メインメニューを開く

From AQUA(フロム アクア)は、JR東日本ウォータービジネスが製造・販売する軟水ナチュラルミネラルウォーター

1984年11月に日本国有鉄道国鉄)から『谷川連峰の源水 大清水』として発売され、長らく『大清水』の名称で販売されていたが、2007年7月より現在の名称となる。主に東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅構内にある自動販売機acure・KIOSK・コンビニエンスストアNewDaysなどで販売されている。

目次

概要編集

 
パッケージデザインのモチーフとなった谷川岳 一の倉沢

水源は上越新幹線大清水トンネル内、谷川岳の地下約1,000mの地点にある。谷川連峰に降り積もる雨や雪が、ホルンフェルス蛇紋岩花崗岩緑色凝灰岩結晶片岩などの地層を通ることで濾過されることにより、 硬度20、pH7.3のまろやかな軟水が誕生する。『From AQUA』のすべてのパッケージデザインは、『大清水』発売当初と同じく谷川岳 一の倉沢をモチーフにしてデザインされている。

『From AQUA』は1971年に着工した上越新幹線上毛高原駅 - 越後湯沢駅間の、大清水トンネル掘削工事中に湧出した地下水を原水としている。1978年8月、掘削中に湧水帯に遭遇し毎分33トンの大規模な出水が発生。のちにここが『大清水』(現・『From AQUA』)の採水地となる。トンネル完成後、地下水は線路の融雪用スプリンクラーで使用されていたが、機械整備の作業員の間でこの地下水はおいしいと評判となっていた。それを聞きつけた日本国有鉄道(国鉄)高崎鉄道管理局工事課主席の瀬間勝利が飲料水の缶詰として販売することを提案し、1983年に高崎鉄道管理局企画室内に「水プロジェクトチーム」が発足。1984年11月15日に『谷川連峰の源水 大清水』として発売。当時はミネラルウォーターが日本でも普及しはじめていたこともあり、関東地方で試験販売したところ好評を博した。1985年7月には大清水トンネルから上毛高原駅高架下まで専用送水管が敷設され、現在の採水基地が整備された[1]。なお採水地のトンネルの名称は『大清水(だいしみず)トンネル』であるが、この商品の名前は『大清水(おおしみず)』である。これは「おいしい水」をもじったもので、また読みに濁点がついていないので、水が「濁っていない」という意味もかけられている[2][3]

1987年4月、国鉄分割民営化にともない『大清水』はJR東日本に移管され、さらに同社高崎支社エリアの関連会社であるジェイアール高崎商事に移管され、大清水の販売を再開。このほかに同じ原水を使用した、茶飲料・コーヒー飲料・ジュース・健康飲料・氷・豆腐・地ビールなども販売された[3][4]

その後JR東日本グループの飲料事業再編のため、2006年に『大清水』の販売をいったん終了し、ジェイアール高崎商事からJR東日本ウォータービジネスへ移管。そして2007年7月に「水からはじまる一日」というコンセプトのもと『From AQUA』としてリニューアル発売。他社のミネラルウォーターと競合が激しくなってきたことから、2012年3月には「持ち歩きたくなる水」をコンセプトに、開栓時にキャップをボトルにくっつけたまま飲める「落ちないキャップ」を使用し、新しいデザインにリニューアルされた。

基本情報編集

出典:[5][6]

