow」[4]
作詞 - (K)NoW_NAME:eNu / 作曲・編曲 - (K)NoW_NAME:Makoto Miyazaki / 歌 - (K)NoW_NAME:NIKIIE
挿入歌
「Rodeo」(第1話)
作詞・歌 - (K)NoW_NAME:AIJ / 作曲・編曲 - (K)NoW_NAME:Shuhei Mutsuki
「Backtrack」(第2話)
作詞・歌 - (K)NoW_NAME:AIJ / 作曲・編曲 - (K)NoW_NAME:R・O・N
「Danse Dance」(第4話)
作詞 - (K)NoW_NAME:AIJ / 作曲・編曲 - (K)NoW_NAME:Shuhei Mutsuki / 歌 - (K)NoW_NAME:NIKIIE
「Forest Gleam」(第5話)
作詞 - (K)NoW_NAME:Kohei by SIMONSAYZ / 作曲・編曲 - (K)NoW_NAME:Shuhei Mutsuki / 歌 - (K)NoW_NAME:NIKIIE

各話リスト

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
第1話灰かぶりの少女
  • 上野壮大
  • 阿部ゆり子
  • 川面恒介
  • 小島明日香
  • 秋山有希
  • 宮崎司
  • 井上裕亮
  • 山方春香
  • 水野紗世
  • 杉光登
第2話狼の首輪と白鳥の羽 菅沼芙実彦藤井康雄
  • 山方春香
  • 小島明日香
  • 井上裕亮
  • 福井麻記
第3話欲ばりキツネと嘘つきカラス 十文字青
  • 西田正義
  • 鈴木健一
松林唯人
  • 秋山有希
  • 小笠原憂
  • 佐藤このみ
  • 阿部美佐緒
  • 河野直人
  • 井上裕亮
  • 山方春香
  • 小島明日香
第4話せっかち家政婦とわがまま芸術家 本間修
第5話黒い月と迷い子の唄
  • 藤井康雄
  • 阿部ゆり子
  • 阿部ゆり子
  • 吉川志我津
  • 秋山有希
  • 井上裕亮
  • 小島明日香
  • 福井麻記
  • 水野紗世
  • 宮崎司
  • 山方春香
  • 森島範子
  • 阿部美佐緒
  • 小笠原憂
第6話旅の道連れ 福田道生上野壮大
  • 秋山有希
  • 小島明日香
  • 井上裕亮
  • 山方春香
  • 福井麻記
  • 小笠原憂
第7話がんこな鍛冶屋と偏屈ウサギ 高村彰
  • 野田友美
  • 秋山有希
  • 山方春香
  • 小笠原憂
  • 井上裕亮
  • 小島明日香
  • 福井麻記

放送局

日本国内 テレビ / 第1クール 放送期間および放送時間[5]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [6] 備考
2019年4月8日 - 月曜 0:00 - 0:30(日曜深夜) TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 製作参加 / BS放送 / 『ANIME+』枠
AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / リピート放送あり
2019年4月10日 - 水曜 2:30 - 3:00(火曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 製作参加 / 『アニメ特区』第1部
日本国内 インターネット / 第1クール 放送期間および放送時間[5]
配信期間 配信時間 配信サイト
2019年4月8日 - 月曜 0:00 更新
2019年4月10日 - 水曜 22:30 - 23:00 AbemaTV
水曜 23:30 - 木曜 0:00 ニコニコ生放送
2019年4月11日 - 木曜 0:00 更新

BD / DVD

発売日[7] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2019年7月17日予定 第1話 - 第3話 TBR-29111D TDV-29119D
2 2019年8月21日予定 第4話 - 第6話 TBR-29112D TDV-29120D
3 2019年9月18日予定 第7話 - 第9話 TBR-29113D TDV-29121D
4 2019年10月16日予定 第10話 - 第12話 TBR-29114D TDV-29122D
5 2019年12月18日予定 第13話 - 第15話 TBR-29115D TDV-29123D
6 2020年1月22日予定 第16話 - 第18話 TBR-29116D TDV-29124D
7 2020年2月19日予定 第19話 - 第21話 TBR-29117D TDV-29125D
8 2020年3月18日予定 第22話 - 第24話 TBR-29118D TDV-29126D

Webラジオ

音泉にてWebラジオ『TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」違法妖精取締ラジオ』が、2019年4月5日より隔週金曜日に配信中[8]。パーソナリティはマーリヤ・ノエル役の市ノ瀬加那

インターネット動画

YoutubeのTOHO animetionチャンネルでは、キャラクターをいらすとや調にしたゆるめの設定解説動画として「ふぇありーんごー」が公開されている。いらすとやとのコラボ企画でもあり、イラストレーターみふねたかしが自らキャラクターデザインを手がけている。ナレーションを大塚芳忠が担当する。

漫画

別冊少年マガジン』(講談社)にて、2019年5月号より連載中。作画は不二涼介[1]

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b “『Fairy gone フェアリーゴーン』4月7日よりTOKYO MXほかで放送決定! コミカライズも決定、別冊少年マガジンにて連載スタート”. アニメイトタイムズ. (2019年3月9日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1552095781 2019年3月11日閲覧。 
  2. ^ “『Fairy gone フェアリーゴーン』第2クールは10月より放送スタート! 市ノ瀬加那さん・前野智昭さんら登壇のプレミアム上映イベントが9月29日開催決定”. アニメイトタイムズ. (2019年5月18日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1558176261 2019年5月18日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m “鈴木健一監督×十文字青脚本のP.A.WORKS新作アニメ「フェアリーゴーン」4月から”. コミックナタリー. (2019年1月24日). https://natalie.mu/comic/news/317271 2019年3月11日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac “P.A.WORKS「Fairy gone フェアリーゴーン」“妖精”動くPVも!最新キービジュアル公開”. コミックナタリー. (2019年3月13日). https://animeanime.jp/article/2019/03/13/44019.html 2019年3月13日閲覧。 
  5. ^ a b On Air”. TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」公式サイト. 2019年3月25日閲覧。
  6. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  7. ^ Blu-ray & DVD”. TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」公式サイト. 2019年4月15日閲覧。
  8. ^ WEBラジオ【TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」違法妖精取締ラジオ】が4月5日(金)より配信スタート!!”. TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」公式サイト. 2019年3月24日閲覧。

外部リンク

映像外部リンク
  『Fairy gone フェアリーゴーン』ティザーPV - YouTubeTOHO animationが2019年1月24日にアップロード)
BS11 ANIME+ 月曜 0:00 - 0:30(日曜深夜) 枠
前番組 番組名 次番組
Fairy gone フェアリーゴーン(第1クール)
-
AT-X 月曜 0:00 - 0:30(日曜深夜) 枠
Fairy gone フェアリーゴーン(第1クール)
-
毎日放送 アニメ特区 第1部
Fairy gone フェアリーゴーン(第1クール)
-