歴史編集

  • 1971年(昭和46年) - 上越新幹線大清水トンネル着工。
  • 1972年(昭和46年) - 大清水トンネルの掘削工事開始[8]
  • 1978年(昭和53年)8月 - トンネル掘削中に湧水帯に遭遇、現在の採水地が誕生。
  • 1982年(昭和57年)11月15日 - トンネル開通。
  • 1983年(昭和58年) - 日本国有鉄道(国鉄)高崎鉄道管理局企画室内に「水プロジェクトチーム」が発足[9]
  • 1984年(昭和59年)11月15日 - 『谷川連峰の源水 大清水』として発売[10]
  • 1987年(昭和62年)4月 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)が発足し、国鉄から『大清水』の製造・販売を継承。
  • 1989年(平成元年) - 『大清水』の製造・販売をジェイアール高崎商事が継承。原水を外部企業に販売。[8]
  • 2006年平成18年) - 『大清水』販売終了[9]
  • 2006年(平成18年)8月1日 - JR東日本ウォータービジネスを設立。ジェイアール高崎商事から『大清水』の製造・販売を譲受。
  • 2007年(平成19年)7月17日 - 『大清水』を『From AQUA』にリニューアル[11]
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 『From AQUA』と同じ地下水を使った、『谷川連峰のうるおい天然水』(ペットボトル2リットル、バッグインボックス〈ウォーターサーバー用〉10リットル)を通信販売限定で発売[12]
  • 2009年(平成21年)3月20日 - セレクトショップShinzoneとのコラボレーションデザインの『「FromAQUA」Shinzoneモデル』(280ミリリットル ペットボトル)を発売[13]
  • 2012年(平成24年)3月6日 - 小型ペットボトルのキャップを「落ちないキャップ」にリニューアル[14]
  • 2013年(平成25年)9月2日 - From AQUAと同じ地下水を使った『朝の茶事弁当』を発売[15]
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 『谷川連峰のうるおい天然水』を、『FROM AQUA 谷川連峰のうるおい天然水』にリニューアル[16]
  • 2014年(平成26年)10月14日 - 発売30周年を記念し、『谷川連峰の源水 大清水』復刻デザイン(ペットボトル 280ミリリットル)を発売[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 尾崎満治「「大清水」送水管敷設工事」『交通技術 1985年10月』、財団法人交通協力会、ISSN 0288-2140
  2. ^ 「From AQUA 30年物語マンガ(開発ストーリー) 第1話 トンネル工事編」 天然水 From AQUA 30年物語 | 商品紹介 | エキナカ自販機 acure〈アキュア〉
  3. ^ a b JRの「大清水」、大手メーカーとの競争に苦戦 - ウェイバックマシン(2002年10月10日アーカイブ分)」『asahi.com』、朝日新聞社、2002年10月
  4. ^ 2015年現在は、伊藤園と共同開発した専売品の緑茶飲料『朝の茶事』で同じ原水が使用されている。
  5. ^ ““落ちないキャップ”「フロムアクア」は「大清水」誕生から31年目に大リニューアルします!!” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2015年3月10日), http://www.jre-water.com/20150310FromAQUA.pdf 
  6. ^ 天然水 From AQUAが届くまで | 商品紹介 | エキナカ自販機 acure〈アキュア〉
  7. ^ “あの“落ちないキャップ”が受験生をサポート! 谷川連峰の天然水「FROM AQUA」受験生応援企画センター試験当日サンプリング実施のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2015年1月8日), http://www.jre-water.com/20150108aquasampring.pdf 
  8. ^ a b ““フロムアクア30年物語”プロジェクトの実施について” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2014年6月23日), http://www.jre-water.com/20140623FROMAQUA30th.pdf 
  9. ^ a b “「FromAQUA〜谷川連峰の天然水〜」がちょっぴり新しくなります” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2009年6月25日), http://www.jre-water.com/pdf/090626_aqua.pdf 
  10. ^ a b “『谷川連峰の源水 大清水』落ちないキャップで限定復刻!!” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2014年10月14日), http://www.jre-water.com/20141014fromaquafukkoku%20.pdf 
  11. ^ “「From AQUA(フロムアクア)」新発売について” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2007年7月3日), http://www.jre-water.com/pdf/aqua.pdf 
  12. ^ “「谷川連峰のうるおい天然水」-カラダにやさしい弱アルカリ性天然水-” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2008年3月31日), http://www.jre-water.com/pdf/tennensui.pdf 
  13. ^ “「FromAQUA」Shinzoneモデル誕生!” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2009年3月17日), http://www.jre-water.com/pdf/090320_shinzone_model.pdf 
  14. ^ ““落ちないキャップ”の「フロムアクア」3月6日(火)登場” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2012年3月5日), http://www.jre-water.com/20120305FROMAQUANEW.pdf 
  15. ^ “谷川連峰の天然水で炊いたご飯を使用した 『朝の茶事弁当』を販売します!” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス・株式会社日本レストランエンタプライズ・株式会社大船軒, (2013年8月30日), http://www.jre-water.com/130830asanotyajibentou.pdf 
  16. ^ “「FROM AQUA」2リットルの販売開始” (PDF) (プレスリリース), 株式会社JR東日本ウォータービジネス, (2014年3月20日), http://www.jre-water.com/20140320frmaqua2l.pdf 

外部リンク編集